« 2017年5月31日 | トップページ | 2017年6月2日 »

2017年6月1日の2件の投稿

2017年6月 1日 (木)

2017年6月1日付け小説朝日新聞社説『原子力規制委 原点忘れず改革続けよ』を読んでの感想

 2017年6月1日付け小説朝日新聞社説『原子力規制委 原点忘れず改革続けよ』を読んでの感想。

以下感想
>たとえば、「相当困難」と説明していた40年超運転を立て続けに認めていることや、規制委の元委員から「過小評価だ」との指摘が出ている地震や火山噴火のリスクの見積もりについて、国民の多くが納得しているとは思えない。

 また、でました。
 朝日新聞の主張に沿う証言は正しいと言わんばかり。

 納得のレベルは曖昧だ。
 2016年4月7日付け朝日新聞社説『川内原発 司法は不安に応えたか』より。
『それなのに、原発を襲う破局的噴火のリスクの頻度は低いなどとして、「可能性の根拠を示さない限り無視できる」とした。』(原文ママ)。
 「破局噴火」(定義はない)を『破局的噴火』と更に曖昧さを持たせ、かつ具体的な火山の記載もなかった。
 
「破局噴火」だとどうなるか?
 NHKのHPに
http://www.nhk.or.jp/sonae/column/20130314.html より。
『喜界カルデラの噴火で、『活火山のない四国も厚い火山灰で覆われ、南九州から四国にかけて生活していた縄文人は死滅するか、食料を求めて火山灰のない地域に移動し、1,000年近く無人の地となったようです。』(原文ママ)、『阿蘇4噴火では、火砕流が九州のほぼ全域を襲い、一部は海を越え、山口県にまで到達したこと(100km以上火砕流が走ったことになる)が分かっています』
 破局噴火のときは、原発がどうのではないが、このレベルでも納得する安全性を求めるのか?
 

>原発の集中立地への対応やテロ対策といった課題もある。 

 益々、テロ等準備罪の早期成立が求められる。


>規制委には、閉鎖的との指摘も聞かれる。一般の人にもわかりやすい言葉で自らの考えを説明する努力を重ねつつ、外部からの指摘や助言には謙虚に耳を傾け、より広い納得が得られる審査を目指してほしい。

 外部からの恣意的な圧力があってはならない。
 一般人向けの資料まで用意することになれば、多大な労力が求められる。

 更に、
 2016.3.15付け産経『「言ってないこと書いた」原子力規制庁、朝日記事に抗議 川内原発の観測装置めぐり』
http://www.sankei.com/affairs/news/160315/afr1603150037-n1.html
のような事例もあり、規制委としても、言ってないことを書かれないように説明をする負担が増す。


>日本は自然災害が多いだけに施設面の基準が厳しくなるのは当然だろう。その上で、国際
原子力機関( IAEA )は昨年、日本の規制業務をチェックし、事業者の危機対応能力を現
場で見抜くなど、規制業務を深化させることが必要だと勧告した。

 昨年のIAEAの発表資料は、
https://www.nsr.go.jp/data/000137025.pdf 
にある。
『チームリーダーであり、フランスの原子力安全機関の委員を務めるフィリップ・ジャメ氏は「原子力規制委員会は、設置以来ここ数年間、独立性及び透明性を体現してきた。原子力規制委員会は、原子力施設に関する新たな規制基準を設け、電力会社からの再稼働の申請について審査を行ってきた。」と述べ、「今後も重要な課題に直面することになる原子力規制委員会は、その集中的な、そして称賛に値する規制活動を、これまでと同等の責任感をもって継続する必要がある。」』(原文ママ)。
 朝日主張の『規制委には、閉鎖的との指摘も聞かれる』とは、何処の団体なのだろう。
 IAEAは、『独立性及び透明性を体現』と判断している。
 2016/1/22付日本経済新聞 夕刊『日本の原発規制 機動的な検査課題 IAEAが評価 福島事故後初の報告書』でも同様な記載がある。

 2016.3.31付けzakzak『【エネルギー政策の現在】IAEAから"ダメ出し"食らった原子力規制政策 過剰すぎてコスト膨らむばかり』
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160331/dms1603311140006-n1.htm
 IAEAからは、過剰の指摘もあった。

 基本『破局的噴火』対応も求める朝日新聞。今後も、過剰を求めることは間違えなし。


 過去には、『IAEA、東電に汚染水放出の検討促す』(Dec 5, 2013、WSJ) 
http://realtime.wsj.com/japan/2013/12/05/iaea%E3%80%81%E6%9D%B1%E9%9B%BB%E3%81%AB%E6%B1%9A%E6%9F%93%E6%B0%B4%E6%94%BE%E5%87%BA%E3%81%AE%E6%A4%9C%E8%A8%8E%E4%BF%83%E3%81%99/
もあった。
 

>07年のIAEA 点検では、原子力の推進と規制の分離などを勧告されながら、手をこま
ぬいている間に福島第一事故が起きた。

 手をこまぬいている間に福島第一事故が拡大したと思っている人は、今も少なくないだろう。
 何より。スピーディーの情報を公開しなかった民主党政権は問題である。
   

>原発事業者に毅然(きぜん)と向き合うという原点を忘れず、事故に学んだ規制改革を徹底させていく責務がある。

 規制とは、恣意的な判断ではない。感情的な判断でもない。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月1日付け小説朝日新聞社説『個人情報 理解深め活用と保護を』を読んでの感想

 2017年6月1日付け小説朝日新聞社説『個人情報 理解深め活用と保護を』を読んでの感想。

以下感想
>12年ぶりの大幅な制度変更である。

 日本新聞協会が声明を出している。
 http://www.pressnet.or.jp/news/33ce2018b367a4d937608855fc624a0b3eb633ea.pdf
より。
 『報道機関は、改正個人情報保護法において引き続き法規制の「適用除外」とされた』(原文ママ)。
 報道機関の名があれば、恣意的な個人情報のバラマキの可能である。それは個人からみれば、立派な脅迫である。

 『新聞倫理綱領は「人間の尊厳に最高の敬意を払い、個人の名誉を重んじプライバシーに配慮する」ことを掲げており、われわれはこの綱領を踏まえて個人情報を取り扱う』(原文ママ)としているが、同協会のhttp://www.pressnet.or.jp/outline/ethics/ に記載されている『新聞倫理綱領』に、自由と責任、正確と公正、独立と寛容、人権の尊重、品格と節度を掲げているが、実態は、自由と無責任、不正確と不公平、協力と不寛容、恣意的な人権の尊重、下品と無節操に思えることもある。


>それぞれの業界で、わかりやすく公正な指針と窓口を整備してほしい。

 報道機関は、『適用除外』団体なので、お得意の国ガーではなく、お任せモード。

 国の個人情報保護委員会のHP、https://www.ppc.go.jp/
に電話番号が記載されている。疑問、苦情を受け付けている。

 
>しかし、災害などに備え、本人の同意を得たうえで、手助けが必要なお年寄りや体の不自由な人の情報を把握しておくことは、その人の命を守り、地域の安全を保つことにつながる。

 しかし、売りに出す輩も存在するのも事実。

 また、昨今、表札も上げていない家も多い。
 理由はともあれ、そのレベルまでの個人情報を守りたい家の権利を尊重すべきであろう。


>常識に沿った対応をしていれば、問題になることはまずない。

 常識は、個人、団体で異なる。
 それが故に、個人情報持ち出し、管理不足が後を絶たない。
 5月だけでも
 2017/5/10付日本経済新聞 朝刊『スタッフサービスの1.5万人登録情報 従業員が持ち出し』 2017/5/13付日本経済新聞 夕刊『950人の個人情報、短大教授が紛失 パソコンごと』
 2017/5/31付日本経済新聞 朝刊『気象予報士389人の個人情報流出  日本気象予報士会』
がヒット。現実はもっとあるだろう。

>災害や事故のとき、被害者や行方不明者の氏名を一律に伏せることがしばしばある。安否情報が共有されないまま、混乱が続いた例が現にあった。

 上記、日本新聞協会の声明に記載のある『2015年9月、記録的な豪雨で鬼怒川が決壊し、洪水被害に見舞われた茨城県常総市が、行方不明者の氏名を公表しなかった』件のことか?

 しかし、報道機関が公表する絶対的な理由はない。
 人命を重んじるなら、情報の共有化で最上位にくるのは、捜索に関わる国、県、市の関連団体、及び、地域住民である。
 
 公表で情報が集まる面もあるが、その情報を精査する必要も同時に発生する。中には物見遊山的な問い合わせもあろう。
 公表しても連絡がとれない人の数は変遷することには変わりない。
 報道機関AとBで発表内容が異なるなんてザラ。それでも自由と無責任で済む。

 都合によって、その証言が正しい扱いに出来る朝日新聞などの対応とは異なる対応を求められるのが行政だ。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月31日 | トップページ | 2017年6月2日 »