« 2017年5月30日付け小説朝日新聞社説『森友問題 財務省は情報を消すな』を読んでの感想 | トップページ | 2017年5月31日付け小説朝日新聞社説『たばこ規制 自民党よ、都連に続け』を読んでの感想 »

2017年5月31日 (水)

2017年5月31日付け小説朝日新聞社説『加計学園問題 論点をすり替えるな』を読んでの感想

 2017年5月31日付け小説朝日新聞社説『加計学園問題 論点をすり替えるな』を読んでの感想。

以下感想
>事実なら、すでに明らかになった内閣府からの求めに加え、首相補佐官も「総理」の名を直接あげて、文科省に働きかけていたことになる。 

 『事実なら、』。
 つまり、今のところ、児童買春も疑われている前事務次官の証言のみ。
 https://www.youtube.com/watch?v=BW3Bs-yavkQ

 そして、出典不明の怪文書。


>証言は、国家戦略特区という政権の目玉政策に公私混同があった疑いを抱かせる。国政への信頼がいっそう揺らいでいることを政権は自覚すべきだ。

 2017.5.22産経『【加計学園問題】「しっかり止める」 獣医師連盟から献金の民進・玉木雄一郎幹事長代理、獣医師会総会で獣医学部新設阻止を“約束』
http://www.sankei.com/premium/news/170522/prm1705220008-n1.html
より。
『玉木氏は平成24年に日本獣医師会の政治団体「日本獣医師連盟」から100万円の献金を受けるなど、日本獣医師会との深いつながりが明らかになっている。』(原文ママ)。
 こちらは、多くの人が聞いている総会で発言。
 そして、献金の形で記録も残っている。

 更に、本人のブログには、
http://ameblo.jp/tamakiyuichiro/entry-10897029715.html
『実は、私の父と弟は獣医です。』と明記。
 
 怪文書を持ち出したのは、朝日新聞ないし、玉木氏とされる。

  

>トップダウンで規制に風穴を開ける特区である以上、首相が指導力を発揮すること自体は当然あろう。
>問題はその手続きが公平、公正で透明であるかどうかだ。

 獣医学部の新設は1966年の北里大が最後。強力な岩盤があったのは、事実であろう。

 2017.5.21産経『【加計学園問題】追及側の民進党、玉木雄一郎氏、獣医師連盟から100万円献金 「規制改革の邪魔しているだけじゃ」ネットの声 民進議員が「獣医学部新設」を国会で陳情の過去も』
http://www.sankei.com/affairs/news/170521/afr1705210002-n1.html
より。
 民進党の高井祟志氏が、『ところが偏在があるんです。獣医さんの数というか、まず大学が四国には1個もない、と~是非実現をさせていただきたいと、強くお願いを致しますけど、いかがでしょうか』と質問している。
 
 民進党からも新設要望があったのも事実。
 

 朝日主張の『問題はその手続きが公平、公正で透明であるかどうかだ。』とは、
・何故、四国、今治か?
・何故、加計か?
ってことになる。

 2017年01月11日山陽新聞『加計学園が愛媛・今治に獣医学部 特区事業者応募 18年春開設計画』 
http://www.sanyonews.jp/article/472538
より。
『愛媛県今治市と広島県でつくる国家戦略特区で獣医学部を新設・運営する事業者の公募が11日締め切られ、学校法人加計学園(岡山市)が応募した。運営する岡山理科大(同)の7番目の学部として2018年4月に今治市内で開設する計画で、12日にも事業候補者の審査が行われる見込み。現状では獣医学部の新設は認められていないが、国は広域的に獣医師養成系の大学が存在しない同特区での新設を認める特例措置を4日に告示し、事業者を公募していた。新設されれば1966年以来約50年ぶりで、四国では初めて。』(原文ママ)。

 この記事から、四国では初めてあることが確認出来る。特区として、四国は異論が出まい。
 更に、応募が加計のみであることも分かる。
 他に応募があり複数から加計に決まったなら因縁を付ける理由もあろうが、実際は応募は1校のみで、これでは総理のご意向が入りようがない。
 仮に、総理が他の大学に申請するな!と圧力をかけたと思うなら、その調査を行ってから因縁を付けるべき。

 また、実際に運営するのは岡山理科大で、7番目の学部であり余程のことがない限り理系大学として審査落ちする理由がないだろう。審査に不透明さを持ち込むのも疑問である。

 論点すり替えとは、朝日新聞のことそのものと言わざるを得ない。

>行政府として当然の責務を安倍政権は軽んじている。そう思わざるをえない証言や文書がこれだけ明らかになっている。

 報道を軽んじている朝日新聞。
 証言は正しい、吉田小説は正しいの慰安婦報道を思い出す。

 何より、応募が加計のみの事実も記さない姿勢には呆れるばかり。
 不公平、不公正の印象操作を行いたいことが垣間見れる。


>問われているのは、政治が信頼に足るかどうかだ。それは政治の本質にかかわらないのか。

 無理筋の因縁を付けて騒ぐ。
 問われているのは、朝日新聞などだ。

 怪文書の出典を明確にすることが、一番、スッキリするだろう。
 それが出来ない理由は?、やはり、怪しいからと思わざるを得ない。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

|

« 2017年5月30日付け小説朝日新聞社説『森友問題 財務省は情報を消すな』を読んでの感想 | トップページ | 2017年5月31日付け小説朝日新聞社説『たばこ規制 自民党よ、都連に続け』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/65351033

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年5月31日付け小説朝日新聞社説『加計学園問題 論点をすり替えるな』を読んでの感想:

« 2017年5月30日付け小説朝日新聞社説『森友問題 財務省は情報を消すな』を読んでの感想 | トップページ | 2017年5月31日付け小説朝日新聞社説『たばこ規制 自民党よ、都連に続け』を読んでの感想 »