« 2017年6月10日付け小説朝日新聞社説『「加計」再調査 今度こそ疑念に答えよ』を読んでの感想 | トップページ | 2017年6月11日付け小説朝日新聞社説『子育て支援 待機児童解消が先だ』を読んでの感想 »

2017年6月10日 (土)

2017年6月10日付け小説朝日新聞社説『大統領の疑惑 問われる米議会の責任』を読んでの感想

 2017年6月10日付け小説朝日新聞社説『大統領の疑惑 問われる米議会の責任』を読んでの感想。

以下感想
>トランプ米大統領に解任された連邦捜査局(FBI)のコミー前長官が上院で証言した。

 朝日新聞の主張に沿う証言は、都合により正しいのだろう。
 
 コミー氏は、大統領選挙期間終盤に、クリントン氏の国務長官時代の私用電子メールサーバー使用問題を突然蒸し返した人物でもある。
 2016年10月31日付けWSJ『クリントン氏再捜査の裏にFBI内部対立』
http://jp.wsj.com/articles/SB10200540860194693704004582407290945918200 より。
『FBİ内部でも、7月の捜査終結会見を含め、メール問題捜査を巡るコミー長官の公式発言に不満の声が出ている。』(原文ママ)。
 大きな内紛で、尾が引くようであれば、あれば、FBIとしての操作活動に問題もでるだろう。
 ならば、解任もあり得る。


>たとえ正式な「命令」でなくとも、時の最高権力者から直接求められれば、「圧力」と受け取るのが道理だろう。
>一連の行動が弾劾(だんがい)訴追の対象となる「司法妨害」を含む違法行為かどうかは、特別検察官によって調べられる。厳正な捜査を尽くしてもらいたい。

 悪い印象付けした後、『厳正な捜査を』ともっともらしいことを言う。


>来年の中間選挙が気になる共和党議員の足元を見透かすように、トランプ氏は、インフラ投資拡大、大型減税、地球温暖化対策の「パリ協定」離脱など、与党で喜ばれそうな施策を次々と打ち出している。

 与党で~と言う前に、何れも選挙期間中に発言していた公約でもある。
 約束を守ろうとする姿勢は無視できないが、それを『与党で喜ばれそうな』と表現して悪い印象を与える。


>大統領が捜査機関への介入にまで踏みだす今、議会の責任は重大だ。

 あらあら、『厳正な捜査を』と言いつつ、『大統領が捜査機関への介入にまで踏みだす今』と表現し、介入が確定状態。
 提携紙、ニューヨークタイムズへの忖度であろう。

 まぁ、日本国内報道では、トランプ大統領を悪者扱いする報道ばかり。

 2017/6/9付日本経済新聞 夕刊『ウォール街ラウンドアップ、コミー証言を無難に消化』より。
『そしてコミー氏の議会証言が進むにつれて爆弾発言が出ないという安心感が市場に広がった。「ショーとしては面白かったが、トランプ大統領を弾劾に追い込むような証拠はなかったと投資家は受けとめた」(米債券セールス担当者)』(原文ママ)。
 コミー前長官の議会証言があったこの日の市場は、小幅続伸で終了。市場参加者の総意は、「政権を揺るがす大きな問題にならない」と判断したとも言える。

 
>問われているのは、米国自身が世界に呼びかけてきた健全な民主主義の統治である。

 民主主義によって、調査が進められているから、議会証言が行われた。
 「ロシアゲート」を捜査する特別検察官、モラー氏が司法省のNo.2により任命されている。
 2017/5/23付日本経済新聞 朝刊『特別検察官 共和党も容認』より。
『「特別検察官のモラー氏が(疑惑解明の)助けになると信じている」。共和下院トップのライアン議長は18日、任命を歓迎した。』(原文ママ)。与党側トップ及び党内強行派の賛同もあるようだ。

 2017年 05月 13日付けロイター『トランプ氏がコミー氏けん制、会話テープの存在ほのめかす』、2017年 06⽉ 8⽇付けロイター『⽶⼤統領、コミー⽒証⾔で疑いが「完全に晴れた」と認識=弁護⼠』の報道もある。
 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

|

« 2017年6月10日付け小説朝日新聞社説『「加計」再調査 今度こそ疑念に答えよ』を読んでの感想 | トップページ | 2017年6月11日付け小説朝日新聞社説『子育て支援 待機児童解消が先だ』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/65392821

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年6月10日付け小説朝日新聞社説『大統領の疑惑 問われる米議会の責任』を読んでの感想:

« 2017年6月10日付け小説朝日新聞社説『「加計」再調査 今度こそ疑念に答えよ』を読んでの感想 | トップページ | 2017年6月11日付け小説朝日新聞社説『子育て支援 待機児童解消が先だ』を読んでの感想 »