« 2017年3月24日 | トップページ | 2017年3月26日 »

2017年3月25日の2件の投稿

2017年3月25日 (土)

2017年3月25日付け小説朝日新聞社説『「道徳」の検定 教科化で窮屈になった』を読んでの感想/道徳を学ぶべき朝日

 2017年3月25日付け小説朝日新聞社説『「道徳」の検定 教科化で窮屈になった』を読んでの感想。

以下感想。
 2017年3月10日付け朝日新聞社説『教育勅語肯定 稲田大臣の資質を問う』では、『いざという時には天皇に命を捧げよ――。それこそが教育勅語の「核」にほかならない。』などと記し、教育勅語を全否定するような扱いであった。
 全否定とは、12の徳目(ウィキペディアより)、親に孝養をつくしましょう(孝行)、兄弟・姉妹は仲良くしましょう(友愛)、夫婦はいつも仲むつまじくしましょう(夫婦の和)、友だちはお互いに信じあって付き合いましょう(朋友の信)
自分の言動をつつしみましょう(謙遜)、広く全ての人に愛の手をさしのべましょう(博愛)、勉学に励み職業を身につけましょう(修業習学)、知識を養い才能を伸ばしましょう(知能啓発)、人格の向上につとめましょう(徳器成就)、広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう(公益世務)、法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう(遵法)、正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう(義勇)を否定することにつながり兼ねない。

 これらを否定する社説傀儡一味が、『「道徳」の検定 教科化で窮屈になった』の主張だ。
 親に暴力、兄弟に暴力、夫婦は常時ケンカ、友達は信じるな、相手を罵れ、人を助けるな、勉学・仕事はちゃらんぽらんetcってところだろう。


>指導要領は道徳科の内容として、「正直、誠実」「節度、節制」「礼儀」「感謝」など22の徳目を定めている。他の教科と違い、これらに客観的・科学的根拠があるわけではない。だが指導要領に書かれている以上、教科書はすべてを網羅しなければならない。

 科学的根拠がない?
 ならば、嘘・不誠実、無節操、無礼、怨嗟がいいってことになりかねない。
 

>例えば、指導要領は「感謝」の対象として高齢者を挙げる。このため元の教科書にあった地域の「おじさん」への感謝は、「おじいさん」に書き換えられた。

 より高い年齢の方への感謝の意味が込められているのだろう。
 そう解釈するのも道徳の一つだ。


>町探検で出合った「アスレチック」は、「伝統と文化の尊重」を理由に、「こととしゃみせん」の店に変更された。

 余りに唐突で前後関係不明。
 しかし、「こととしゃみせん」で悪い理由はない。
 イマドキ珍しいものの方が、新たな発見で町の探検の結果に近いとも言える。
 
 一部を取り上げ問題視して、道徳教育を全否定パターン。
 これは、朝日の十八番手法だ。
 朝日を参考にしていると思える民進党もこのパターン。


>「考え、議論する道徳」の最初の教科書が、こんなに窮屈な検定姿勢から生まれるとは皮肉以外の何物でもない。

 仮に、一部の人に窮屈であったとしても、「考え、議論する」する結果が既に出ている。
 結果とは、この朝日新聞社説もその一つであることは言うまでもない。


>朝日新聞の社説は「道徳の教科化」に疑念を投げかけてきたが、その思いは深まるばかりだ。

 教育勅語の12の徳目すら否定するように見える社説傀儡一味だから、疑念を主張するのは当然であろう。
 「正直、誠実」より、「嘘、不誠実」がよいのだろう。
 『日本を代表するフェイク新聞』でググると。
 『捏造新聞』でググると。


>文科省が決めた徳目の枠内に、そもそも収まるはずがない。

 そもそも収めるのが目的ではない。
 基本だ。
  
 例えば、教育勅語の友だちはお互いに信じあって付き合いましょう(朋友の信)
、自分の言動をつつしみましょう(謙遜)、広く全ての人に愛の手をさしのべましょう(博愛)が不十分だから、学校からイジメがなくならないのではないのか?
 科学的な証明は難しいことは認める。
 但し、友達を信じず、罵り、助けないでは結果は自明。

 否定するなら、朝日新聞社内で1年程度実験してみるとよいだろう。


>教員には教科書を使う義務があるが、文科省も独自の教材の使用まで禁じてはいない。

 また、何か企んでいると思わざるを得ない。

 2014年12月6日付け産経新聞『朝日新聞教材「知る沖縄戦」の強姦記述「不適切」 大阪・松原の小学校が回収…有識者は「偏向」批判』
http://www.sankei.com/west/print/141206/wst1412060032-c.html
によれば、保護者が『「殺人や性的暴行など悲惨な話ばかりで子供が疑問を持った。一方的な歴史観に基づく教材で、授業で使うのはおかしい」と学校側に抗議した』ようだ。更に市教委は『「アメリカの捕虜になると男は股裂きに、女は強姦されると信じていたため、誰も応じなかった」』の記述を問題視して回収。
 
 朝日新聞の主張に沿う道徳の補助教材を作るのではないのか?


>教育委員会や学校長には、現場の意向を最大限尊重し、工夫の余地を確保してもらいたい。

 つまり、朝日新聞の主張に沿う道徳の補助教材が入り込む余地を残して欲しいってことであろう。


>考え、議論する力を本気で育てたいのなら、成長段階に応じて、教科書の内容そのものを疑い、批判的に読む授業も認めるべきだろう。

 教科書否定か?
 応用を提案には疑問だ。成長段階?曖昧そのもの。教員の恣意的な判断、基本が不十分な段階で応用に走りそうだ。
 基本があって応用がある。先ずは基本をしっかり学ぶべき。

 その上で、もし、応用を学ぶなら、
 2016.3.15付け産経『「言ってないこと書いた」原子力規制庁、朝日記事に抗議 川内原発の観測装置めぐり』
http://www.sankei.com/affairs/news/160315/afr1603150037-n1.html
のように『言ってないこと書いた』ような記事を取り上げる、
 あるいは、
2016.4.11付けgendai『発行部数を「水増し」してきた朝日新聞、激震! 業界「最大のタブー」についに公取のメスが入った』
 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48396?page=2
より『ところが、現在、朝日新聞系統の複数の販売店関係者によると、同紙の約3割が押し紙だという。』、発行部数を水増しして金儲けする、

 のような道徳がないから不誠実な記事、道徳がないから押し紙する。そんな不道徳な新聞社が存在ることを学ぶのもよいだろう。


※午後追記
 道徳の教科化は、2011年の大津市いじめ自殺事件などから、政府の教育再生実行会議が提言。
 減らない(減らそうとしない?)いじめを教科化で、1件でも減らすことができればよい。
 教科書の内容そのものを疑っては、これはじめではないと言い張る子供を増やすことになりかねない。
 今日の社説には、導入の経緯の記載がないだけではなく、いじめのいの字もない。


※2017年4月2日追記
 2017.4.2付けZAKZAK『「パン屋」がなぜ「和菓子屋」に? 小学道徳教科書に広まる誤解…背景に他教科と異なる検定方法』
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/print/20170402/dms1704021000009-c.htm
より。
『ただ、修正は教科書会社の判断に委ねられており、文科省が具体的に指示したわけではない。誤解の背景に何があったのか。』(原文ママ)。
 知っていながら誤解を与えるように伝える。そんな行為は罪深い。
 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日付け小説朝日新聞社説『森友学園問題 説得力ない首相の説明』を読んでの感想

 2017年3月25日付け小説朝日新聞社説『森友学園問題 説得力ない首相の説明』を読んでの感想。

以下感想。
 いつも説得力のない朝日新聞の社説。狭い内輪で盛り上がっているからであろう。

>その後、首相夫人付職員は次のファクスを籠池氏に送った。

 2017.03.23付けPAGE『【資料】内閣総理大臣夫人付・谷査恵子氏から籠池泰典氏へのファクス返信』
 https://thepage.jp/detail/20170323-00000011-wordleaf
にFAXのコピー全文(全2ページ)が掲載されている。コピーの右上には1/2、2/2の記載もある。

 
>「財務省本省に問い合わせ、国有財産審理室長から回答を得ました」「なお、本件は昭恵夫人にもすでに報告させていただいております」「工事費の立て替え払いの予算化について(略)平成28年度での予算措置を行う方向で調整中」と、政府予算に言及した部分もある。

 十八番の主張に都合のよい部分だけを切り出している。
 PAGEより。『大変恐縮ながら、国側の事情もあり、現状ではご希望に沿うことはできないようでございますが、引き続き、当方としても見守ってまいりたいと思いますので、何かございましたらご教示ください。』(原文ママ)。
 「何もできません」と取れる記載もある。
 
 また、4つの問い合わせに対する回答もある。
『他の案件と照らし合わせても、これ以上の長期定借は難しい状況。』、『対象を学校等に拡大することは現在検討されていない。』、『撤去に要した費用は、第6条に基づいて買受の際に考慮される。』、『「予算措置がつき次第返金する」旨の了解であったと承知している。』。
 ここでも「何もできません」と取れる内容だ。


>しかし、国家公務員である首相夫人付の職員が、昭恵氏の了解もなく一学校法人の要望を官庁に取り次ぐものだろうか。

 FAXの回答は、内部資料の「よくあるお問合せ」の回答を利用したように思える。
 定型文の切り貼りだ。


>だが首相夫人付からの問い合わせは、官庁に政治的な影響力を持ちうる。

 それが問題なら、今後、首相夫人、あるいはその家族は、いかなる活動もするなと言うことになる。
 講演などの下調べで、あれって何だっけ?をお付きに聞く、お付きが何れかの省へ問い合わせする、圧力扱いになりかねない。
 あるは100%ウソの記事が掲載され、本人ないしお付きが問い合わせを行う。これも圧力扱いになりかねない。
 
 ご都合判断で決まることは、許されるべきものではない。

 
>だが、自分の主張を一方的に述べるフェイスブックでの説明だけで、首相夫人という公的存在としての説明責任を果たしたとは到底、言えない。
 
 議論が割れる中、公的扱い。
 そもそも、朝日新聞の目的は、何を説明しようが政権転覆から安倍首相を辞任させるのが目的ではないのか?日頃の社説からはそう思える。
 

>籠池氏は、虚偽を述べれば偽証罪に問われる証人喚問で証言した。昭恵氏も自ら国会で説明すべきである。

 偽証罪でも、3カ月以上10年以下の懲役だ。それでも、本人ないし家族などに何らかのメリットがあれば、意図的に偽証をする可能性は否定できない。

 3月16日、参院予算委員会で与野党が現地訪問した。
 その際、野合4党の4議員だけが籠池宅に招かれている。これは、民進党のHP
https://www.minshin.or.jp/article/111222
に掲載されている。そして、時間にして『1時間余り』の記載もある。
 この場で、裏取引があったのではないか?と疑われる。

 野合4党の4議員は、潔白を証明する為にも、進んで証人喚問を受けるべきであろう。

 証人喚問と言えば次も重要だ。
 2017年3月号 DEEP [新聞業界に激震!]『朝日新聞に「独禁法違反」告発』
https://facta.co.jp/article/201703046.html
より。『渡辺雅隆社長ら同社幹部の国会証人喚問を求めるとともに、立法により押し紙を規制すべきだと提言している。』(原文ママ)。
 内部告発である。
 朝日新聞経営陣は、自らの潔白を晴らすために、自主的に国会証人喚問を求めるか?せめて公の場で説明責任を果たすべきである。

 3月末には一部の企業で、株主総会が行われる。
 総会の席では、例え100株(1単位)保有の個人株主でも質問の機会が与えられる。
 今の状態では、不当な広告料金の支払いで株主利益に影響を与えたのではないのか?と名指しで質問する株主が登場するかも知れない。
 悪い風評が広がらない為にも丁寧な説明が必要であろう。


 March 25 , 2017付け朝日新聞GLOBE『[Part1] 華やかさゆえに追及も。戦略は生まれるか』
http://globe.asahi.com/feature/100524/02_1.html
より。
『私設秘書の芳賀大輔は、これまで鳩山事務所として幸の戦略まで手が回らなかったと認めたうえで、こう話す。「メディアへの露出は慎重にしないと、ちゃかされて、誤解されて、捨てられてしまう。もう少し落ち着いたら、夫人を官邸の戦略にきちんと位置付けて、パッケージとして発信する方法はあると思う」』(原文ママ)。
 『ちゃかされて、誤解されて、捨てられてしまう』。今はまさにそんな雰囲気だ。

※午後追記
 http://netgeek.biz/archives/94208
 この国会議員も要証人喚問。
 やっていない証明を証人喚問の場で。 

※午後追記その2
 2017.3.25付け産経『【産経抄】あいまいな「関与」という言葉を独り歩きさせる朝日新聞、印象操作に気をつけたい 3月25日』
http://www.sankei.com/column/news/170325/clm1703250003-n1.html
より。『他紙はと見ると、毎日、日経、東京の各紙がそろって問い合わせを意味する「照会」との表現を使っていた。社説でも「昭恵氏が、国有地払い下げに関与したことを疑わせる」「何らかの動きをしていたなら、一定の関与をしていたことになる」と書いた朝日の念の入れようは突出している。』(原文ママ)。
 何とも朝日らしい。角度を付けた表現。
 権力の監視ではなく、冤罪製造新聞になりかねない。
 一部野党の振る舞いも同様だ。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月24日 | トップページ | 2017年3月26日 »