« 2016年11月12日 | トップページ | 2016年11月15日 »

2016年11月13日の2件の投稿

2016年11月13日 (日)

2016年11月13日付け小説朝日新聞社説『参院定数訴訟 是正は国民への約束だ』を読んでの感想

 2016年11月13日付け小説朝日新聞社説『参院定数訴訟 是正は国民への約束だ』を読んでの感想。

以下感想。
>ことし7月にあった参院選のいわゆる一票の格差をめぐる裁判で、一審を担当した延べ16の高裁の判断が出そろった。

 最高裁大法廷の統一判断は来年だ。

>それでも12の判決が「違憲の問題が生じる程度の著しい不平等状態にあった」「看過し得ない程度に達している」と判断した。残りの判決も問題なしとしたわけではなく、「いまだ不十分」「さらなる縮小が図られるべきだ」などと批判している。

 2016/11/9付日本経済新聞 朝刊『参院1票の格差 高裁、平等重視の流れ』より。『「違憲状態」が10件で「合憲」の6件を上回った。合区を一定評価し「違憲」はなかったが、参院でも1票の価値の平等を重視する司法判断の流れが鮮明になった。』。

 違憲はなしだ。

 訴える側は、違憲と考えるなら、参院選挙前に訴えるべきと思う。


>民主制の根幹に関するテーマについて、広範な合意を形づくる理念も展望も不明なまま、改憲の糸口に定数問題を利用しようという姿勢は厳しく批判されるべきだ。

 このような議論の前に意見を潰す批判は、批判させるべきだ。
 国会では、多様な意見があって議論が進められるべきが、朝日新聞の考えではなかったのか。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日付け小説朝日新聞社説『玄海再稼働 「地元」を広くとらえよ』を読んでの感想/壱岐フェリーは一日12往復運航中

 2016年11月13日付け小説朝日新聞社説『玄海再稼働 「地元」を広くとらえよ』を読んでの感想。

以下感想。
 出ましたゴールポスト移動の定義拡張の主張。
 30キロ圏内から拡大狙い。


>一方、原発事故に備えた避難計画作りを義務づけられる30キロ圏内にある3県
8市町の中で、佐賀県伊万里市と長崎県壱岐市の市長がこれまでに反対を表明した。

 つまり、6市町は、少なくとも反対ではない。


>計画では島外に逃げる場合、船やヘリを使う想定だが、数が足りるのか、荒天時も使えるのか、疑問視する声が尽きない。

 それでも、少なくとも佐賀県伊万里市と長崎県壱岐市は、一応、原子力災害対策は用意している。
http://www.city.imari.saga.jp/2917.htm
http://www.city.iki.nagasaki.jp/modules/ecology/index.php?content_id=374
 

>合同防災訓練では、壱岐島から自衛隊の船で福岡市に向かう訓練が、2年続けて高波のため中止された。

 無理に行って事故が起きる方が問題である。

 そもそも『2年続けて高波のため中止された。』と言っても、壱岐島へは、フェリーとジェットフォイルで、通常1日およそ12往復の便が運航されている現実。
(壱岐フェリーのHP、http://www.iki.halimao.com/ferry/index.htm より)

 自衛隊の船での避難訓練の機会を増やすなど、建設的な意見が欲しいものだ。


>だが、同意を得る対象を限定したやり方では、周辺住民の不安は解消できまい。知事は、再稼働について県民や専門家の意見を聞く会議を設ける考えを示している。ならば取り組みを進め、周辺自治体に広げた同意の仕組みを作ってはどうか。

 不安、かつ危険と言うなら引っ越しを促すべき。
 広げても不安な人の不安は変わらない。
 朝日新聞としては、30キロ圏を広げることで、より人を集めやすくしてデモでも煽りたいってところであろう。


>玄海の再稼働をめぐっては11年、国の県民向け説明番組に対し、九電が賛成意見の投稿を社員らに呼びかけた「やらせメール」問題が起きた。
 
 再生エネルギー関連企業の関係者、あるいは海外の原発企業から支援を受けた者などが、反対意見の投稿をしても問題にすることはあるまい。

 それにしても、相変わらず一方の主張だけで終わりの朝日新聞社説。九電の考えはゼロだ。
 2016/11/1付日本経済新聞の地方版によれば、九州電力の社長は玄海原発再稼働について、住民の不安解消に、住民とはフェーストゥーフェースを大事にすると述べている。
 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月12日 | トップページ | 2016年11月15日 »