« 2016年12月13日 | トップページ | 2016年12月15日 »

2016年12月14日の2件の投稿

2016年12月14日 (水)

2016年12月14日付け小説朝日新聞社説『休眠預金活用 透明性と工夫を大切に』を読んでの感想

 2016年12月14日付け小説朝日新聞社説『休眠預金活用 透明性と工夫を大切に』を読んでの感想。

以下感想。
>休眠預金は、預金者の要求で払い戻される分を除いても毎年500億〜600億円ほど生まれ、金融機関の収益になっている。 

 視点の方向を変える。
 多くの金融機関は、休眠預金(休眠口座)の扱いになっても、預金者からの請求があれば受け付ける。

 収益?、銀行側から見れば、会計上、預金はいずれ返さなくてはならない負債という位置づけ。
 更に休眠預金にさせない為の努力(ダイレクトメールなど)の管理コストは、『休眠預金は年間1300万口座発生しているといわれており、封書で通知を出す郵送費だけでも10億円以上、維持管理に必要な年間コストを一口座当たり1000円とすれば130億円にのぼる。』指摘もある。
(2012.7.12付けプレジデント『休眠預金 −銀行の負債が雑益に転換する仕組み』http://president.jp/articles/-/6661 を参考)


>NPOなど民間団体には、寄付や補助金の使い方がずさんな例が散見される。責任と能力がより重く問われる。

 NPOなど民間団体には、法的に上場企業以上のIR情報のネット開示を義務付けるべき。
 税法上の優遇がある以上、このようなことは当然である。
 法がなくとも自主的にネット開示を行うくらいの模範を示して欲しいものだ。


>新しい課題のため予算を出すかどうか意見が割れたり、そもそも対象者が少なかったりするテーマに休眠預金を充てるなど、予算との両輪で支援を充実させていく必要がある。

 これには反対である。
 と言うより、休眠預金をNPOなどの運営に回すことに事態に反対である。

 元々、預金は個人や団体のもの。
 それが休眠扱いになったからと言って、信条と言わないまでも考え方に反する使われ方をする可能性がある。
 使いたくないものに、勝手に金が使われる状態だ。

 利用するにしても特定の誰かや団体に回すのではなく、国庫に入れて、年金、医療保険など多くが広く浅く恩恵を受ける方向に回すのが望ましい。

 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日付け小説朝日新聞社説『情報サイト 公共性をどう守るか』を読んでの感想

 2016年12月14日付け小説朝日新聞社説『情報サイト 公共性をどう守るか』を読んでの感想。

以下感想。
>同業他社でも似たような問題が次々と明らかになっている。

 一部報道機関でも『うその内容』問題が次々と明らかになっている。
 捏造新聞でググる。
 TOP10で目立つのは、いつもの新聞社。

 今回、圏外となったが次を紹介。
 2015年4月12日ライブドア『池上彰氏解説のテレ朝番組で朝日新聞が引き起こした捏造事件を紹介』
 http://news.livedoor.com/article/detail/9997783/
 

>広く情報を扱う企業としての自覚に欠けていたというほかない。

 他人事か。


>記事に多くのキーワードを盛りこむなどしてネット検索で上位に表示される細工をする一方、

 通販サイトもその傾向あり。
 そもそも、キュレーション、通販などに限らずトップページに多くのキーワードを盛り込みまくりのサイトばかり。これは、朝日新聞など新聞社も例外ではない。
 明らかな例外は、Googleのトップページくらい。


>折しも米国でも、交流サイトのフェイスブックを通じて、大統領選に関するうそのニュースが拡散する出来事があった。選挙結果にも影響したとの指摘があり、風当たりは強い。

 原因は何処にあるのか?
 2016/12/13付日本経済新聞 朝刊付けエコノミスト訳『米極右サイト、次の狙いは欧州』より。
 『有権者の多くは「(女優で活動家の)レナ・ダナムや『ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大切だ)』(これを合言葉とする人種差別への抗議活動)、フェミニスト、共産主義者、『白人男を皆殺しにしろ』といった革新左翼たちが大嫌いだということさ」。サイトの編
集者###・#####氏はトランプ氏が米大統領選を制した後、こう述べた。』(ニュースサイトのブライトバート編集者の見解)。

 言い換えれば、革新左翼と呼ばれる人の意見が、多くの有権者自身の本音と乖離があるってことであろう。


>その意味で、キュレーションサイトをめぐる不祥事が、ネットニュース「バズフィード」やウェブライターの手で詳しく報じられ、間違いをただすことにつながったのは意義深い。

 そのバズフィードもトップページは、検索ヒット狙いなのか?多くのキーワードを盛り込みまくりだ。

 問題は、間違えを糺ししても馬の耳に念仏の一部報道機関が存在することだ。
 2016年02月17日BLOGOS『自らの「捏造報道」批判発言を、完全になかったものに捏造報道する朝日新聞〜朝日新聞の捏造報道は過去の事例ではない、現在進行形である』
http://blogos.com/article/161233/
 これは、外務審議官の発言内容から、自社に都合の悪い表現を削除の指摘の記事。

 更に『言ってないこと書いた』新聞社も存在する。
 2016.3.15 付け産経新聞『「言ってないこと書いた」原子力規制庁、朝日記事に抗議 川内原発の観測装置めぐり』(http://www.sankei.com/affairs/news/160315/afr1603150037-n1.html)。

 そして、自らの報道を無視して、そのときのご都合で批判する一部報道機関の存在。
 2012年8月5日付け朝日新聞『オバマ大統領の祖先「米国最初の奴隷」 家系図調査』 
 http://www.asahi.com/special/us_election/TKY201208010217.html
 2016.02.22付けNews U.S【これは酷い】朝日新聞系のニュースサイトが言論弾圧を実施 都合悪いコメントを一方的に削除する隠蔽工作で大炎上
 http://www.news-us.jp/article/434119408.html
 これは、自民議員の奴隷発言の件。
 過去に朝日新聞などが、『米史上最初に終身奴隷となったアフリカ系男性だという。』と掲載。ご丁寧にDNA分析、古文書の調査によって判明とまで記している。報道していたことを発言したら、問題視する異常。


>それらをつき合わせたり、出所が信頼できるサイトかどうかを調べたりして、主体的に活用
する姿勢が大切だ。

 『つき合わせ』が必須なので、そのまま読んで終わりに出来ない一部新聞社の存在。
 『言ってないこと書いた』とか『捏造』では、読み難い。

 それらに該当しなくとも、見出しと内容の不一致とか、そう書いていないがそう思わせる記事も読み難い。

※タイトルの日付誤記訂正、13日⇒14日


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月13日 | トップページ | 2016年12月15日 »