« 2016年12月11日 | トップページ | 2016年12月14日 »

2016年12月13日の2件の投稿

2016年12月13日 (火)

2016年12月12日付け小説朝日新聞社説『小池都政 情報公開というのなら』を読んでの感想

 2016年12月12日付け小説朝日新聞社説『小池都政 情報公開というのなら』を読んでの感想。

以下感想。
>実際、豊洲新市場の土地購入をめぐる交渉記録は、これまでほぼ全面黒塗りのうえで開示されていたが、最近になって改まり、内容が明らかになった。
 
 朝日新聞も墨塗り友の会ではないか。
 
 2014.9.10zakzak『朝日、文春広告で黒塗りの次は“言葉狩り” 「犯人」を「主役」に変更』
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/print/20140910/dms1409101700012-c.htm
 墨塗り以外に表現の変更もあった朝日新聞。それが広告主との合意の上の変更なのかは不明。1紙だけ表現の変更は、読者からは気づかない墨塗りに相当すると言えよう。

 2014.09.20付けポストセブン『週刊誌広告を墨塗りする朝日新聞に望むこと 30年読者の提案』
http://www.news-postseven.com/archives/20140920_277295.html


>国際オリンピック委員会などとの協議が決まった際、小池氏は「見える形での議論を」と話していた。だが非公開で進み、結局、氏は宮城・長沼での開催案を自ら取りさげた。 

 2016年10月18日付け朝日新聞『ボート、韓国開催も検討 I O C 、現計画で困難なら』の報道をした朝日新聞。
 結果、朝日新聞の大好きな韓国が無視されてしまったので、その過程を公開して欲しいのだろう。 

 しかし、実態は.....?
 2016.10.18付け産経新聞『【東京五輪】バッハIOC会長、ボート韓国開催の可能性「うわさにはコメントしない」』
http://www.sankei.com/sports/print/161018/spo1610180017-c.html
 アノニマスポスト【東京五輪】IOCバッハ会長が来日「ボートなどの韓国開催?うわさにはコメントしない」~ネットの反応「やはり朝日新聞のデマだったか」「自分たちの願望や妄想を記事にするの 止めて欲しいよね」
https://twitter.com/anonymous201504/status/788260607136935936
 
  

>自身が批判する「都政のブラックボックス化」そのものだ。

 朝日新聞はそれ以上にブラックボックスではないのか。


>都合のいいことを、都合のいい時にだけ説明しても、説明責任を果たしたとはいえない。
 
 『都合のいいことを、都合のいい時にだけ説明しても』の部分は、朝日社説そのものではないのか?

 
>都民に対しても、開催を期待した宮城県民に対しても、氏の態度は不誠実というほかない。

 朝日新聞としての世論調査結果があるのだろうか?
 『不誠実』のレッテルを貼りたいだけと思われても仕方あるまい。

 NHK世論調査・東京五輪パラ・海の森水上競技場整備など「評価する」63%
http://p.jcc.jp/sp/jiken/71752/
 都内、宮城県内に限った調査ではないが(と思う)、評価するは63%だ。
 不誠実と感じている人は、少ないのではないのか?


>都に情報公開を請求すると、まず文書の閲覧だけで1枚10円が徴収され、さらに1枚20円と割高なコピー代がかかる。

 都の料金はここに掲載。
http://www.johokokai.metro.tokyo.jp/MADO/09.htm

 例えば、群馬。閲覧は無料だが、コピーは有料で10円。
http://www.pref.gunma.jp/07/c0110007.html

 『開示請求は、法令で強制される性質のものではなく、基本的には開示請求者の自由意思に基づいて任意に行われるものであるから、制度を利用する者としない者との公平性の観点から、制度の利用者の負担に帰すものとして手数料が設けられている。』(総務省 開示の実施の方法、手数料 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/gyoukan/kanri/jyohokokai/pdf/050329_04_d.pdf より)

 都は割高かも知れないが、無料でなんでも構わず全コピー可能レベルでは、問題なのは明らか。
 その負担は、全て都民、あるいは県民となる。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日付け小説朝日新聞社説『教育機会法 不登校対策で終わるな』を読んでの感想

 2016年12月12日付け小説朝日新聞社説『教育機会法 不登校対策で終わるな』を読んでの感想。

以下感想。
 多様な教育機会確保法案。
 法律の全文(義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案)
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g19001034.htm

 
【多様な教育機会確保法案】に関する論点別の解説ー10の疑問に答える
http://aejapan.org/wp/%E3%80%90%E5%A4%9A%E6%A7%98%E3%81%AA%E6%95%99%E8%82%B2%E6%A9%9F%E4%BC%9A%E7%A2%BA%E4%BF%9D%E6%B3%95%E6%A1%88%E3%80%91%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E8%AB%96%E7%82%B9%E5%88%A5%E3%81%AE%E8%A7%A3/ 
http://freeschoolnetwork.jp/wptest/wp-content/uploads/2015/09/kitaakito_rontenkaisetsu_20150905.pdf
(PDFは、法案成立前のもの)
なども、多様な教育機会を知るうえで参考になる。


>フリースクールをはじめ、学校の枠にしばられない多様な学びを正式な制度として親や子が選びとる道は、結局認められなかった。残念な結果である。

 多様アリキなら最初からフリースクールを選択する場合もあろう。
 もしそうなれば、教育制度、特に財政の面で崩壊だ。それが狙いの朝日新聞なのだろう。

 特別な場ばかり設けることが、正しいと言わんばかりの主張にも疑問だ。


>ところが「不登校を助長する」などと自民党内から異論が出て、骨抜きになった。

 この話は、2016年3月ころの話。蒸し返すのが好きな朝日新聞。
 2016年3月14日付け毎日新聞『フリースクール容認断念…慎重論多く』
http://mainichi.jp/articles/20160315/k00/00m/040/027000c

 実社会で生きていくためには、集団教育が必要だ。『フリースクールや自宅での学習を前提』では学ぶべきものが学べない。


>かわりに法律に盛りこまれたのは、学校復帰を指導する自治体の「教育支援センター」や特別編成のカリキュラムの「不登校特例校」の整備など、現に行われている施策ばかりだ。

 『フリースクールや自宅での学習を前提』では、排除された者の一方的な行先になり兼ねない。
 イジメで、学校側の子供の捨て場となっては、学校側の対応放棄を助長しかねない。 
 また、障がいがあっても一般的な集団が生活ができる状態が望ましいだろう。

>単なる不登校対策法といっていい。いまの制度や対策に限界があるからこそ、新規の立法をめざしたのではなかったか。

 新規の立法と言うより、特例法ではないのか。


>法律は、学校以外の場で行う「多様で適切な学習活動」の重要性を認め、つらいときは学校を休んでもよいと「休養の必要性」を明記した。

 それ故に、不登校の子供を法律で区別し、子供を追い詰めるの指摘もある。
 しかし、この多様な視点からの記述は朝日社説にはない。都合が悪いのだろう。


>今回の法律制定で終わらせるのではなく、学校以外の学びをどこまで認め、それを公教育の中にどう位置づけるか、引き続き議論を深めねばならない。

 利権の臭いを感じ取り、ピンハネなど金儲け主義の断端の参入も懸念される。
 

>外国では、芸術の要素を採り入れたシュタイナー教育や、生徒らがルールをつくり、何を学ぶかを自主的に決めるサドベリー教育などが認知されている。そうした場から生まれる多様な価値観は、柔軟でたくましい社会を生む効果をあわせもつ。
 
 カタカナならよいってことはない。
 シュタイナー教育.....テレビ禁止、文字数字禁止、自然食のみで育てて服は無地での極端なものもあり。言い換えれば、多少性を受けられない教育。
 サドベリー教育.....独自ルールのあるグループ内での教育。言い換えれば、協調性もなく他を排除になりかねない。

 これも朝日新聞の大好きな多様性だな。
 しかし、受け入れる側となる一般社会は、多様性のない人物を受け入れることになりかねない。
 多様性のない人物を育てる可能性のある教育の場を増やすことは、果たして多様性と言ってよいものか疑問だ。
 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月11日 | トップページ | 2016年12月14日 »