« 2017年5月18日付け小説朝日新聞社説『皇室の将来 議論の先送り許されぬ』を読んでの感想 | トップページ | 2017年5月19日付け小説朝日新聞社説『関電の原発 再稼働に展望ある』を読んでの感想 »

2017年5月19日 (金)

2017年5月19日付け小説朝日新聞社説『日韓関係 首脳交流の早期復活を』を読んでの感想

 2017年5月19日付け小説朝日新聞社説『日韓関係 首脳交流の早期復活を』を読んでの感想。

以下感想
>靖国神社参拝を含む歴史問題や竹島問題など両国間には様々な懸案がある。
>そんな関係だからこそ、両首脳が気兼ねなく定期的に会おうという賢明な試みだった。
 
 韓国は、竹島問題について話し合う気もない。この2点を等価に扱うような表現には疑問だ。


>両国は政治的な問題を経済、文化など他分野と切り離し、たとえ関係がこじれても、対話の窓は閉ざさないと肝に銘じるべきだ。

 先送りや中断は、現実は不要だからに他ならない。
 安倍首相は、何度も『対話のドアはオープン』と主張してきた。

 
>文氏は、大統領選の公約の一つとして慰安婦問題をめぐる日韓合意の再交渉を掲げたが、今回来日した特使はそれを求めなかった。ただ、韓国国内に情緒的に受け入れがたい雰囲気が強いことを説明した。

 2017/5/18付日本経済新聞 朝刊『慰安婦合意履行「情緒的に難しい」 韓国特使、外相と会談』より。
『文氏は従軍慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」をうたった2015年末の日韓合意について「韓国国民の大多数が情緒的に受け入れられない雰囲気だ」と発言。』(原文ママ)。

 二国間の政府に加え、米国を加えた合意で、情緒、雰囲気を取り上げるようでは約束が出来ない国と言える。


>いずれも「日韓両政府の協力」がうたわれた合意の精神に反する主張だ。今後も互いの立場をふまえた十分な配慮と行動を重ね、国民的な合意に育てていく以外に道はない。

 朝日新聞としては、また、蒸し返して夢をもう一度なのだろう。『国民的な合意』とは、特使発言の「韓国国民の大多数が情緒的に受け入れられない雰囲気だ』そのまんま。

 韓国は、韓国国内問題として解決すべき。
 更に、ゴミで作った慰安婦像を並べているウィーン条約ガン無視。
 2017年03月06日付けハーバービジネス『韓国・釜山の日本領事館前に「ゴミで作った慰安婦像」が登場!』
 https://hbol.jp/132176

>安倍首相は特使に「日韓合意を含む二国間関係を適切にマネージしていく」と語った。

 外務省HP『文喜相韓国大統領特使一行による安倍総理大臣表敬』
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/kr/page4_003005.html
より。
『両者は、喫緊の課題である北朝鮮問題についての緊密な連携を確認し、安倍総理大臣から、日韓合意や本日外交ルートで申し入れた問題を含め、二国間関係を適切にマネージしていきたい旨を発言しました。』(原文ママ)。
 
 本日外交ルートとは、韓国船が竹島沖で行っている調査活動も含まれるだろう。
 外務省HP『韓国国立海洋調査院所属の海洋調査船「Hae Yang 2000」による海洋調査活動』
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004619.html
 
 2017.5.18付けNHK『韓国の海洋調査船 竹島周辺の日本の領海に一時侵入』
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170518/k10010985561000.html
『船は全長89メートル、総トン数が2533トンで、18日午前1時半には日本の領海内にとど
まっているのが確認されましたが、午前5時までには領海を出たということです。』(原文ママ)。
 許可なく領海侵入。
 
 2017.5.18付け産経『韓国が竹島周辺で海洋調査 日本政府抗議、中止を要求』
 http://www.sankei.com/politics/news/170518/plt1705180004-n1.html
より。『韓国の文在寅大統領が10日に就任して以降、韓国が竹島周辺の日本のEEZ内で海洋調査を行っているのを日本政府が確認したのは初めて。文氏は昨年7月、竹島に上陸している。』(原文ママ)。
 竹島に上陸の実績のある現大統領。


>ナショナリズムをあおる動きを抑え、隣国との友好の価値を積極的に国民に説く。日韓のリーダーには、そんな思慮に富む外交姿勢が求められている。

 韓国の憲法の前文が基本、反日である。ナショナリズムを煽る反日活動は、護憲なのだ。韓国政府が反日の『ナショナリズムをあおる動きを抑え』では違憲の恐れがある。
 現実は、長年、韓国のナショナリズムを煽ってきた朝日新聞。韓国の護憲に協力してきたのだ。

 日本が韓国に対して、思慮に富む外交姿勢とは、やはり、韓国に取っての護憲、即ち、反日を加速させてあげることであろう。
 そして、反日バブル崩壊すれば、新しい日韓関係となるであろう。


 2014年9月29日付け朝日新聞社説『日本と韓国―前を向き進むしかない』より。
『日本も「対話のドアはオープン」(安倍首相)と言うだけで中韓の首脳をドアに近づける努力は十分ではなかった。』(原文ママ)。
 今日はこの主張はしないのか?
 今回は、特使が頼みもしないのにやってきた。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

|

« 2017年5月18日付け小説朝日新聞社説『皇室の将来 議論の先送り許されぬ』を読んでの感想 | トップページ | 2017年5月19日付け小説朝日新聞社説『関電の原発 再稼働に展望ある』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/65300011

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年5月19日付け小説朝日新聞社説『日韓関係 首脳交流の早期復活を』を読んでの感想:

« 2017年5月18日付け小説朝日新聞社説『皇室の将来 議論の先送り許されぬ』を読んでの感想 | トップページ | 2017年5月19日付け小説朝日新聞社説『関電の原発 再稼働に展望ある』を読んでの感想 »