« 2017年6月3日付け小説朝日新聞社説『パリ協定 米離脱でも結束守れ』を読んでの感想 | トップページ | 2017年6月4日付け小説朝日新聞社説『原発と地域 再稼働への同意権拡大を』を読んでの感想 »

2017年6月 3日 (土)

2017年6月3日付け小説朝日新聞社説『郷土の資料 歩みを次代に残すため』を読んでの感想

 2017年6月3日付け小説朝日新聞社説『郷土の資料 歩みを次代に残すため』を読んでの感想。

以下感想
>日本図書館協会の調査では、27都道府県の65館で、356冊、約2500ページが被害を受けていた。

 この数値は、5月19日現在。
 2017/5/20付日本経済新聞 朝刊『27都道府県で被害 学校史切り取り、図書館協調査』によれば、被害があったのは計356冊で、2484ページ。27都道府県の65図書館で被害を確認、13県はまだ調査中。
 愛知が10県で最高。福井は93冊。


>残念だが図書館の本が傷つけられることは珍しくない。

 現実、コーヒーをこぼしたようなもの、落書きなども散見される。
 返却時には、図書館職員がチェックしているが、1ページ1ページ丁寧には非現実的な話であろう。


>異状に気づくのが遅れ、結果として大切な本が適切に扱われてこなかった。

 特殊な事情がない限り、電子書籍化での貸し出し、管内は端末読みにする必要があるかも知れない。


>制服や校則、授業料、進路の変遷がたどれ、卒業生の回想を多く掲載した学校史もある。

 2017.5.12付け産経『【切り取り被害】図書館で広がる学校史・記念誌切り取り被害 全国で250冊2千ページ超 目的不明、模倣も?』
http://www.sankei.com/affairs/news/170512/afr1705120006-n1.html
より。
『切り取り行為の目的について、筑波大の原田隆之教授(犯罪心理学)は「同一人物が複数カ所で切り取ったとすれば、自身の学校生活や学校教育に対するネガティブな感情に基づいた暗い攻撃性の表れではないか」と分析する一方、「被害地域に広がりがあるため、ネットなどを介してつながった複数の人物によるいたずらや模倣犯も考えられる」と話している。』(原文ママ)。
 そうだったとしても、破壊活動は悪い。


>先人の歩みを後世に伝える。それは、いまを生きる私たち世代の大切な使命だ。

 一部のマスコミが歴史修正に走っているので、全国にある図書館の資料は貴重である。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

|

« 2017年6月3日付け小説朝日新聞社説『パリ協定 米離脱でも結束守れ』を読んでの感想 | トップページ | 2017年6月4日付け小説朝日新聞社説『原発と地域 再稼働への同意権拡大を』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/65363163

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年6月3日付け小説朝日新聞社説『郷土の資料 歩みを次代に残すため』を読んでの感想:

« 2017年6月3日付け小説朝日新聞社説『パリ協定 米離脱でも結束守れ』を読んでの感想 | トップページ | 2017年6月4日付け小説朝日新聞社説『原発と地域 再稼働への同意権拡大を』を読んでの感想 »