«  2016年9月17日付け小説朝日新聞社説『辺野古判決 それでも対話しかない』を読んでの感想 | トップページ | 2016年9月18日付け小説朝日新聞社説『富山市議会 許されぬ裏切り行為だ』を読んでの感想 »

2016年9月17日 (土)

2016年9月17日付け小説朝日新聞社説『公明党 微修正の政治、脱却を』を読んでの感想

 2016年9月17日付け小説朝日新聞社説『公明党 微修正の政治、脱却を』を読んでの感想。

以下感想。
 見出しからして妙だ。
 支持者がそれでよいと思うならOKであろう。
 イキナリどちらかに振るようでは支持者は付いていけない。これは、公明党に限った話ではない。

>戦後日本の歩みを肯定的にみる公明党と、それとは異質な歴史観をもつ安倍政権。
 
 議論して落としどころを見つける連立政権。
 議論できず個人個人が独自の主張をするだけの民進党。それでも、今後も野合4党を組む方向のようだ。


>自民党との議論の過程で主張を反映した部分はあるものの、違憲の疑いが濃い集団的自衛権の行使を認め、自衛隊の活動範囲を大きく広げる本質は変わっていない。

 今日は、『違憲の疑い』か。
 2016年2月19日付け社説『安保・野党案 「違憲法制」正す議論を』では、『「違憲」法制をこのままにはできない』、『「違憲」法制を正す議論には党派を超えて粘り強く挑み』と違憲と決めつけたような表現であった。
 朝日としては『違憲であると思わせたい』が目的であろうから、表現の違いはどうでもよいことなのだろう。


>長い連立をへて、公明党が形づくってきた自民党との付き合い方に向ける公明党支持者の疑問や不安が、安倍政権のもとで強まっているようにも見える。

 そう思わせたいだけ。

 社説記載の『公明党は、7月の参院選で過去最多と並ぶ14議席を得た。半面、朝日新聞の出口調査では、32の1人区で公明支持層の24%が野党統一候補に投票した。』だけでは判断できない。
 推移を示すべきである。


>連立維持や、創価学会の意向ばかりを重視するとすれば、公党として国民への責任を果たすことにはならない。

 自公が与党に戻った衆院選では、山口代表は「安定」を主張していた。
 自己主張だけでは民主党政権状態。
 日本を再びあのような混迷、混乱、混沌に導きたい朝日新聞の思惑が感じられる。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

|

«  2016年9月17日付け小説朝日新聞社説『辺野古判決 それでも対話しかない』を読んでの感想 | トップページ | 2016年9月18日付け小説朝日新聞社説『富山市議会 許されぬ裏切り行為だ』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/64214971

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年9月17日付け小説朝日新聞社説『公明党 微修正の政治、脱却を』を読んでの感想:

«  2016年9月17日付け小説朝日新聞社説『辺野古判決 それでも対話しかない』を読んでの感想 | トップページ | 2016年9月18日付け小説朝日新聞社説『富山市議会 許されぬ裏切り行為だ』を読んでの感想 »