« 2016年12月29日 | トップページ | 2016年12月31日 »

2016年12月30日の2件の投稿

2016年12月30日 (金)

2016年12月30日付け小説朝日新聞社説『慰安婦合意 後戻りさせないために』を読んでの感想

 2016年12月30日付け小説朝日新聞社説『慰安婦合意 後戻りさせないために』を読んでの感想。

以下感想。
>かつて日本軍将兵たちの性の相手を強いられた元慰安婦らの気持ちをどうやって癒やすか。日韓両政府がこの問題で政治的に合意して1年が過ぎた。 

 かつて朝日新聞によって、慰安婦扱いレッテルを貼られた挺身隊の気持ちをどうやって癒すか。朝日新聞がこの問題を放置して2年以上過ぎた。
 挺身隊の言葉を使ったことで、日本国内の挺身隊の方々も慰安婦扱いのレッテルを貼られたと感じた人も少なくないだろう。
 朝日新聞には、十羽一絡げではない1人1人に対する丁寧な謝罪が求められる。

 それにしても『強いられた』は疑問だ。
 未だにこのような言葉を使う朝日新聞は、誤報の反省がないのだろう。
 隙あれば、すり替えたい本音が読み取れる。


>1年前に46人が生存していた元慰安婦のうち、これまで7割以上にあたる34人が受け取りの意思を明らかにしたという。

 弱い表現だ。
 「和解・癒やし財団」が、現金支給(約1000万円)を発表している。
(2016/12/24付日本経済新聞 朝刊『韓国財団、元慰安婦31人に支給決定』より)


>次期大統領選を意識し、合意を決断した朴政権を批判するための発言との指摘があるが、歴史問題を政争の具として使おうというのであれば、無責任な政治と言わざるをえない。

 お約束のパターンだ。
 しかし、今回は日韓だけではなく事実上日米韓での約束だ。
 

>日本政府や自民党の一部には財団に資金を出した時点で日本側は役割を終えた、との意見があるが、これも大きな誤りだ。

 これは、朝日新聞の永久に尾を引かせたい願望であろう。
 

>釜山でも、市民団体らが日本総領事館前に少女像を設置しようとして混乱している。

 進行形ではないぞ。
 2016/12/29付日本経済新聞 朝刊『新たな少女像、一時設置 市民団体が釜山に 慰安婦合意1年』より。
『道路法違反で自治体職員が撤去したが、像を取り囲んで抵抗する市民団体側ともみ合い現場は騒然とした。』、『固定はされておらず、約4時間後に撤去しトラックで運ばれたが、市民団体側の10人以上を警察が業務執行妨害で連行した。』(原文ママ)。
 4時間後には、撤去だ。

※午後6時35分追記
 進行形だった。事前情報を得るような深いつながりでもあるのか?朝日新聞。
2016.12.30『釜山市東区、日本総領事館前に慰安婦像設置を許可 31日夜に除幕式を計画』  
http://www.sankei.com/world/news/161230/wor1612300017-n1.html
 もはや、総領事館を撤収した方がよいかも。
 一部に予想がある通り、五輪のときは大変なことになりそうだ。

 
>この問題が象徴するように、日韓の心が通い合わないと根本的な解決は図れないことを、双方が改めて認識すべきである。

 葬式と火事の際の消火活動、非常時だけのお付き合いも選択肢の一つである。

 2016年9月9日付け日経ビジネス『5年前、韓国は通貨スワップを「食い逃げ」した』
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226331/090700066/
『「『慰安婦の10億円拠出合意』直後の動き」を見て下さい。日本が10億円支払うと分かった途端、韓国の国会議員団は竹島を訪問すると発表しました。裁判所も、途端に新日鉄住金など日本企業にカネを払えと判決を下しました。』(原文ママ)。
 これを偶然と言えば偶然。
 次の記載もある。
 『日本から獲れるモノを獲ったら、態度をがらりと変えるのが韓国という国です。』(原文ママ)。
 となると心を通わせるのが難しいと思わざるを得ない。
 そういえば、対馬の仏像は、2体中、1体は傷物で返還されたが1体は返還されていない。

 2012年8月12日付け朝日新聞 座標軸『大国らしからぬ振る舞い 韓国大統領の竹島入り』
より。
『李承晩大統領がかつて一方的に自国に組み入れた竹島には民間義勇守備隊に続いて沿岸警備隊を送り込み、日本の漁民を排除したり巡視船を銃撃したりした。』(原文ママ)。
 この記事に記名で、主筆 若宮啓文と記載されている。一部で韓国寄りともされる同氏の記事である。
 韓国は武力で、日本の竹島を奪う。
 (憲法9条では、領土を守れない証明でもある。)

 そして、日本が竹島を語れば発狂。本音は別にしても、ロシアは領土問題で話し合いが出来る。 
 これで、心を通わせろは無理筋だ。
 
PS
 2016年02月17日付けBLOGOS『自らの「捏造報道」批判発言を、完全になかったものに捏造報道する朝日新聞~朝日新聞の捏造報道は過去の事例ではない、現在進行形である』 
 http://blogos.com/article/161233/
 今、2016年12月30日現在はどうなのだろうか。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日付け小説朝日新聞社説『靖国参拝 「真珠湾」は何だったか』を読んでの感想

 2016年12月30日付け小説朝日新聞社説『靖国参拝 「真珠湾」は何だったか』を読んでの感想。

以下感想。
>稲田防衛相が靖国神社に参拝した。極めて残念だ。
 
 極めて残念な朝日新聞。
 多様性、寛容なし。


>だが首相をはじめ政治指導者の参拝となると、その意味は異なる。靖国には、若者たちをアジアや太平洋地域の戦場に送った側のA級戦犯が合祀(ごうし)されているからだ。

 デマしたA級戦犯。
 『されていた』などの言葉が抜けている。と言うより抜いていると解釈した方がよいだろう。

 平成十七年十月十七日提出、「戦犯」に対する認識と内閣総理大臣の靖国神社参拝に関する質問主意書
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a163021.htm
『極東国際軍事裁判に言及したサンフランシスコ講和条約第十一条ならびにそれに基づいて行われた衆参合わせ四回に及ぶ国会決議と関係諸国の対応によって、A級・B級・C級すべての「戦犯」の名誉は法的に回復されている。すなわち、「A級戦犯」と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではないのであって、戦争犯罪人が合祀されていることを理由に内閣総理大臣の靖国神社参拝に反対する論理はすでに破綻していると解釈できる。
 極東国際軍事裁判で「A級戦犯」として裁かれた人々の法的地位を誤認し、また社会的誤解を放置しているとすれば、それは「A級戦犯」とされた人々の人権侵害であると同時に、内閣総理大臣の靖国神社参拝に対する合理的な判断を妨げるものとなる。』(原文ママ)
 この質問者は、野田佳彦氏。現在の民進党の幹事長である。
 『「A級戦犯」と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではないのであって、』の解釈もあるのだ。
 そもそも、その解釈の前提は、4回の国会決議だ。


>中国、韓国、さらには欧米など国際社会にも、日本がかつての戦争責任から目を背けようとしているとの疑いを広げかねない。

 文意は、願望を中韓だけではなく、欧米にも広める為の努力を継続したいってところであろう。
 
 捏造新聞でググる。
 日本語のホームページが数億あるとされる中で、選ばれしTOP10は、あの新聞が今回もほぼ独占状態だ。 
 日本語以外でも、そんな時代がくる可能性がある。


>A級戦犯が罪を問われた東京裁判には、勝者による裁きという批判もある。それでも、日本はこの裁判を受け入れ、平和国家としての一歩を踏み出したことを忘れてはならない

 サンフランシスコ講和条約第11条の解釈は両論がある。
 しかし、日本の国会の決議について、その名誉は法的に回復されている。
 民意で選ばれた国会議員による決議の存在を、無いかのように無視を続けることは余りに非民主的である。


>首相が重用し続けている稲田氏の言動は、個人の行為にとどまらず、政権の意思と受け止められかねない。首相のこれまでの積み重ねを傷つけ、その真意に再び疑念を広げるだろう。

 想像による願望。
 

>稲田氏の参拝について首相はコメントを避けた。だがアジアを含む国際社会と真の意味での「和解」をめざすなら、稲田氏の参拝を放置してはならない。

 このような朝日新聞の主張を放置してはならない。
 靖国は宗教施設。玉串料は私費、一国民として参拝。おじが訓練中に亡くなり靖国に合祀。

 昭和十七年四月二十五日付け朝日新聞社説『靖国神社に行幸啓』(毎日ワンズ、朝日新聞「戟時社説を読む)より。
『靖国神社こそは護国の忠魂を永世に追慕する崇敬の的であると同時に日本国民一人一人の魂の故郷であるのである。』(原文ママ)と記していた朝日新聞。

 日本国民一人一人の魂の故郷で煽った主張は、真逆の主張の煽りに変わった。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月29日 | トップページ | 2016年12月31日 »