« 2017年5月3日付け小説朝日新聞社説『憲法70年 この歴史への自負を失うまい』を読んでの感想 | トップページ | 2017年5月4日付け小説朝日新聞社説『憲法70年 9条の理想を使いこなす』を読んでの感想 »

2017年5月 3日 (水)

2017年5月3日付け小説朝日新聞社説『憲法70年 先人刻んだ立憲を次代へ』を読んでの感想

 2017年5月3日付け小説朝日新聞社説『憲法70年 先人刻んだ立憲を次代へ』を読んでの感想。

以下感想。
> 英文では〈as individuals(個人として)〉となっている。
 
 英文が先にあった現行憲法である。
 そのことには、疑問を感じないようだ。

 マッカーサー草案は、外務省の
http://home.c07.itscom.net/sampei/macken/macken.html
にある。
 全文検索する。
 individualsは1カ所(のみヒット)。
all japanese by virtue of their humanity shall be respected as individuals.

 一方、humansはないようだ。
 十羽一絡げのpeopleは多数存在する。


>安倍首相は昨年、言い換えに「さしたる意味はない」と国会で答弁した。しかし草案作りに携わった礒崎陽輔参院議員は、自身のホームページで、13条は「個人主義を助長してきた嫌いがある」と書いている。

 草案であって、安倍首相としての立場で確定した提出案ではない。
 複数の考えがあっても問題はないだろう。 

>しかし、何が歴史や文化、伝統に根ざした「我が国」らしさなのかは、万歳三唱やちゃぶ台の例を持ち出すまでもなく、それぞれの人の立場や時間の幅の取り方で変わる。

 現行憲法もまた、それぞれの人の立場や時間の幅の取り方で解釈が変わる。


>一見もっともな価値を掲げ、それを都合よく解釈し、社会の多様な姿や動きを封じてしまう危うさは、道徳の教科書でパン屋が和菓子屋に変わった一件を思いおこせば十分だ。検定意見の根拠は「我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着をもつ」と定めた学習指導要領だった。

 2017年4月7日朝日『教科書検定「パン屋に特定してはいない」 政府が答弁書』
『小学校道徳の教科書検定の結果、教材に登場していた「パン屋」が「和菓子屋」に変わった問題について、政府は7日の閣議で、「(文部科学省が)パン屋に関する記述に特定して検定意見を付した事実はない」とする答弁書を決定した。』
 これは、誤報か?

 2017.4.7付け産経『「『パン屋』の検定意見した事実ない」道徳の教科書検定で政府答弁書』
http://www.sankei.com/politics/news/170407/plt1704070029-n1.html
 誤報ではないようだ。

 朝日十八番の曲解。
 政府がそうさせたと思わせたいのだろう。


>だから、人は生まれながらにして権利を持つという天賦人権説を西欧由来のものとして排除し、憲法を、国家と国民がともに守るべき共通ルールという位置づけに変えようとする。

 こんな発想では、侵略を受ければ、第二のGHQが押し付け憲法を素直に受け入れ、また崇めるのではないか?
 
 独立がなければ、現在の自由、権利もない。
 独立は、最優先であるべきだ。 


>明治憲法を起草した伊藤博文は、憲法を創設する精神について、第一に「君権(天皇の権
限)を制限」し、第二に「臣民の権利を保護する」ことにあると力説した。

 1889年大日本帝国憲法発布。
 20年後の1909年、伊藤博文は、韓国のテロリスト安重根に暗殺。韓国統監辞任後のことである。
 伊藤博文と言う臣民の生きる権利が他国で奪われた。
 

>70年前の日本国憲法の施行で改めて命が吹き込まれたこれらの概念と、立憲主義の思想をより豊かなものにして、次の世代に受け渡す。いまを生きる私たちが背負う重大な使命である。
 
 義務より権利。
 只管に権利の拡大解釈を行い次の世代に受け渡したい。
 そんな思いが滲み出る主張。


>「憲法」を考える社説をシリーズで随時掲載します。

 それより、朝日新聞には、押し紙を考える社説が必要であろう。
 2017年5月号 DEEP『朝日新聞「押し紙率32%」に愕然』
https://facta.co.jp/article/201705037.html
『月30日には衆議院の消費者問題に関する特別委員会で押し紙問題が取り上げられ、公正取引委員会は「独占禁止法に基づく厳正な対処」を改めて表明した。』(原文ママ)

 憲法を盾に、押し紙の自由、権利を主張したい朝日新聞なのだろう。


※午後追記
 人の70歳は古希。古い希望。
 新しい希望の方がよいだろう。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

|

« 2017年5月3日付け小説朝日新聞社説『憲法70年 この歴史への自負を失うまい』を読んでの感想 | トップページ | 2017年5月4日付け小説朝日新聞社説『憲法70年 9条の理想を使いこなす』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/65228960

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年5月3日付け小説朝日新聞社説『憲法70年 先人刻んだ立憲を次代へ』を読んでの感想:

« 2017年5月3日付け小説朝日新聞社説『憲法70年 この歴史への自負を失うまい』を読んでの感想 | トップページ | 2017年5月4日付け小説朝日新聞社説『憲法70年 9条の理想を使いこなす』を読んでの感想 »