« 2016年10月17日 | トップページ | 2016年10月19日 »

2016年10月18日の2件の投稿

2016年10月18日 (火)

2016年10月18日付け小説朝日新聞社説『車の燃費審査 「消費者の視点」徹底を』を読んでの感想

 2016年10月18日付け小説朝日新聞社説『車の燃費審査 「消費者の視点」徹底を』を読んでの感想。

以下感想。
>実燃費と室内の試験との差は、ある程度は仕方あるまい。ただ、あまりにも大きい差がメーカーの甘えを生み、専門家ですら不正の有無を判断できない事態を招いたと言えないか。

 2016年4月22日付け朝日新聞社説『三菱自動車 教訓はどこへ行った』では実燃費語らずの社説であった。
 カタログ値と2割くらい変わる場合もある常識であるが、三菱の公表値との乖離はそれ以下であったにも関わらずだ。
 
 国内での走行環境の差は余りに大きい。
 東京(区内)と北海道(道北)当たりを比べるとその差は大きい。
 うちの車では、走行条件の違いで4割近い場合もある。

 メーカーの甘えの前に、国交省は試験項目の細分化してもよいのではないのか?
 超理想時、オロロンライン、首都高速都心環状線外回り、ヤビツなどの実燃費を加えるとか。


>それが不正の芽を摘むことにつながる。

 ほ〜。
 不正の芽ね〜。
 捏造の芽を摘んで欲しいものだ。
 車メーカーも『当時は研究が乏しく』だったかも知れない。


 朝日新聞は、女子挺身隊と慰安婦を混同した(『「挺身隊」との混同 当時は研究が乏しく同一視』でググれ)。
 女子挺身隊は現在も生存している。年齢層は80代後半だ。日本国内の日本人女子挺身隊の仕事の内容は、工業での勤労奉仕活動だ。武器の部品を作るとか。しかし、未だに朝日新聞から直接個人、個人への謝罪の連絡はないようだ。
 不思議なのは、利権屋さんがビジネスチャンスにも関わらず、朝日新聞に名誉を傷つけられたとして朝日新聞へ損害賠償請求を行った報道が見られないことだ。時効?名誉棄損は2014年8月まで続いたのだ。
 これは、ちょっとググった範囲での話。現実は既に訴えはあるかも知れない。
 尚、朝日新聞を糺す国民会議の訴えは、主に現在の日本人の名誉に対するもので日本人女子挺身隊に対するものではない。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月18日付け小説朝日新聞社説『民進党と原発 民意は見えているか』を読んでの感想。

 2016年10月18日付け小説朝日新聞社説『民進党と原発 民意は見えているか』を読んでの感想。

以下感想。
>民進党にはくみ取るべき民意が見えていないのではないか。新潟県知事選をめぐる一連の対応に、強い疑問を感じる。

 朝日新聞は、今頃気づいたのか?あるいは読者騙しで気づかなかったフリなのか?
 長期支持率低迷を見れば、新潟県知事選に限った話ではない。

>ところが、朝日新聞の出口調査によると、民進支持層の85%が米山氏に投票していた。民進党の判断と、支持層の思いとの亀裂の深さに驚く。

 それは、政治判断でもある。
 少なくともポピュリズムの誹りは受けない判断と言えよう。

 また、『民進支持層の85%が米山氏に投票』とは、現在の民進党の支持層の中心が旧社会党系ってことかも知れない。


>そもそも民進党は米山氏を次期衆院選新潟5区で公認内定していた。

 そもそも米山氏は、『これまで自民党や旧日本維新の会から衆院選、参院選に計4回出馬したが、いずれも落選。』(2016/10/17付日本経済新聞 朝刊より)。
 その上で、今回、民進党から離党し立候補している。


>3カ月前のこうした主張はどうなったのか。新潟での対応はわかりにくいし、もし政策より支持労組への配慮が先に立ったとすれば情けない。

 Wスタンダードは、民進党の党是なのでやむを得ない。


>民進党の蓮舫代表は「米山氏勝利」の可能性が伝えられた最終盤にようやく応援のため新潟入りした。

 ポピュリズム的対応。
 風向きしだいで動きが変わる。これもまた民進党の党是。


>朝日新聞の最新の全国世論調査によると、いま停止している原発の運転再開に賛成の人は29%、反対が57%だった。

 これは、2016年10月17日付けで電子版で掲載されているものと思われる。
 運転再開の次の質問は、『原子力発電を今後、どうしたらよいと思いますか。(択一)』であり、ただちにゼロ14%、近い将来ゼロ59%、ゼロにはしない22%であった。
 近い将来とは、何年以内か不明である。朝日新聞は、曖昧な言葉で、都合のよい利用を企んでいるのだろう。


>改めて党内で議論し、姿勢を明確にしてもらいたい。

 民進党に党内議論を求めるなんて、何処かの新聞に捏造をやめよと言うのに等しい。
 稀に議論は出来ても、「結論は出せず」のムヤムヤが結論となるか、安全確認とか避難計画にずらした結論を出すだろう。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月17日 | トップページ | 2016年10月19日 »