« 2016年10月7日 | トップページ | 2016年10月9日 »

2016年10月8日の2件の投稿

2016年10月 8日 (土)

2016年10月8日付け小説朝日新聞社説『コロンビア 和平への希望をつなげ』を読んでの感想/何故か「左」を表す言葉がない社説

 2016年10月8日付け小説朝日新聞社説『コロンビア 和平への希望をつなげ』を読んでの感想。

以下感想。
>社会主義革命を掲げるコロンビア革命軍(FARC)と政府軍の戦闘が始まったのは、1960
年代にさかのぼる。

 FARAについて、重要な表現がない。
 左翼ゲリラだ。
 
 2016年10月04日付けAFP『コロンビア政府とFARCの和平合意はなぜ国民投票で否決されたのか?』
 http://www.afpbb.com/articles/-/3103188
より。
『予想外の結果となった2日の国民投票の前の大方の予測は、左翼ゲリラ組織「コロンビア革命軍(FARC)」との内戦をどう解決するかをめぐり、コロンビア国民がいかに分裂しているかを見誤っていた。』(原文ママ)。

 2016年10月3日付け毎日新聞『革命軍への反感根深く 国民投票和平合意否決』より。
http://mainichi.jp/articles/20161003/k00/00e/030/184000c
『投票前は、左翼ゲリラ「コロンビア革命軍(FARC)」に殺害された人々の遺族らが~』。

 2016/10/4付日本経済新聞 朝刊『ゲリラに甘く国民不満 コロンビア和平、反対が過半数 合意頓挫なら経済に逆風』より。『南米コロンビア政府と左翼ゲリラのコロンビア革命軍(FARC)の和平合意が暗礁に乗り上げた。』(原文ママ)。

 2016年 06月 6日 付けロイター『ブログ:コカ、コロンビア第2の通貨に』
http://jp.reuters.com/article/coca-colombia-idJPKCN0YS020?sp=true
では、FARCに対して、反政府ゲリラ組織、左翼ゲリラ組織の表現を使っている。

 FARCについて、『左翼ゲリラ』は一般的表現と言えるだろう。
 何故かそれを隠したい朝日新聞社説傀儡一味。
 『社会主義革命』の表現でかわそうってところか。


 上記日経新聞には、次の記述もある。
 『FARCは旧ソ連共産党の影響を受けた農民が1964年に結成した南米最大のゲリラで、戦闘員は一時2万人規模に上った。麻薬組織と連携し勢力圏を広げてテロや誘拐など多くの罪を犯した。』(原文ママ)。
 『旧ソ連共産党の影響』、明らかに左翼思想からスタート。


>FARCは麻薬取引や誘拐を資金源に勢力を伸ばし、一時は国土の3分の1を支配した。右派ゲリラも交えた内戦で22万人が死亡、500万人以上が家を追われた。

 『左翼ゲリラ』を隠したい朝日新聞社説傀儡一味は、ここで、『右派ゲリラ』の表現を使う。
 右派ゲリラはいても、左派ゲリラはいないことにしたいのか?
 そもそも今日のこの社説には、『左』の文字がないのだ。


>複雑な中身の合意に、単純な賛否の選択を迫った国民投票という手法が正しかったのかとの疑問は残る。「もう暴力はこりごり」と合意に賛成した国民と、「ゲリラに甘すぎる」と反対した国民に割れた。

 上記日経記事により。
『国民投票は、有権者3489万人のうち反対が643万票(得票率50.21%)となり、賛成(637万票)をわずかに上回った。事前の世論調査は賛成優位を伝えていた。投票率が4割弱と伸び悩んだことなどで予想外の結果となった。』(原文ママ)。
 
 投票率の低さが、もはやどうでもいいことを表しているのかも知れない。


>コロンビア社会にはそもそも長い争いが生んだ国民同士の分断がある。

 これは何を指しているのだ?
 左翼ゲリラ「コロンビア革命軍(FARC)以外の存在も大きかったのか?
 投票率の低さ=どうでもよいを見れば、もはや分断の扱いではないだろう。


 ところで、今年のノーベル平和賞、候補は何件?
 2016年03月02日付けAFP『16年ノーベル平和賞候補は376個人・団体、過去最多』
 http://www.afpbb.com/articles/-/3078928
によれば、『過去最多の376の個人・団体が推薦されたと明らかにした。これまでの最多記録は2014年の278個人・団体だった。』(原文ママ)。
 記事によれば、米大統領選のトランプ候補、NSAのエドワード・スノーデン元職員も候補。
 この記事には記載がないが、国民的合意なしに勝手推薦を行っている憲法9条(推薦人たちは、自画自賛で恥ずかしくないのか)。

 その376件からサントス大統領が選ばれた。
 しかも、オバマ氏のように「今後への期待重視」ではなく、これまでの交渉実績が認められてのことだ。
 この点は大きい。
 受賞で終わりではなく、一部報道によれば、幸い、更なる交渉に入ったようだ。
 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016月10月8日付け小説朝日新聞社説『白紙の領収書 これが大臣の「常識」か』を読んでの感想

 2016年10月8日付け小説朝日新聞社説『白紙の領収書 これが大臣の「常識」か』を読んでの感想。

以下感想。
>だが、いくら公開して透明性を高めようとしても、白紙の領収書が許されるなら虚偽の金額を書き入れることも可能だ。支払額を水増しし、差額を裏金にしたとしても分からない。 

 都合のよい主張だけを展開する朝日新聞。

 2016.10.6付けiza『野党、稲田防衛相を“ロックオン” 白紙領収書問題などを追及 今国会で集中砲火』より。
『総務省の「収支報告の手引」では、領収書を受け取った側が追記するケースについて、宛名は発行者の要請があれば可能だが、金額欄に関する規定はない。高市氏は予算委で、今回の問題について、「法的に不都合はない」と述べた。』(原文ママ)

 総務省の「収支報告の手引」は、
http://www.soumu.go.jp/main_content/000077911.pdf
に掲載されている。
 59ページ以後に複数の事例が掲載されている。
 発行者情報が記載されていない書面は領収書等として認められるか、領収書等に支出の目的が記載されていない場合、領収書等にあて名が記載されていない場合については規定がある。
 確かに金額欄に関する規定はないようだ。


 政治資金収支報告書と領収書が一致しているか?が問題である。
 上記手引きの53ページに、領収書等の写しについては、収支報告書と併せて、支出の項目ごとに分類して提出することとなっているの記載がある。
 民進党のガソリーヌは、一致してない(らしい)。


>高市氏はきのうの記者会見で「国民に疑念を持たれないよう、各政党で改善していただきたい」と軌道修正したが、国会の場で白紙の領収書を認めるようでは、所管大臣としての資質が疑われる。

 朝日新聞の主張が問題である。
 何故なら、法的に問題がないものを、あると判断するようでは大臣としての資質が疑われる。

 社説には、『その当たり前の常識が通じないなら、法を改正して明記すべきだ。』とも記載されている。
 それでも、今回は相手の承諾ありだ。

 一方、自社で気づいてから15年以上誤報継続は、更に常識がない。
 捏造新聞でググる。


>共産党を除き、要件を満たした各党が政党交付金を受けとっている以上、多くの政治家の政治資金には国民の税金が入っている。

 逆に何故、政党交付金が不要なのか?赤旗の売り上げが下がっている話もあり不思議だ。
『日本共産党の熊本地震救援活動支援募金の箱に書かれた小さな小さな字がなかなかエグい』
http://matometanews.com/archives/1808804.html
 箱には大きく『熊本地震救援活動支援募金』と書いて、小さく『後援会交流決起集会ご参加のみなさんへ この募金は、救援物資の調達や届け、ボランティアなどにかかわる経費、および救援・復興にかかわる政治活動の経費など、現地の党組織の裁量で使える募金として日本共産党熊本県委員会に送る予定です。みなさまのご理解とご協力をお願いします。』(原文ママ)と記載。

 2016.4.18産経新聞『【熊本地震】共産、救援名目で北海道補選や活動資金集め? 党集会で同じ封筒で募金 衆院候補予定者のツイッター炎上・削除 小池書記局長、不適切な対応認める』より。
http://www.sankei.com/politics/print/160418/plt1604180038-c.html
『共産党の次期衆院選候補予定者が熊本地震の被災地救援のためとして集めた募金の一部について、同党が無所属候補を推薦している衆院北海道5区補欠選挙(24日投開票)や党活動に使うともとれる発信をツイッターで行っていたことが18日、分かった。』(原文ママ)
 全てではないだろうが、目的外利用があるようだ。
 ところで、この手の募金箱、外人さんがどーんと募金しても収支報告書には「誰が」は記載されないだろう。一括記載だから。

 共産トップの豪邸
http://alfalfalfa.com/articles/158201.html
ってのもある。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月7日 | トップページ | 2016年10月9日 »