« 2016年4月21日 | トップページ | 2016年4月23日 »

2016年4月22日の2件の投稿

2016年4月22日 (金)

2016年4月22日付け小説朝日新聞社説『避難所の生活 住民自治で改善を』を読んでの感想/ストレス源は多い

2016年4月22日付け小説朝日新聞社説『避難所の生活 住民自治で改善を』を読んでの感想。

以下感想。
>起こりうる展開を先取りして長期化に備えたい。

 長期化しない、させない努力も必要だ。

 
>ストレスがたまり、被災者同士のトラブルも起きやすくなる。 

 マスコミがストレスを与えている。
 
 2016/4/18 20:15J-CAST『報道ヘリは叩き落として良いって法律作ろう?」 被災地取材への批判とドローン活用への期待度』。
 これは、騒音問題。

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1461228117/
より。

1.被災者を無視して列に横入りしてガソリンを補給した関西テレビ。
http://i0.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/04/kumamoto_masukomi-1.jpg

2.炊き出しを配っていた現場ではマスコミの車が多すぎて邪魔になっていた。
http://i0.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/04/kumamoto_masukomi-1.png

3.物資を運搬している最中、群がってスペースを専有するマスゴミ。
http://i1.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/04/kumamoto_masukomi-3.png

4.ヘリの音がうるさくて重要な情報を伝える町内放送が聞こえない。
http://i0.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/04/kumamoto_masukomi-4.png

5.深夜遅くに異常に明るいライトを照らして睡眠の妨害をする日テレ。
http://i1.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/04/kumamoto_masukomi-3.jpg
http://i0.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/04/kumamoto_masukomi-4.jpg

6.報道陣は被災者のことなどどうでもいいという態度。
http://i2.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/04/kumamoto_masukomi-2.png

 他にも報道の為に雨宿りしている子供を押しのけたとか、記者に殴りかかったとか.....。
 私には真偽を確認できないが、ネット上には、マスコミがストレス源の一つと思える発信が後を絶たない。


>こうした問題で過去の例が教える最善策は、被災者自らが結束し立ち上がることだ。 

 その通り。
 マスコミによるストレスは、被災者自らが結束し立ち上がるのが一番だ。


>輪番を組んで役割を決め、会合を重ねることで一体感も生まれる。

 他府県のボランティアなどに任せず、積極的に被災者自身も輪番に加わることが本来望ましい。


>現地ではボランティアの受け入れ態勢も整いつつある。

 ボランティア団体には、疑問を感じる行動を取る団体も含まれる。
 2016/4/21 17:06J-CAST『熊本地震、真っ先に被災地入りのボランティア団体 「活動控えて」呼びかけ無視の行動に物議』
http://www.j-cast.com/2016/04/21264817.html?p=all
によれば、一見震災と無関係な「個人口座名」を寄付金振込先としてフェイスブックページに掲載とか医師の処方が必要な薬を募集した形跡とか.....。

 義援金・寄付は、日赤に限る。ピンハネ(手数料など)、ゼロとされている。
 中には、熊本地震の看板を掲げて、別目的も含まれていた場合もある。
 zakzak『共産党・候補予定者のつぶやき炎上 「被災者支援の募金」名目で政治資金集め』(http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160419/plt1604191151002-n1.htm)
 
 義援金・寄付には、注意が必要だ。

※夜追記
 2016.4.22 16:11 産経新聞『生放送中に「見せ物でない」と怒号、TBSが中継を断念 「報道各社は迷惑かけ過ぎ」とネットで非難の声』(http://www.sankei.com/entertainments/news/160422/ent1604220025-n1.html)
 マスコミがストレス源の記事。

 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月22日付け小説朝日新聞社説『三菱自動車 教訓はどこへ行った』を読んでの感想/公取から注意の押し紙は3割もある

2016年4月22日付け小説朝日新聞社説『三菱自動車 教訓はどこへ行った』を読んでの感想。

以下感想。
>不祥事のたびに企業体質の抜本的な改善を誓ってきたのは、いったい何だったのか。

 誤報のたびに企業体質の抜本的な改善を誓ってきたのは、いったい何だったのか。


>三菱自動車で、主力である軽自動車の燃費を実際よりよく見せようと、試験データを改ざんする不正が何年にもわたって行われていた。

 朝日新聞で、主力である新聞の発行部数を実際より多く見せようと、販売店に余分な新聞を買わせる「押し紙」が何年にもわたって行われていた。


>なぜデータをごまかす方向へと走り、それを見抜けなかったのか。一部門の独断だったのか、経営陣からの圧力はなかったのか。

 2016/4/21付日本経済新聞 朝刊『三菱自、燃費不正62万台』によれば、対象台数は62.5万台、1L当たりの燃費を1割程度水増し。2013年ころからのようだ。

 2016年04月11日(月)付け現在ビジネス『発行部数を「水増し」してきた朝日新聞、激震! 業界「最大のタブー」についに公取のメスが入った』(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48396)によれば、2006年ごろから押し紙を再開する方針に変更、現在の発行部数が670万部、うち200万部前後が読者のいない押し紙(約3割)。
 販売店には、『押し紙1部当たり1500円』制度もあったようだ。

 2016.04.07付けBusiness Journal『新聞業界崩壊の危機?詐欺的行為「押し紙」に国がメス!不当な方法で巨額の広告収入』(http://biz-journal.jp/2016/04/post_14592.html)より。『新聞社としては、発行部数を水増しすることで、広告収入を吊り上げることができる。』。

 新聞社は、広告料金を新聞の発行部数に準じて徴収している。
 朝日新聞は、このような不正な手法で利益を得ていたのだ。

 車の場合、実燃費は利用する側で考えれば、1割の差は、運転の仕方、環境(高速道か一般道か、気温、天気)で変わり、時にそれ以上の差になる。
 一方、発行部数は変わらない。
 

>提携先の日産自動車からの指摘で不正の端緒を得たのは昨年11月だった。それを確認するのに5カ月を要したことにも不信が募る。

 上記現在ビジネスによれば、朝日新聞の押し紙の再開(1980年代前半に押し紙を廃止)は、2006年から。つまり、10年だ。
 しかも、前々から疑惑はあった。


>立ち入り検査に踏み切った国土交通省は1週間で詳細に報告するよう求めたが、三菱自の経営陣はスピード感を忘れずに対応してほしい。

 上記現在ビジネスより。『朝日新聞社は公正取引委員会の指摘を踏まえ「すべての販売所に弊社の法令順守の姿勢を周知する」(広報部)としており、販売網との信頼関係回復はこれからと言える。』。
 こちらのスピード感は、どうなのだろうか?


>本来なら国や自治体に納められるはずの税収が得られなかったとすれば、国民全体への背信行為にも等しい。

 新聞の1部売り価格。
http://matome.naver.jp/odai/2131998300261933501
 読売・毎日130円、産経110円、日経160円。
 朝日150円。
 
 経済紙の日経を除いて、一般紙の中では朝日新聞は断トツに高い。
 その上で、水増し発行部数で不当な広告収入を得ていたとすれば、国民全体への背信行為にも等しい。


>三菱自以外の各社にも、改めて経営のチェックを求めたい。
 
 1989年と2014年には大規模な誤報が発覚。
 そして、独占禁止法違反の押し紙で公正取引委員会の「注意」を受けた朝日新聞。
 不正が相次ぐようでは、業界全体への信頼が失われかねない。朝日新聞以外の各社にも、改めて経営のチェックが必要であろう。

 発行部数と言えば、第三者機関の日本ABC協会(http://www.jabc.or.jp/)がある。
『合理的な広告活動を行うため、発行社の自称ではない、第三者が確認した信頼出来るデータであるABC部数をご利用ください。』
 公正取引委員会が朝日新聞に注意をした以上、日本ABC協会は信用できない団体になったと言わざるを得ない。

 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月21日 | トップページ | 2016年4月23日 »