« 2016年8月24日 | トップページ | 2016年8月26日 »

2016年8月25日の2件の投稿

2016年8月25日 (木)

2016年8月25日付け小説朝日新聞社説『日中韓会談 協力の重み自覚して』を読んでの感想

 2016年8月25日付け小説朝日新聞社説『日中韓会談 協力の重み自覚して』を読んでの感想。

以下感想。
>2国間に対立問題があれば、外交関係は直ちに滞りがちだ。だが、3カ国の枠組みという名目なら出席しやすい。この知恵を生かしたい。首脳会談も年内に必ず実現させるべきだ。 

 出席しやすい?目的は何なのか?
 本来は、2国間対立に中立的な3カ国目が入ることで落としどころを見つけやすい。
 しかし、多くの案件で、1対2になりがちで落としどころが見つからない日中韓会談なら価値は下がる。

 社説では、何等かの結論を導くものではなく、『出席しやすい』と記している。
 これは、中国が南シナ海問題で見せている、議論している間に事を進める行為に協力する表現に取れる。


>だからこそ、3カ国が首脳や閣僚の会合を定期的に開く意義は大きい。

 中国に、議論している間に事を進めさせたいってことか。


>3外相が挑発行動の自制を北朝鮮に求めることで一致したのは当然だ。特に国連安保理常任理事国であり、北朝鮮と密接な関係をもつ中国がその影響力を使うよう強く求めたい。

 一致するのはよいが、もはや北朝鮮に対して意味の薄い合意。
 『中国がその影響力を使うよう強く求めたい』って、他国任せでは解決にほど遠い。
 日本として、北朝鮮の資金源を断つ行動が必要である。総連に対しての取り締まり強化、マスコミが自主的にパチンコ屋の広告を受け付けない行為も望まれる。

>3カ国合わせて世界経済の2割という比重を考えれば、もっと歩み寄りの工夫を追求すべきだろう。

 金額的に見れば、日中での比重が多い。
 韓国大好きの朝日新聞は、少しでも韓国に有利な協定を作らせたいのだろう。


>今月、尖閣沖の海域で中国の漁船が沈没し、日本の巡視船が乗組員を救助した。同じ海を囲む隣国間では、手を差し伸べ合う事態が日常的に起こりうる現実を思い起こさせた。

 場所は、尖閣諸島魚釣島北西約67km(約37海里)のEEZ(外務省のHPの表現では公海)。
 領海:約22kmまで、接続水域:約44kmまで、排他的経済水域(EEZ):約370kmまで。

 http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2010/final/pdf/r07-06.pdf
 約70kmなら、旧都庁(東京駅近く)から南は三浦半島沖、千葉なら館山にかかり、北は栃木の小山市、東は九十九里町、西は奥多摩だ。そんな距離だ。

 2016.8.6産経新聞『尖閣へ集結の中国漁船約230隻、乗り込むのは軍事訓練受けた漁民か 習近平政権、日本支配の打破へ新段階 南シナ海関与を牽制も』の報道もある。
 漁船と言っても純粋な民間人の漁船ではない。

 新唐人ニュース『南シナ海で暗躍する漁民民兵【禁聞】』(新唐人は、米NYに本部を置く中国語衛星テレビ放送局)
http://jp.ntdtv.com/news/16374/%E5%8D%97%E3%82%B7%E3%83%8A%E6%B5%B7%E3%81%A7%E6%9A%97%E8%BA%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E6%BC%81%E6%B0%91%E6%B0%91%E5%85%B5%E3%80%90%E7%A6%81%E8%81%9E%E3%80%91
『レポートは、漁民で組織する非正規の海上部隊は中国政府のコントロール下にあり、近年緊張が高まる紛争海域の最前線で尖兵の役割を担っていると指摘する。この漁民の海上部隊は米調査船の航海を妨害したり、フィリピン軍とスカボロー礁付近で小競り合いを起こしたりし、中国政府から手当を受けているという。 』(原文ママ)


>海難救援だけでなく、環境問題や災害対策などを含め、3カ国には切っても切れぬ近隣ならではの関係がある。

 村八分とは、葬儀と火事の消化活動を除いた付き合いってことである。
 『海難救援だけでなく、環境問題や災害対策などを含め』は、村八分の火事に相当する部分であり、中韓とは村八分的付き合いでOKってことか。
 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 のような妄想の日々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日付け小説朝日新聞社説『駆けつけ警護 もっとP K O の議論を』を読んでの感想/死体が転がっても見て見ぬフリ

 2016年8月25日付け小説朝日新聞社説『駆けつけ警護 もっとP K O の議論を』を読んでの感想。

以下感想。
 「駆けつけ警護」反対とは、助けるより見て見ぬフリがよいってこと。

>まず行われるのは、南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に、11月に派遣される予定の陸上自衛隊部隊に対する「駆けつけ警護」の訓練だ。

 あくまでも訓練であって、現地での「駆けつけ警護」が始まるわけではない。


>道路補修などにあたる施設部隊だが、駆けつけ警護は、離れた場所で武装勢力に襲われた国連、NGO職員らを武器を持って助けにいく任務だ。自らの部隊を守るだけでなく、外に出て多くは丸腰の人を守ることになる。隊員のリスクが高まることは避けられない。 

 今までは、見て見ぬフリを決め込むか、あるいは、気づかずに近づいたら自衛隊が攻撃を受け巻き込まれた、で、助ける手法を取らざるを得なかった。

 人道的には、見て見ぬフリは認められるものではない。


>国会での徹底した議論が欠かせない。

 つまり、議論をしている間に現地での戦闘が終わり、結果、死体が転がり自衛隊は見て見ぬフリをしたと国際的に非難を浴び、日本が悪いの状態を作りたいのが朝日新聞であろう。

 
>かつて「敵のいない軍隊」と呼ばれたPKOは、紛争の当事者にならない、中立性を重んじるものだった。だが近年は、人道危機から住民を保護するために武力を積極的に用いる活動が常態化している。

 中立性を重んじて、死体を転がした方がよいが見え隠れする朝日新聞。


>7月の参院選でも大きな争点にならなかった。

 争点にならないのは、終わった話だから。
 それが分からない、分かろうとしないから、野合4党議席を減らした理由の一つであろう。

 国会で多くの時間を割いても、野合4党は、憲法ガーに終始し、肝心の内容に関する議論を怠った責任は重い。


>これに対し、南スーダンの代表は「主要な紛争当事者の同意というPKO原則に反している」と反発している。

 2016年8月22日付け朝日新聞社説『南スーダン 人道危機を食い止めよ』では、そんな基本情勢も書かなかった。
 ところで、朝日新聞の言う代表って、大統領派?副大統領派?どちら。双方がそう発言しているのか?

 少なくとも大統領派の報道官は、国連安保理による4000人の増派に反対であって、PKO活動そのものに反対を表明していない(2016/8/14付日本経済新聞 朝刊『PKO4000人追加派遣 南スーダン、受け入れ「反対」 周辺国の介入警戒』など)。


>自衛隊が憲法と国内法の範囲内で活動するのは当然だ。受け入れ国の同意が維持されることが派遣の前提であり、現地の動きを注視する必要がある。 

 つまり、『主要な紛争当事者の同意というPKO原則に反している』と合わせて考えれば、自衛隊が行く行為は憲法と国内法の範囲外と思わせたいのだろう。
 そもそも、『自衛隊が憲法と国内法の範囲内で活動するのは当然だ』とは、憲法ガー、法律ガーで「人」を軽視しろってこと。
 混乱のある現地で、臨機応変に対応できないと死体が転がるだけだ。

 
>秋の臨時国会をその場にすべきだ。

 表向きは尤もらしいが、狙いは議論を長引かせ結論先送りにさせたい。これは、人道より朝日新聞自らの喜び優先だ。
 朝日新聞の喜びとは、自衛隊は駆け付け警護ができず、国連、NGO職員、南スーダンの人々などの死体が転がることを楽しみ、自衛隊が見て見ぬフリをした、日本が悪い、アベが悪いを作り出す一石二鳥のことである。
 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 のような妄想の日々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月24日 | トップページ | 2016年8月26日 »