« 2017年1月19日 | トップページ | 2017年1月21日 »

2017年1月20日の3件の投稿

2017年1月20日 (金)

2017年1月18日付け日経新聞『キムチ丼、具材とかき混ぜ一気に』を読んでの感想

 2017年1月18日付け日経新聞『キムチ丼、具材とかき混ぜ一気に』を読んでの感想。

以下感想。
>キムチは、日本人が最も食べている漬物である。日本でつくられている漬物の国内生産量は77万トン、そのうちキムチは25%の20万トン生産されていて、次が浅漬けの11万トン、タクアン漬に至っては5万トンである。 

 全日本漬物協同組合連合会『漬物の生産量・出荷金額の推移』
https://www.alic.go.jp/content/000084721.pdf
とは違う統計のようだ。

 それは別にしても、日経記事の生産量は、工業生産によるもののみであろう。統計に自家漬けは含まれていない。更に生産量には輸出も含まれるだろう。よって、生産量=摂取量とは言えない。

 うちはほぼ100%自家漬け。
 糠漬けが恐らく9割以上、他に塩漬け。
 こんなうちも珍しいだろうが。


 キムチは、外食でも殆ど食べない。
 理由は、辛みが強いので舌バカになる恐れがあるから。
 舌バカ要請食品と言えば、マックバーガーなども食べない。あれは数年に一度、定点観測的に変わらぬ不味さの確認の為に食べる程度だ。
 ただ、同じ「舌バカ」でも意味が違って、キムチに限らず唐辛子などに含まれている“カプサイシン”などでの辛いものは、下の味蕾の破壊の恐れがある。
http://macaro-ni.jp/24946#heading-116045
 
 農水省のHP
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/capsaicin/syousai/#no3
にカプサイシンに関連した健康影響の記載がある。
『ヒトがトウガラシやその加工品のカプサイシンを過剰に摂取することによる症状は、流涙症や鼻液漏、排尿障害、胃食道逆流症などです。なお、子どもや感受性の強い人では、粘膜炎症や吐き気、嘔吐、高血圧などの症状が報告されています。』(原文ママ)。
 あくまで、過剰に摂取であるが。

  
 キムチには、辛くないものもあるだろうが、それでもニンニク臭が残る。出かけない日なら食べてもよいかも知れないが、辛くない甘いキムチ、ニンニク臭のないキムチは、もはやキムチと言えないだろう。敢えて、食べる理由もなし。
 日本人には、糠漬けだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月20日付け小説朝日新聞社説『列島と雪害 不慣れな地域も警戒を』を読んでの感想

 2017年1月20日付け小説朝日新聞社説『列島と雪害 不慣れな地域も警戒を』を読んでの感想。

以下感想。
>地球温暖化で雪が減る傾向にある一方で、屋根の雪下ろし中の転落等で100人近くが毎年のように亡くなっている。

 全体像が見えにくい記載。  
 日本では、国土の半分以上が豪雪地帯に指定されており、約2,000万人もの人々が豪雪地帯で生活を営んでいる(官邸HP http://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/setsugai.html より)。

 雪害による被害としては、国交省の豪雪地帯の現状と対策、平成24年1月25日(水)付け
http://www.mlit.go.jp/common/000189562.pdf
の雪害による死傷者数の推移によれば、『S56年以降でみると、「平成18年豪雪」(H17年度)の死者数が最も多く152人であり、平均すると年間約40人の死者数となっている。』(原文ママ)。
 
 ここ数年で、年間約40人の平均が、100人に増えるとは思えないが.....

 消防庁HP 今冬の雪による被害状況等(〜平成28年3月31日)
http://www.fdma.go.jp/bn/%E4%BB%8A%E5%86%AC%E3%81%AE%E9%9B%AA%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E7%8A%B6%E6%B3%81%E7%AD%89%EF%BC%88%EF%BD%9E%E5%B9%B3%E6%88%9028%E5%B9%B43%E6%9C%8831%E6%97%A5%EF%BC%89.pdf
 上記は、昨シーズンの統計。
 この資料によれば、屋根の雪下ろし等、除雪作業中の死者 23人。
 この数値は、官邸HPの
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/setsugai.html
でも使われている。

>大丈夫と思って車で出かけ、立ち往生すると、除雪作業の妨げにもなる。できるだけ車は控え、やむなく運転する場合もスタッドレスタイヤやチェーンを早めに装着する必要がある。
 
 1つ1つが遠い北海道ではどうする?
 2013.03.07『北海道・暴風雪から娘を守るため10時間抱き続けた父の最期』
http://www.news-postseven.com/archives/20130307_175319.html
を思い出す。
 昼までの春らしい陽気が一変し、大雪が降って。運転を控えとか早めとかではどうにもならない場合もある。


>国土交通省は、立ち往生の原因をつくった車にペナルティーを科すことを検討中だ。ただ、それだけで解決する問題ではない。路面状況の情報をこまめに発表し、迅速な道路規制にもあわせて力を入れてほしい。

 これは、朝日新聞的ではないとも言える。
 『立ち往生の原因をつくった車にペナルティーを科す』は委縮するとか。
 あるいは、憲法改正、緊急事態条項の布石だ〜と主張するべきであろう。


 以前も記したが、緊急事態条項については、衆議院憲法審査会事務局がまとめた
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kenpou.nsf/html/kenpou/shukenshi087.pdf/$File/shukenshi087.pdf
がある。
 このPDF13ページ(9ページ)、非常事態に対処するため何らかの措置が必要であるか?については、全委員一致して必要と考えている。憲法改正か、改正不要については、改正論者が多数、改正不要は少数意見と記されている。
 PDF38ページ(34ページ)の表8に、各国の憲法における緊急事態規定が記されている。
 イタリア、ドイツ、フランス、韓国、ブルガリア、ロシア、ポーランドには、何らかの緊急事態規定がある。
 アメリカは、大統領権限が強く、『平時であると緊急時であるとを問わず、国家の存立を保持するために必要なあらゆる権限を付与されていると考えられており』(原文ママ)で憲法上は『侵略等の場合の人身保護令状の停止(1条9 節2項)や、非常時の大統領による議会招集(2条3 節)を定めるのみ』(原文ママ)。
 イギリスは、日本のような一塊の憲法は存在しない。故に緊急事態条項もない。平時に違法でも暫定OKが認められる。2004年民間緊急事態法では、国王が緊急事態を宣言となっている。首相ではない国王だ。

 憲法における緊急事態規定がない日本。ガラパゴス的であることが分かる。
 緊急事態規定の声が強まれば、『憲法を生かす』とかご都合主義の憲法学者が、複数の条文を自由自在に組わせ捻り出すかも知れない(既にあるかも)。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月20日付け小説朝日新聞社説『駅の転落事故 欄干を社会でつくろう』を読んでの感想

 2017年1月20日付け小説朝日新聞社説『駅の転落事故 欄干を社会でつくろう』を読んでの感想。

以下感想。
>ホームドアがない駅では、人の目が何よりの「欄干」である
 
 人を『欄干』扱いか。
 『丸太』扱いになる日があるかも。


>鉄道各社は合理化に力を注ぎ、駅員は自動改札機の普及とともに急速に削減されてきた。1日平均12万人弱が利用する蕨駅でも、ホーム上に駅員が立つのは平日朝だけだという。

 言い換えれば、12万人が人を雇うことになる。
 増やしても、必要な時間のみ外部委託。

 
>駅は、日々移動する私たちの生活に欠かせない場所だ。ハンディがある人でも安全に利用できる環境を整えることは、鉄道側の責務である。

 しかし、損益分岐点を度外視しては、鉄道の維持そのものに影響が出る。
 バスなどへの代替に至っては、沿線が疲弊の道に入る可能性も高まる、  


>点字ブロックや、人の転落を感知する線路上の装置、監視カメラの設置など、命を守れる態勢があるかを鉄道各社は確かめるべきだ。それが不十分なままの無人化には反対だ。

 損益分岐点無視。
 人に損益分岐点無視を押し付けるなら、自らもを損益分岐点を無視した模範が必要だ。

 毎日新聞『点字毎日』
http://www.mainichi.co.jp/corporate/tenji.html
 『損得を度外視』の記載がある。
 『「点字毎日」は、毎週日曜付。A4判60ページ。1年2万円、半年1万円(非課税、送料無料)』(原文ママ)。
 朝日新聞は、毎週日曜ではなく、毎日発行、無料で誠意ある模範を示すべき。


>転落を見たらすぐ非常ボタンを押す。「歩きスマホ」や、点字ブロックをふさぐ荷物も、視覚障害者がぶつかればたいへん危険だ。

 『点字ブロックをふさぐ荷物』だけ?『『点字ブロックをふさぐ人』はいいのか?
 朝日新聞が応援しているように感じられた政治団体シールズ(学生団体と報道されることが多かったが、政治団体 名称「SEALDs」(所在地:東京都新宿区矢来町106−205、設立届届出日:H27.10.23)で登録 http://www.soumu.go.jp/main_content/000068055.pdf)。
 そのシールズが、国会周辺の座り込みデモで点字ブロックをふさいでいたことは記憶に新しい。
 netgeek記事
http://netgeek.biz/archives/47170
 弁護士ドットコムニュース
https://www.bengo4.com/internet/n_3601/


 シールズについては、
法務省のHP、平成27年の国内情勢
http://www.moj.go.jp/content/001177477.pdf
のオウムの次ぎの2番手で名が登場している。
(この資料の原典は、公安調査庁の平成28年(2016年)1月 内外情勢の回顧と展望 http://www.moj.go.jp/content/001177471.pdf)
 公安が興味を持つ団体であった。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月19日 | トップページ | 2017年1月21日 »