« 2017年5月18日付け小説朝日新聞社説『加計学園問題 疑問に正面から答えよ』を読んでの感想 | トップページ | 2017年5月19日付け小説朝日新聞社説『日韓関係 首脳交流の早期復活を』を読んでの感想 »

2017年5月18日 (木)

2017年5月18日付け小説朝日新聞社説『皇室の将来 議論の先送り許されぬ』を読んでの感想

 2017年5月18日付け小説朝日新聞社説『皇室の将来 議論の先送り許されぬ』を読んでの感想。

以下感想
>政権はこれにも拒否反応を示してきた。退位特例法案の国会審議が間もなく始まるが、付帯決議に女性宮家の考えや検討の時期をどう盛りこむかが、与野党折衝の焦点になっている。 

 何故、女性宮家に特化したいのか?分からない。実に視野が狭い。

 旧宮家や旧皇族の一部復活の手段もある。
 昭和22年に大半の宮家が廃止になったときには、伏見、久邇、東久邇、北白川、山階、朝香、竹田、梨本、東伏見、賀陽,閑院の11家があったとされる(2016年08月29日付けアゴラ『皇統断絶の危機で注目される旧皇族とは何か』http://agora-web.jp/archives/2021121.html より)。


>約700年前に天皇家から分かれ、戦後、皇籍を離れた旧宮家の男性を皇族に復帰させる案
を唱える人もいる。だが国民が素直に受け入れ、これまで皇族に寄せてきたのと同じような思
いを抱くことができるか、大いに疑問がある。

 そう判断するのも大いに疑問がある。
 
 2016年12月2日付け朝日新聞社説『退位反対論 国民意識との溝が深い』より。
『陛下は現憲法の下での天皇像を追求し、国民の幸せをただ祈るだけでなく「人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うこと」が大切だとの考えを確かにしていった。しかし高齢に伴う体力の衰えで、そうした務めを引き続き果たすのは難しくなろうとしている。そこでビデオメッセージを通して、みずからが到達した象徴天皇観を社会に広く説明した。』(原文ママ)。
 このような解釈をしていた。
 朝日新聞の定義する天皇陛下の象徴とは、年に一度、ご尊顔を拝することが出来ればよいではなく、一年中活動して象徴と認めると取れる。
 ならば、旧宮家の方々に活動をしていただき、1年2年では受け入れに疑問がある国民も存在するかも知れないが、3年、4年と活動を継続すると事で、国民として受け入れ、将来の象徴天皇にふさわしい考える人も増えるのではないか。

 
 何故、男系継承か?
 2000年を超える歴史は、他国にない。それとは別に感情ではなく科学的には、Y染色体もある。
 女性差別?それは逆。「男系継承は男性を締め出す原理」の考え方もある(なぜ男系継承でなくてはならないか http://www.hokkaidojingu.or.jp/sizume/column/takeda3.html より)。確かに、男系継承では、男性を受け入れない制度である。

 男系継承を続けた歴史を放棄する道を開いてよいのか?疑問である。 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

|

« 2017年5月18日付け小説朝日新聞社説『加計学園問題 疑問に正面から答えよ』を読んでの感想 | トップページ | 2017年5月19日付け小説朝日新聞社説『日韓関係 首脳交流の早期復活を』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/65293886

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年5月18日付け小説朝日新聞社説『皇室の将来 議論の先送り許されぬ』を読んでの感想:

« 2017年5月18日付け小説朝日新聞社説『加計学園問題 疑問に正面から答えよ』を読んでの感想 | トップページ | 2017年5月19日付け小説朝日新聞社説『日韓関係 首脳交流の早期復活を』を読んでの感想 »