« 2016年6月26日 | トップページ | 2016年7月10日 »

2016年7月9日の1件の投稿

2016年7月 9日 (土)

2016年7月9日付け小説朝日新聞社説『参院選 あす投票 有権者の「知る義務」』を読んでの感想

 2016年7月9日付け小説朝日新聞社説『参院選 あす投票 有権者の「知る義務」』を読んでの感想。

以下感想。
>この選挙は歴史の岐路になる可能性がある。それなのに、与野党の論戦はかみ合っているとは言えない。

 元々与党は、改憲を争点にしていない。故に噛み合わない。
 野合の4党とマスコミが争点に仕立て上げた。
 よって、その一部野党に議席が減れば、国民の声としては現行憲法にノーだ。
 明日の結果によるが、与党が優勢となれば、野合の4党は墓穴を掘ったことになる。
 
 そもそも、選挙演説は一方通行である。討論ではない。噛み合うわけもないのだ。


>よく言われる「知る権利」ではない。「義務」である。憲法学者の樋口陽一さんの言葉だ。

 シルバーお言葉主義ですか。 


>東日本大震災で、原発の安全神話にだまされていたことを知ったのをきっかけに、そう確信したという。
  
 全電源喪失となった場合を知ろうとしなかっただけとも言える。

 メルトダウン隠しに政府の指示はなかったのか?スピーディー情報隠しの理由は?直ちに健康への影響はないとは国民より自身の責任逃れ。
 こちらは、安全神話ではない。国会議員の意識だけの話で、知るべき権利潰しである。 


>なにしろ、安倍首相自身が語らない。連日の街頭演説では触れていない。  
 
 争点は、自由である。自由であるべきでもある。
 首相として、あるいは与党として、改憲を争点にする気がないから触れない。争点は、アベノミクスの考えだからである。
 野合4党と一部マスコミが、改憲を争点に仕立て上げただけである。


>むしろ国会で論じあう代表をえらぶ選挙でこそ、開かれた議論が欠かせない。

 演説は、議論ではない。一方通行だ。
 朝日新聞は、何を勘違いしているのだ。
  
 
>改めて思い起こそう。特定秘密保護法も、解釈改憲の末の安全保障関連法も、政権は直前の選挙であまり語らぬまま、多数を得た国会で押し切った。 

 公約・政策集に記載がある。
 演説は、誰もが聞けない。聞くことができるのは、極一部の「時間が取れる」限られた人だけだ。
 それでも演説優先とは、妙な発想をする朝日新聞。


>それを支持するのか、しないのか。あすの一票の確かな判断材料になる。

 報道しない自由。
 それで多くの国民が未だに騙されている。
 主張の為に、都合の悪いことは語らず。それが朝日新聞社説でもある。
 
 元々、憲法発足当時は、自衛の為の戦力すら違憲であった。そう発言した当時の吉田首相は、自ら合憲に解釈変更した。これが憲法の遍歴である。そして、同氏は憲法学者ではない。
 この時点で、既に憲法は壊れているのである。
 それを壊れていないと、何時までも国民を騙し続けたい野合4党と一部マスコミ。

 野合4党。共産党は自衛隊解散。民進党はその存在を認めている。野合の主張は、初めから壊れている。


 
●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。一方、中国は抜けられなかったので、外務次官の抗議が有効だったかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月26日 | トップページ | 2016年7月10日 »