« 2017年4月26日 | トップページ | 2017年4月28日 »

2017年4月27日の1件の投稿

2017年4月27日 (木)

2017年4月27日付け小説朝日新聞社説『今村復興相の辞任 おごる政権、見過ごせぬ』を読んでの感想

 2017年4月27日付け小説朝日新聞社説『今村復興相の辞任 おごる政権、見過ごせぬ』を読んでの感想。

以下感想
>「まだ東北で、あっちの方だったから良かった」。東日本大震災をめぐり、こう語った今村雅弘復興相が辞任した。

 都合の良いところ切り取り、主張を展開する。
 おごる朝日など多くのマスコミ。

 二階派パーティーで講演のノーカット版とされる動画は
 https://twitter.com/i/web/status/857050730808483841
から見れる。全20分。
 パーティーと言ってもプロジェクタを使った復興の説明の中で発言である。先ずは1分目から2分目の間だけでも聞くべきである。同氏の公演の内容は、勉強会である。


>関連死を含め2万2千人近い犠牲者が出た現実が目に入っているとは思えない暴言である。辞任は当然だ。

 同氏の講演での発言、プロジェクタが目に入っているとは思えない暴言をする朝日新聞。

 マグネチュード9.0、津波9m、湾奥20~30m、死者15893人、行方不明2585人etc。動画に記録されている。

 2017/4/26付日本経済新聞 朝刊『今村復興相の発言』より。
『25日の講演で みなさまのおかげで東日本大震災の復興も着々と進んでいる。M9.0。日本観測史上、最大だ。津波も高く、死者1万5893人。一瞬にして命を失った。社会資本の毀損等もいろんな勘定のしかたもあるが25兆円だ。』(原文ママ)。
 日経記事では、このように記されているが、要約とか一部の記載がない点は残念。 


>今村氏の暴言は初めてではない。今月初めには原発事故の自主避難者が故郷に戻れないことを「本人の責任」とし、行政の対応に不服なら「裁判でも何でもやればいい」と述べた。

 被災三県に該当しない東京などから避難した人もいる。
 全ての自主避難者まで責任を国が持てには疑問である。


>「ボケ、土人が」と沖縄県で警察官が市民に言った問題で、鶴保庸介沖縄相は「『土人である』と言うことが差別であると断じることは到底できない」と繰り返し、取り消していない。

 2016.10.20産経『2016【政論】反対派の機動隊員に対する罵詈雑言を聞いたことがあるか? 「土人」発言招いた沖縄の異常空間』
http://www.sankei.com/politics/news/161020/plt1610200026-n1.html
『ある沖縄県警の機動隊員は反対派の活動家から「おまえの子供を学校に通わせなくしてやる」「八つ裂きにしてやる」と言われたと明かす。休日に家族と買い物をしていると、出くわした反対派から「こんなところで何をやっているんだ」と難癖をつけられたこともあるという。』(原文ママ)。
 抗議活動以前の問題がある。
 それを隠して、主張に沿うところだけを強調する朝日新聞。

>山本幸三地方創生相は観光振興をめぐり「一番のがんは文化学芸員。普通の観光マインドがまったくない。この連中を一掃しないと」と、学芸員の仕事を一方的に批判した。

 見学者に楽しんでいただく発想が学芸員にあるのか?そんな疑問は誰でもあるのではなのか?
 日本語の説明があっても文字が小さくて読めないとか、訪日客から見れば日本語の説明が十分にあっても英文では大幅に簡素化しているとか.....。
 不十分な対応は明らかである。

 それだけではない。学芸員の肩書に驕りはないのか。
 2017.4.25産経『棟方志功作品「すり替え」の謎 版画がカラーコピーに…周到さから内部犯行説も』
http://www.sankei.com/affairs/news/170425/afr1704250016-n1.html
より。
『展示中に来場者から指摘されて発覚。』、『政治家の発言で学芸員へ注目が集まる中、作品に関わった学芸員がなぜ偽物を見抜けなかったのかも問題になりそうだ。』(原文ママ)。
 しかも、発覚から公表まで約3年だ。


>一連の閣僚の発言に通底するのは、国民を上から見下ろすような視線である。

 政治家が同じ目線ばかりでは、全体を見ない判断になってしまう。
 それは、大きな問題で、それこそ情治国家になりかねない。


>「安倍1強」のもと、直ちに政権を担えそうな野党が見当たらない政治の現状を、有権者があきらめ交じりの目で眺めている。そんな姿が浮かぶ。

 野党そのものが問題である。
 隙あれば審議拒否でサボり。昨日もサボった。
 政策ではなく失言に特化したような対応では、指示も集まらないのは当然のこと。


>1980年代後半からの政治改革で、首相への権力集中が進んだことも背景にある。

 国会でやたらに首相を呼んで質問をする。
 益々、権威が上がる流れ。


>悪いのは今村氏ではなく、メディアだと言いたいのか。

 メディアも悪い。
 年中、『一行悪い所があったら『けしからん、すぐ首を取れ』』状態ではないか。
 動画を見てば、一行を切り取り都合よく扱ったことが分かる。
 今日の社説なのその典型と言えよう。


>どんな政権も長期化すれば、ネジが緩み傲慢(ごうまん)になる。それを正すには、主権者である国民が声を上げてゆくしかない。

 メディアの傲慢さに比べれば、傲慢のごの字にもならない。
 
 2017.2.21付けヤフー『トランプ「スウェーデン」発言騒動 不正確な引用はメディアの信頼揺るがす』
https://news.yahoo.co.jp/byline/yanaihitofumi/20170221-00067927/
『【解説】編集を加えた引用慣行の危険性 米国ではご法度「スウェーデンでテロ」ーー日本のメディアはトランプ大統領がそう発言したかのように一斉に報じた。しかし、米国の主要メディアのニュースサイトを調べた限り、そのような引用をした記事や見出しは見当たらなかった。いずれも「スウェーデンについての発言」などの表現で見出しをつけていた。』(原文ママ)。
『日本報道検証機構の過去5年間の調査を振り返ってみるに、日本のメディアでは「 」(引用符)をつけて人の発言を引用している形をとりながら、記者が発言の趣旨を解釈・忖度し、さざまざな手を加えてしまうことが、ほぼ常態化しているといっても過言ではない。』(原文ママ)。
 尚、この記事では朝日だけではなく毎日、読売、産経、NHKも取り上げられている。
 しかも訂正は、未だにないようだ。傲慢も言えよう。

 この報道で、最もキモかった点は、各社が同じ不正確な引用を行っている点である。
 独自に取材していればなかった筈である。

 黙っていても金が入るNHK。傲慢になるのは当然。
 そして、新聞社の残紙である。グレーゾーン金利の過払い金問題同様、広告料の過払い金。
 2017.04.27『新聞、最大のタブー「残紙」訴訟本格化で業界存亡の危機か…弁護士らが反対運動を展開』
http://biz-journal.jp/2017/04/post_18877.html
 そんな指摘が、この記事ではなされている。

 広告料の過払い金も、結局それば読者に跳ね返る。長年の慣習で当然と思っているのだろうが傲慢頭ののなせる曲解である。


 初代復興担当相は民主党議員、『知恵を出さないやつは助けない』、『更に書いたら、その社は終わりだから』で就任9日目で辞任。
 以後、トラブルに見舞われやすい職?
 復興相ならではのストレス?利権の取り合いで狙われる?などの調査報道も欲しいところだ。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月26日 | トップページ | 2017年4月28日 »