« 2016年11月28日付け小説朝日新聞社説『春闘 まだまだ賃上げできる』を読んでの感想。 | トップページ | 2016年11月29日付け小説朝日新聞社説『政治資金 地方は透明化を急げ』を読んでの感想 »

2016年11月28日 (月)

2016年11月28日付け小説朝日新聞社説『税のむだ遣い 「外の目」生かし点検を』を読んでの感想

 2016年11月28日付け小説朝日新聞社説『税のむだ遣い 「外の目」生かし点検を』を読んでの感想。

以下感想。
 会計検査院の最新報告は、
http://www.jbaudit.go.jp/report/new/index.html
にある。
 バラファイルだけではなく、一式ダウンが欲しい。
概要は
http://www.jbaudit.go.jp/report/new/summary27/pdf/fy27_02_gaikyou.pdf
 これの14ページに実地検査の対象箇所が掲載されている。
 重要な箇所検査(本省や主要な機関)は、約1.1万件中で、検査は3割弱のみ実地。
 その他箇所は約3.2万件中、1割弱のみ実施。
 検査対象の選定方法は、この概要からは不明。


>とくに看過できないのは、「安心・安全」にかかわる予算でのずさんな措置だ。

 民主党政権下の名残。

>たとえば、「地震に強い都市づくり」をめざし、国の交付金で防災無線を備える事業。設置した市区町村の約3割にあたる27の自治体は、耐震性が不十分な建物などに置いたため、被災時に使えないおそれがあった。

 これは朝日新聞社説が冒頭で主張する『各省庁のあまりの危機感のなさ』ではなく、自治体の無責任さである。
 省庁からこの建物に設置せよの命令があっても、自治体が適切に対応が出来れば問題はなかったはずである。

>福島第一原発事故に伴う除染作業で出た汚染土の仮置き場では、設計の不備から31カ所で土から漏れる汚染水の濃度を測れないおそれがある状態だった。

 これも、現場から声を自治体が把握していれば、そのようなことはなかったはず。

>民間企業なら即、経営悪化を招くところだが、借金頼みの予算編成を重ねても何とかなっている状況に、感覚がまひしているのではないか。

 借金とは関係ない。
 公務員は、通常、突然賞与ゼロもなければリストラになることもない。
 中途採用者が上司になって、新し風が入ることも殆どなし。
 前例に従っていれば取り敢えずOK。
 ムラだ。そんな状態が長期に続いているので感覚がマヒするのだ。

>土台がなくはない。民主党政権が始め、安倍政権も力を入れる「行政事業レビュー」だ。

 民主党政権では、学校の耐震補強まで削られた。その後、復活したようだが......
 そもそも、民主党政権下では、財務相の筋書きに沿ったものだったの指摘もある。

>ただ、自己点検では「効果が出ている」といった自画自賛が目立つ。だからこそ「外部の目」が大切になる。

 『外部の目』も問題だ。
 継続採用を目指す為に、財務相などの都合の良い発言ばかりになっても困るし、特定の団体からの要望重視でも困る。
 

>会計検査院との連携など、工夫の余地はある。むだ遣いを繰り返す余裕はないことを、政府全体で肝に銘じてほしい。

 肝に銘じて欲しいのは、交付を受ける側だ。
 継続して受けられるとか、福島第一原発事故関連ならなんぼでもなどを改めさせるような取り組みが必要であろう。
 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

|

« 2016年11月28日付け小説朝日新聞社説『春闘 まだまだ賃上げできる』を読んでの感想。 | トップページ | 2016年11月29日付け小説朝日新聞社説『政治資金 地方は透明化を急げ』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/64554714

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年11月28日付け小説朝日新聞社説『税のむだ遣い 「外の目」生かし点検を』を読んでの感想:

« 2016年11月28日付け小説朝日新聞社説『春闘 まだまだ賃上げできる』を読んでの感想。 | トップページ | 2016年11月29日付け小説朝日新聞社説『政治資金 地方は透明化を急げ』を読んでの感想 »