« 2016年11月1日 | トップページ | 2016年11月3日 »

2016年11月2日の1件の投稿

2016年11月 2日 (水)

2016年11月02日付け小説朝日新聞社説『あす憲法公布7 0 年 未完の目標に歩み続ける』を読んでの感想。

 2016年11月02日付け小説朝日新聞社説『あす憲法公布7 0 年 未完の目標に歩み続ける』を読んでの感想。

以下感想。
 国会で、半年程度の議論で成立した日本国憲法。
 よって、半年以上かけて議論した法律は、憲法より重要なのか?って思えることもある。

>そこに「国民」の文字はない。憲法は、国家権力が勝手な行いをするのを国民が縛り、個人の自由や権利を守るためにあるという近代立憲主義の精神が、条文には込められている。 
 
 しかし、『日本国憲法99条』=『憲法は、国家権力が勝手な行いをするのを国民が縛り』ではない。

>留学先の米国では、大統領が就任式で「憲法を維持し、擁護し、防衛する」と誓うと知った。
 
 日本と米国は異なる。

>この国を戦争ができる国にしてはならない――。安保法制が具体的に動き出そうとしているいま、当時の訴えは
いっそう重く響く。

 選択肢なしは、間違っている。
 どんな憲法、法律があろうが行動が出来ない国はカモになりかねない。カモになったら自由のない奴隷だ。
 アメリカが守ってくれる?そんな絶対保障はない。国益がないと判断すれば現在も危ういし、将来的にアメリカの国力が下がればそのリスクは益々高くなる。

 現在、集団的自衛権行使のない国は、スイスくらい。
 スイスは侵略戦争も日本同様放棄している。
 しかし、その国防の心構えは、共同体全体の自由があって、初めて各個人の自由がある発想にある。国として生き抜かない限り、個人の自由はない。
 にも関わらず、国内護憲派は個人の権利ガーに凝り固まっている。今、自分さえ凌げればよいってことだろう。


>憲法を定めた者として、前文でその理念を説くのは「日本国民」である。冒頭で高らかにうたいあげる。「ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する」

 しかし、その『日本国民』の憲法上の定義は極めて曖昧。
 国民は、『第十条  日本国民たる要件は、法律でこれを定める。』だけ。
 故に多重国籍の国会議員が、自身の国籍の説明で二転三転するどころかコロコロ変わって、法の支配を無視するかのように『立憲主義ガー』の発言が許される状態になっている。

 朝日新聞としては、憲法の前文も憲法解釈に含めると考えていることが確定。 


>そのころ政党や民間がつくった憲法草案の中には、国民主権を明確に打ち出したものもあった。

 それは、日本共産党の日本人民共和国憲法(草案)
http://www.ndl.go.jp/constitution/shiryo/02/119/119tx.html
も含めているのか?
(この草案は、国民の表現を使わず人民になっている。)

>それが今の姿になったのは、連合国軍総司令部(GHQ)が国民主権の明記を指示したからだった。「国民主権という言葉をはっきり出さぬと具合悪いのだ」。議事録に残る議員の発言に、本音がかいまみえる。
「日本は立憲主義を語らずに立憲主義を実行した」

 GHQからもらったもので、自ら立憲していない以上、『日本は立憲主義を語らずに立憲主義を実行した』となるのは当然であろう。


>プライバシー、報道の自由、一票の価値、働く場での男女平等、知る権利……。社会に定着したこうした考えも、憲法という土台のうえに、70年の年月をかけて培われたものだ。

 ご都合主義者によるご都合解釈の成れの果てが現在の憲法だ。
 憲法が国民に保障する自由及び権利は、これを濫用してはならないのであるが、もはやご都合で乱用気味。
 第九十八条の「日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。」も無視。国際組織犯罪防止条約に主要7カ国(G7)で唯一、未締結の日本。共謀罪が必要だが、ご都合主義者が権利ガーと騒ぎまくる。
 そもそも憲法9条は、誰が読んでも自衛隊は違憲だ。朝日新聞の憲法学者へのアンケートでも違憲が6割以上だ。しかし、他の条文とご都合で組み合わせ合憲の解釈で成り立っているし、違憲と考える国民は憲法学者ほど多くない。


>「憲法はつねに未完でありつづけるが、だからこそ、世代を超えていきいきと生きていく社会を作るために、憲法は必要なのだ」。奥平さんの言葉だ。
>先祖返りを許さない
>この歩みを否定し時計の針を戻そうというのが、自民党が4年前に発表した改憲草案だ。

 つまり、ご都合解釈を続けろが朝日新聞社説傀儡一味の主張ってことになる。
 
 案を出すことすら、認めたくないが朝日の本音なのだろう。
 意に反するものは徹底排除が垣間見れる。 


>憲法に指一本触れてはならない、というのではない。だが、長い時間をかけて積みあげた憲法の根本原理を壊そうとする動きに対し、いまを生きる主権者は異を唱え、先人たちの歩みを次代に引き継ぐ務めを負う。

 実質、『憲法に指一本触れてはならない』と主張しているようなもの。
 『長い時間をかけて積みあげた憲法の根本原理』とは、ご都合主義者によるご都合解釈を今後も続けろってことだ。
 その方が、朝日新聞にとってもウマミがあるのだろう。


>憲法12条には、こうある。「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない」

 第九章には、憲法改正の記載もあるが、それを無視するかのような扱い。
 やはり、『憲法に指一本触れてはならない』ではないか。

 朝日社説掲載の12条の後半には、『又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。』の記載がある。
 朝日新聞の主張は、公共の福祉を無視した『濫用』ではないのか。


 朝日新聞として、憲法の前文も憲法解釈に含めるていることが、『憲法を定めた者として、前文でその理念を説くのは「日本国民」である。』の主張から確認された。

 ならば憲法前文より。
『われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。』(原文ママ)。
 自国のことのみに専念して他国を無視して、集団的自衛権は違憲の主張は前文無視。
 PKOで見て見ぬフリをせよ。駆け付け警護反対の主張も前文無視。
 都合により、これらの部分を無視する朝日新聞。

 
 ところで、朝日社説の中で、主張の都合に合わせて「憲法学者の奥平康弘さん」が登場した。
 私も都合に合わせて、元最高裁判事でもある藤田宙靖・東北大名誉教授(行政法)が、「自治研究」2月号に寄せた論考『覚え書き――集団的自衛権の行使容認を巡る違憲論議について』を記す。
 2016/3/15 6:30 日本経済新聞 電子版『元最高裁判事たちが再び論じる集団的自衛権』 
 2016/4/20付日本経済新聞 朝刊『風 集団的自衛権論争の余波』
でも紹介されている。
 電子版から引用の引用をする。 
『「仮に憲法学がなお法律学であろうとするならば、政治的思いをそのまま違憲の結論に直結させることは、むしろその足元を危うくさせるものであり、法律学のルールとマナー(本稿のいう法規範論理)とを正確に踏まえた議論がなされるのでなければならない」』(原文ママ)。
 憲法学者が法律学でなく政治学をやっている話だ。
 朝日社説執筆者は?
 ご都合主義者によるご都合解釈で歪め、ご都合主義を蔓延させたいってことだろう。

 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月1日 | トップページ | 2016年11月3日 »