« 2017年6月6日付け小説朝日新聞社説『首相らの答弁 不信が募るばかりだ』を読んでの感想/不信が募る朝日新聞 | トップページ | 2017年6月7日付け小説朝日新聞社説『加計学園問題 説明責任は首相にある』を読んでの感想/『法改正を要しない』を切り捨ての朝日主張には疑問だ »

2017年6月 6日 (火)

2017年6月6日付け小説朝日新聞社説『いじめ自殺 教委不信、深刻な危機』を読んでの感想

 2017年6月6日付け小説朝日新聞社説『いじめ自殺 教委不信、深刻な危機』を読んでの感想。

以下感想
>学校や教育行政への信頼が、深刻な危機に直面している。
 
 学校はアウシュビッツから、教育ムラはアウシュビッツに格上げ。


>現にあるルールへの理解を欠き、事実に向きあおうとしない教委の態度が浮かびあがる。

 ルールって?「朝日ルール」か、それとも「いじめ防止対策推進法」のことか?

 2017/5/31付日本経済新聞 朝刊『茨城中3自殺、市教委「いじめあった」 否定の議決を撤回』より。
『同法の規定では、いじめの事実が確認できなくても、いじめにより心身に大きな被害が生じた可能性があれば重大事態と認定できる。』(原文ママ、同法とは、いじめ防止対策推進法)。


>一連の問題事例では、事実の追究が甘かったことも、学校や教委に都合よく事を済ませようとしているとの疑いを招いた。

 教育ムラは、基本、ことなかれ無責任主義だから。

 騒がれると、結論が反転するようでは、益々、調査に疑問が募る。
 まして、遺族の意向で反転するようでは、いじめたとされる側にも不信感が募る。
 疑問的に即答できるようなしっかりした調査が求められる。


>いじめ防止に取り組むNPOは、うわさや報道に影響されて記憶が塗り替わらないよう、「発生・発覚から3日以内」を提唱する。

 うわさや報道がなくとも、その後の生活で自然書き換えされるのが人間の脳。
 3日の根拠が不明だ。
 エビングハウスの忘却曲線によれば、20分後には、節約率が58%、1時間後には、節約率が44%、1日後には、節約率が26%、1週間後には、節約率が23%。これは、1日後に74%忘れる意味ではないが、1日で急激に忘れが進むことには変わりない。
 当日を推奨するべきであろう。

 具体的なNPO名の記載がない。元朝日記者が在籍していないからか?
 2017年4月24日付け朝日新聞社説『公文書管理 抜け道許さぬ見直しを』では、『NPO法人「情報公開クリアリングハウス」は、公文書管理法の改正に関する意見書をまとめた。』(原文ママ)の記載があった。
 「情報公開クリアリングハウス」のHPに、 https://clearing-house.org/?page_id=12
に理事の名が掲載されている。
 この例では、少なくとも理事の一人は、元朝日新聞記者。


>校長ら管理職は初動対応の重要性を胸に刻んでほしい。

 基本、ことなかれ無責任主義。
 中学なら3年間、ことなかれでやり過ごせばで、厄介者は出ていくから。
 


 深刻な危機と言えば、学校や教育行政への信頼だけではない。一部のメディアへの信頼も深刻な危機。
 平気で嘘をつく病気、反社会性パーソナリティー障害(http://www.skincare-univ.com/article/008863/)。
 具体的な症状の例を検証する。
①他者の権利や感情を無視した行動をとる
⇒自社の利益に邁進する某新聞社。企業だから.....。
②自分の利益のために人を騙し、平然と嘘をつく
⇒捏造記事の指摘が多い某新聞社。捏造新聞でググると、トップ10で多数を占めるが。
③衝動的に行動を起こす
⇒調査が甘い飛ばし記事もある某新聞社。これは某新聞社だけではないが。
④後悔や罪の意識を感じにくい
⇒繰り返し捏造報道を行っていると指摘が多い某新聞社。確かに突出しているような気もするが。
⑤言葉巧みに自分を正当化し、他者を陥れる
⇒物書きだから文章が上手いのは当然であり、言葉巧みでないと困るだろう。他者を陥れることは何度もあるような。
⑥幼少期から問題行動を繰り返している
⇒これは不明。

 多くが該当するような気がしてならない。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

|

« 2017年6月6日付け小説朝日新聞社説『首相らの答弁 不信が募るばかりだ』を読んでの感想/不信が募る朝日新聞 | トップページ | 2017年6月7日付け小説朝日新聞社説『加計学園問題 説明責任は首相にある』を読んでの感想/『法改正を要しない』を切り捨ての朝日主張には疑問だ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/65376689

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年6月6日付け小説朝日新聞社説『いじめ自殺 教委不信、深刻な危機』を読んでの感想:

« 2017年6月6日付け小説朝日新聞社説『首相らの答弁 不信が募るばかりだ』を読んでの感想/不信が募る朝日新聞 | トップページ | 2017年6月7日付け小説朝日新聞社説『加計学園問題 説明責任は首相にある』を読んでの感想/『法改正を要しない』を切り捨ての朝日主張には疑問だ »