« 2016年8月2日 | トップページ | 2016年8月4日 »

2016年8月3日の2件の投稿

2016年8月 3日 (水)

2016年8月03日付け小説朝日新聞社説『経済対策 「抜け道」頼みの危うさ』を読んでの感想。

 2016年8月03日付け小説朝日新聞社説『経済対策 「抜け道」頼みの危うさ』を読んでの感想。

以下感想。
>「アベノミクスのエンジンを最大にふかす」。安倍首相がこう語ってきた経済対策を、政府が閣議決定した。

 参議院選挙の公約でもある。公約は、実行するものだ。


>総事業規模は28兆円余り。政府系金融機関の融資枠などを除くと、予算と財政投融資で手当てするのが13・5兆円。その柱として、政府が秋の臨時国会に提出する補正予算は4兆円程度。そんな内容である。
 
 恣意的に分かり難い表現。
 28兆円は、複数年度の執行である。先ずはそれを明確にするべきであろう。
 補正予算の4兆円を除いた24兆円は、17年度の予算案や特別会計となる。


>一方で、疑問符がつくものも少なくない。代表例が「21世紀型のインフラ整備」としてあげられている事業だ。大型クルーズ船を受け入れるための港湾整備、農林水産物の輸出を増やすことをねらった加工施設の建設などが、予算を投じて進める事業として並ぶ。

 2016年7月13日付け朝日新聞社説『経済対策 また「金額ありき」か』より。
『海外からのクルーズ船受け入れのための港湾整備や農林水産物の輸出基地建設、』と表現。

 批判の理由は、『しかしなぜ当初予算ではなく、緊急時の対応が役割である補正予算なのか。』であるが、当初予算ならOKってことだ。


>これまでもたびたび「抜け道」に使われ、財政を悪化させる要因となってきた。
 
 民主党政権時代の東日本大震災の復興予算で、沖縄の道路を直す、反捕鯨団体対策費に使うなんてのもあった。更に、社民党の本部が入っていた社会文化会館で耐震診断費用の一部や解体費用の一部に使われた(この説明責任はどうなった?)。
 
 『財政を悪化させる要因』だから反対の考え方には疑問だ。
 流用や抜け道に使われない仕組みを求めるべきであろう。


>「抜け道」はほかにもある。財政投融資の大盤振る舞いだ。

 最初から『抜け道』のレッテル貼りには疑問だ。
 適正に使われれば、何の問題はないだろう。
 
 社説では『予算と財政投融資で手当てするのが13・5兆円。』と記して、財政投融資がいくらだか分からないような扱いをしている。
 8月2日付けNHK『28兆円余の経済対策決定 GDP1.3%押し上げ見込む』によれば、『地方の財政支出が7兆5000億円程度、財政投融資が6兆円程度で』である。
 
 『財政投融資の大盤振る舞い』の表現で、財政投融資=悪者の代名詞にしたいのだろう。
 財政投融資とは、低金利で国が特殊法人へ金を貸し出す制度だ。貸す以上は貸し倒れのリスクもあるが、返済が前提である。
 

>借金をつけ回しするだけの赤字国債の発行は避ける方針とはいえ、インフラはいったん造ると維持更新費が必要になることを忘れてはなるまい。

 その理由で、インフラを増やすなと言うなら、僅か数人しか住まない過疎地域へのインフラ維持も大変であることを忘れてはなるまい。
 先ずは、引っ越しを求めるべきだろう。


>しかし、「未来への負債」を残すことにならないか。政府にその危機感はあるのだろうか。
 
 負債の対語は資産である。使える資産となれば問題はない。
 負債と言う投資で、発展あるいは、何らかの満足が得られれば問題なし。

 負債無しで、家が買える人は日本に何人いるのだろうか?
 朝日新聞正規社員は、負債無しで買えるのか?

 
●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。一方、中国は抜けられなかったので、外務次官の抗議が有効だったかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月03日付け小説朝日新聞社説『防衛白書 意図を説明する責任』を読んでの感想

 2016年8月03日付け小説朝日新聞社説『防衛白書 意図を説明する責任』を読んでの感想。

以下感想。
>日本の防衛政策は何をめざし、どこに向かうのか、明確に発信すべきではなかったか。きのうの閣議で報告された16年版の防衛白書は、その意味で大きな課題を残している。

 「平成28年版 日本の防衛」防衛白書電子書籍版は、無料でダウンロード可能。
epub版
 http://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2016/wp2016epubDL.html

PDF版
http://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2016/pdf/index.html
の一番した。

 ダイジェスト版は、
http://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2016/pdf/28000003.pdf
の上の方。

 ダイジェスト版の概観より。
『こうした国際社会における安全保障上の課題や不安定要因は、複雑かつ多様で広範にわたっており、一国のみでの対応はますます困難なものとなっている。』(原文ママ)。
 『こうした国際社会』とは、中国の海洋浸出、北朝鮮などを指している。また、テロも含まれる。

 明確である。


>白書は約500ページで昨年より約70ページ増えた。

 epub版だと1016ページ。
 ダイジェスト版のPDFで22ページ。


>年1回刊行される白書は、日本の防衛政策の方向性を内外に示す重要な機会でもあるからだ。

 意訳
 年1回刊行される白書は、日本の防衛政策の方向性を中韓へお知らせする重要な機会でもあるからだ。


>世界有数の規模をもつ自衛隊への憲法の縛りを緩め、海外での武力行使に道を開いた以上、その意図は何か、これまでよりも丁寧に説明する責務があるはずだ。

 だから、社説に記載の通り、『昨年より約70ページ増えた』のではないのか。
 
 安全保障協力の積極的な推進は、
 ダイジェスト版10ページ、epub全文620ページ。
に記載。

>日本の防衛政策の柱である専守防衛はどうなったのか。白書は「相手から武力攻撃を受けたときにはじめて防衛力を行使するなど、憲法の精神にのっとった受動的な防衛戦略の姿勢」という従来の記述を踏襲しただけだ。これでは法制による変化を反映したとは言えない。

 法制による変化は、ダイジェスト版12ページ付近。『新設』などの表現がある。
 epub版は「第Ⅱ部 第3章 平和安全法制などの整備」476ページから498ページまで。
 
 これだけページを割いても、『これでは法制による変化を反映したとは言えない。』扱いの朝日新聞社説傀儡一味。


>少なくとも専守防衛は変質したと言うべきであり、何も変わっていないかのような説明では、かえって疑念を招きかねない。
 
 疑念を与えたいからこのような表現をするのだろう。
 
 例えば、epub版「第Ⅱ部 第3章 平和安全法制などの整備」には、
『(1)在外邦人等の保護措置に関する規定の新設(同第84条の3)
従来、外国における緊急事態に際しての在外邦人の保護にあたっては、生命又は身体の保護を要する在外邦人を安全な地域に「輸送」することに限られ、たとえテロリストの襲撃などを受けた場合であっても、武器使用を伴う在外邦人の救出はできなかった。このようなことを踏まえ、生命又は身体に危害が加えられるおそれがある在外邦人について、輸送だけでなく、警護、救出などの「保護措置」も以下の要件の下で可能とした。』(原文ママ)の記載もある。
 
 『できなかった』が『可能とした』である。
 これを朝日新聞では、変わっていないとするようだ。


>例えば、中国が海洋進出を続ける南シナ海。自衛隊はすでに他国軍との共同訓練や、一部の東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国への装備品の供与など関与を強めているが、これから日本がこの地域でどんな環境づくりをめざすのか、白書から方向性を読み取ることは難しい。

 意訳
 中韓と結託して、国際社会で日本を悪者扱いにする騒ぎが起こせないではないか。


>日本政府の考え方を明示することで、中国など関係国による誤解や過剰反応を防ぐ。

 明示しようがしまいが、中国は変わらない。
 国際社会が懸念を示しても、南シナ海の浸出は継続。話し合うそぶりを見せて、その間に基地建設だ。
 更に、仲裁裁判で完敗状態でも核心的利益優先で居座り継続。


>安保法制を強引に成立させた安倍政権は、重い説明責任を負っていることを自覚すべきだ。

 議会を通して、強引はない。
 『昨年成立した安全保障法制を白紙化』を主目的として、野党は合流し野合4党となった。
 しかし、参院選では議席を減らしている。減らすだけではなく改憲可能な状態だ。野党の主張は、賛同を減らしている、民意を得ていない状態だ。

 『重い説明責任』と表現しているが、上記のように説明があっても都合の悪いことは伏せてでは意味がない。

 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。一方、中国は抜けられなかったので、外務次官の抗議が有効だったかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月2日 | トップページ | 2016年8月4日 »