« 2016年11月7日 | トップページ | 2016年11月9日 »

2016年11月8日の2件の投稿

2016年11月 8日 (火)

2016年11月08日付け小説朝日新聞社説『大学入試改革 記述式、多角的検討を』を読んでの感想

 2016年11月08日付け小説朝日新聞社説『大学入試改革 記述式、多角的検討を』を読んでの感想。

以下感想。
>だが案はいかに大学に使ってもらうかを考えるあまり、効果や負担の吟味が後回しになっていないか。もっと多角的に検討してほしい。 

 つまり、話を発散させて、まとまるものもまとまらない状態にして新テストで導入する国語の記述式問題を無しにしたいってことなのだろう。


>40~80字でどこまで思考力や表現力を問えるのか。文科省は多くの問題例と採点基準を公表し、議論の素材を大学や高校に示してほしい。

 おいおい、限られた文字数で表現をする行為は、紙新聞だけではなくSNSでは今や常識。
 社説冒頭の『大学入試センター試験に代わり、2020年度に始まる新テストで導入する国語の記述式問題について、文部科学省が実施方法の案を示した。』は、70文字程度。
 これを『センター試験に代わる20年度からの新テストで、文科省は国語の記述式問題について、思考力や表現力向上を目的に2つの実施案を示した。』とすれば、同じ文字数で情報量は増える。充分に思考力や表現力を問えると思うが。


>ミスがあった場合、どう責任を負うのかも不透明だ。
  
 それは、記述式だからの理由にならない。
 2014/1/19J-CAST『2割の大学で「入試ミス」起きていた 私立は10年で「校数2倍、件数3倍」に激増』
http://www.j-cast.com/2014/01/19194409.html?p=all
『 13年度の学校基本調査によると、全国の大学の数は782(国立86、公立90、私立606)なので、大学全体の2割近くでミスが起こっていることになる。 特に増加傾向が顕著なのが私大で、03年度は58校86件だったものが13年度は119校233件になっている。10年間で学校数にして2倍、件数にして3倍に増えた計算だ。「実害」も出ている。13年度は、合格発表後に追加合格を出すことになった入試ミスは33校42件にのぼる。』(原文ママ)。
 こんな実態だ。

 多くは、
http://www.it-chiba.ac.jp/topics/20160708/
のように、試験から半年後程度、実は合格でしたの後出しで終わる。


>記述式は自己採点がしにくく、各大学の2次試験の出願先選びを迷いそうだ。

 出題で大学を選ぶって、大学の選択としては最低であろう。


>記述式は様々な観点での採点基準がありえ、大学が個別試験で出すのがふさわしい。

 しかし、それでは『記述式は自己採点がしにくく、各大学の2次試験の出願先選びを迷いそうだ。』ってことになる。


>大学の中には、2次試験で理系でも長文の記述式を課すことを検討するなどの動きがある。

 面接時に、面接官がサラッと読んで質問ってパターンもある。 


>大学入試を行うのは文科省ではなく、大学である。大学の多様性と自主性を踏まえ、国はどう方針を示すべきか。

 だったら、共通で行う試験をやめろってことになる。
 それこそが、多様性と自主性だ。


>拙速ではない検討を望みたい。

 つまり、何時までも終わりのない議論を続けさせたいってことであろう。

 
 2016/11/2付日本経済新聞 朝刊『面接や小論文 指導に戸惑い 進学校6割「難しい」 大学入試新テスト』より。
『大学入試センター試験に代えて2020年度に始まる新テストに合わせ、小論文や面接を使った多様な選抜方法が検討されていることに対し、全国の進学校の6割が「指導が難しい」と考えていることが1日、全国普通科高校長会の調査で分かった。新たに導入予定の記述式には9割が「高校3年生に悪影響が生じたり、活動に制約が出たりする」と懸念を示した。』(原文ママ)。
 何とも後ろ向きな、全国普通科高校長会の考え。
 その後ろ向きな意見を朝日新聞は尊重したいのか??


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月08日付け小説朝日新聞社説『議会の信頼 富山の混乱を教訓に』を読んでの感想

 2016年11月08日付け小説朝日新聞社説『議会の信頼 富山の混乱を教訓に』を読んでの感想。

以下感想。
>政務活動費(政活費)の不正で3割の議員が辞職した富山市議会の補欠選挙が、投開票された。新顔25人が立ち、13人の議員が誕生した。

 自民10名、民進2名が辞職、欠員1名の13議席を争う補欠選挙で新人25人が立候補。
 議員定数は、
http://www1.g-reiki.net/toyama/reiki_honbun/r181RG00000841.html
によれば、『地方自治法(昭和22年法律第67号)第91条第1項の規定に基づき、富山市議会の議員の定数は、40人とする。』(原文ママ)。

 補選なので市議会全体を問う選挙ではない。任期は来年4月23日までで、その前に市議選が再度行われる。自民系は5人が当選、共産党2、日本維新の会2、社民党1、無所属3。民進党は候補出さず0。(2016/11/7付日本経済新聞 朝刊『富山市議補選、投票率26% 政活費不正 自民が過半数維持』を参考)。


>当選した人の多くは、政活費や議会の改革を訴えた党や無所属の候補だった。

 最大の争点以外の何物でもないので改革を訴えるのは当然。
 
>残念なのは投票率が26・94%と低かったことだ。

 上記の通り、来年4月23日まで、今回の補選を含めた市議会全体を問う選挙がある。
 その関係もあり、低投票率となったのかも知れない。 

 概ね3/4が投票していない。
 意思表示なしは、お任せ、「よきにはからえ」が、富山市民の意思表示である。
 「呆れて投票しない」行為こそ、呆れた行為である。


>政活費は3カ月ごとに会派に定額が支払われるが、不正使用の一因とされる前払い方式をなぜ改めないのか。完全な後払いに切り替えるなど、もっと踏み込んでいくべきだ。 

 大きな問題が出た以上、不正発覚の際、今後数年間は厳しい対応が求められるので、後先はさして重要ではない。


> 白紙領収書で得た政務活動費を私的流用したとして辞職した共産の大阪府議は、議員報酬の減額に伴う困窮を理由に挙げた。自民の元富山市議長は、「議員年金の廃止で老後が不安になった」と弁明した。

 珍しい併記。
 天変地異の前触れか。


>国会でも、政治資金パーティーで自民や民進の議員が白紙領収書を受け取っていたことが発覚した。

 違法行為ではない。
 政治資金収支報告書と領収書が一致しているか?が問題である。
 また、総務省の「収支報告の手引」
http://www.soumu.go.jp/main_content/000077911.pdf
59ページ以後に複数の事例が掲載されている。
 発行者情報が記載されていない書面は領収書等として認められるか、領収書等に支出の目的が記載されていない場合、領収書等にあて名が記載されていない場合については規定があり、確かに金額欄に関する規定はないようだ。

 2016.10.6付けiza『野党、稲田防衛相を“ロックオン” 白紙領収書問題などを追及 今国会で集中砲火』
http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/161006/plt16100623390043-n1.html
より。
『総務省の「収支報告の手引」では、領収書を受け取った側が追記するケースについて、宛名は発行者の要請があれば可能だが、金額欄に関する規定はない。高市氏は予算委で、今回の問題について、「法的に不都合はない」と述べた。』(原文ママ)
の報道もある。

 法の支配だ。

 2016年10月17日付け朝日新聞『世論調査― 質問と回答〈1 0 月1 5 、1 6 日実施〉』では、「一票の格差」の質問の後、何の説明もなく唐突に『政治とカネの問題についてうかがいます。菅官房長官と、稲田防衛大臣の資金管理団体が、領収書を白紙でもらって、あとから金額や、あて名を書いていました。このことはどの程度問題だと思いますか。(択一)』(原文ママ)の質問を出していた。
 これを恣意的と感じる人も少なくないだろう。


>「我々は特別」といわんばかりに、時代が求める改革を怠れば、政治不信が深まるだけだ。

 「我々は特別」といわんばかりに、時代が求める改革を怠れば、報道不信が深まるだけだ。
 1社独自に報道しない自由を行使しても、他紙から情報が入る。
 大手が報道しない自由を行使しても、地方紙から情報が入る。
 場合によっては、記者の個別発信もある。


 ところで、2016.11.7産経新聞『大手証券会社社員が「上場廃止になるまで追い込まないと」とツイートしたとして炎上 ネット上での指摘に会社側は「把握しているが…」 』
http://www.sankei.com/affairs/print/161107/afr1611070035-c.html
って記事がある。
 記事では社名、個人名は不明だが、ネット上では大和証券のダイレクト企画部長のであるとされている。しかも、反社会的勢力の構成員。事実なら恐ろしい。
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65878716.html
 その個人の発言の履歴は
https://hiwihhi.com/search/?q=%40chanshimantifa2%20chanshimantifa2
で閲覧可能。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月7日 | トップページ | 2016年11月9日 »