« 2016年12月2日 | トップページ | 2016年12月4日 »

2016年12月3日の2件の投稿

2016年12月 3日 (土)

2016年12月03日付け小説朝日新聞社説『OPEC 減産 脱石油を冷静、着実に』を読んでの感想

 2016年12月03日付け小説朝日新聞社説『OPEC 減産 脱石油を冷静、着実に』を読んでの感想。

以下感想
>もちろん、石油を代替するのなら何でも良いわけではない。原子力発電は、東日本大震災に伴う福島第一原発事故が改めて示した通り、安全性や廃棄物処理で大きな問題を抱えている。石炭火力は二酸化炭素の排出を増やすという課題がある。当面、石油の代替として期待される液化天然ガス(LNG)については、調達価格を下げる努力が大切だ。中長期的には、風力や太陽光発電といった再生可能エネルギーを柱にしていく取り組みも欠かせない。 

 石油、石炭だけではなく、LNGも二酸化炭素を排出する。
 風力は風任せ、太陽光はお天気次第かつ夜はダメ。柱にはならない。高値買取で20年は割高。おまけに蓄電設備設置で更に割高、廃バッテリー処理の負担もある。 

 原油価格が上がれば、一日100億円が二酸化炭素に返還される。今は50億円くらいか?。それでも月1500億円、年1.8兆円が二酸化炭素に消える。原発再稼働が、現時点での現実的な選択肢の一つだ。
 二酸化炭素に消えることが、朝日新聞としては楽しいのだろう。


>大震災後に節電が定着したが、まだまだ工夫できる。

 朝日新聞社としてのお手本を見せて欲しい。
 http://www.asahi.com/shimbun/company/csr/kankyo/
に環境への取り組みの記載があるが、『12年3月から川崎工場で最大出力100kWの太陽光発電設備を稼働させています。』(原文ママ)。
 僅か100kW。このレベルは、個人の投資レベルだ(4000万円もかからない)。
 最低10MWくらいが望まれる。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月03日付け小説朝日新聞社説『北朝鮮制裁 日米韓の結束再確認を』を読んでの感想

 2016年12月03日付け小説朝日新聞社説『北朝鮮制裁 日米韓の結束再確認を』を読んでの感想。

以下感想
>中国にかぎらず、国際的にも包囲網は徹底していない。アフリカの多くの国は、制裁の履行状況を知らせる報告書を、今も安保理に提出していない。

 履行しても意味は薄い。
 ジェトロの北朝鮮の最近の貿易動向
http://www.near21.jp/kan/center/publication/journal/95/95_5.pdf
によれば、2013年は中国が全体の3/4、韓国が13%。約9割が中韓だ。

 2016年09月27日付けAFP『中国、北朝鮮からの石炭輸入急増 国際社会の制裁よそに』
 http://www.afpbb.com/articles/-/3102321
 石炭は、『約1年前と比べて35%増、制裁が科された今年4月からは60%増となっている。』状態だ。

 今回の制裁で、年間30億ドル(約3400億円)とされる北朝鮮の輸出収入の約4分の1となる8億ドル以上を削減を狙うよう(2016/12/1付日本経済新聞 朝刊『北朝鮮制裁、安保理が採択』)だが、何処まで制裁につながるか疑問だ。

>制裁の実効性を上げるために必要なのは国際社会、とりわけ中国が、責任ある大国として制裁決議を厳守し、「抜け道」を許さないことである。

 儲かればよいの思想だから無理だろう。
 中朝の国境に国連監視団を置かない限り、ザル制裁。

>韓国では、朴槿恵(パククネ)大統領が進退問題に直面する混乱に陥っている。

 退陣を要求する野党関係者には北朝鮮派も存在する。
 2016年10月16日付け朝鮮日報『韓国与党代表「北朝鮮と内通」、野党代表「あきれた攻勢だ」』
http://japanese.joins.com/article/687/221687.html
より。
『パク・ミョンジェ事務総長は「文元代表は単純な従北ではなく北朝鮮の言う通りにする従僕だった。こんな人が大統領になれば韓国の外交安保政策は北朝鮮の意のままになるということだ」と主張した。』(原文ママ)。『文元代表』とは、韓国の民主党の元代表。
 他に http://japanese.joins.com/article/686/221686.html

>米韓ともに政権が代わる過渡期をねらって、北朝鮮が挑発を強める可能性もある。

 対話の前の挨拶代わり。
 その繰り返しだ。


>連携を強めてこそ北朝鮮との対話を始める環境が整う。その現実を改めて確認したい。

 社説では、日本の独自制裁について記載がない。
 朝日としては反対なのだろう。

 日本政府は、独自の制裁強化(資産凍結対象拡大、従来の43団体・40個人から54団体・58個人に)を今日にで閣議決定すべきだ。もっと対象を増やしてもよいだろう。

 制裁に対する内閣総理大臣コメント。
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/discource/20161130comment.html
より。
 『一日も早い全ての拉致被害者の帰国に向け、全力を尽くしていく。』(原文ママ)。
 この解決も望まれる。独自の制裁強化と同時に閣議決定による意思表示があってもよいだろう。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月2日 | トップページ | 2016年12月4日 »