« 2017年6月8日付け小説朝日新聞社説『湾岸の混乱 米は分断政策を改めよ』を読んでの感想 | トップページ | 2017年6月9日付け小説朝日新聞社説『憲法70年 「象徴天皇」不断の議論を』を読んでの感想 »

2017年6月 8日 (木)

2017年6月8日付け小説朝日新聞社説『作業員の被曝 想定外ではすまない』を読んでの感想

 2017年6月8日付け小説朝日新聞社説『作業員の被曝 想定外ではすまない』を読んでの感想。

以下感想
 事故の件は、日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターのHPに掲載がある。
①https://www.jaea.go.jp/02/press2017/p17060601/
②https://www.jaea.go.jp/02/press2017/p17060701/

 ①によれば、環境への影響は、影響はないとしている。その根拠は、排気ダストモニタ及びモニタリングポスト測定結果に異常なし。また、5名全員に負傷者なし。

 半面マスクを着用の記載もある。
 内閣府HP
http://www8.cao.go.jp/genshiryoku_bousai/pdf/05_shiryou0202_2.pdf
によれば、半面マスクは、低レベル汚染作業時の服装である。

>なぜ破裂したのか、作業手順に問題はなかったのか等、解明すべき点は多い。

 上記、内閣府のHPで、半面マスクについて次の記載がある。
『半面マスクは、全面マスクに比べて視界が広く、装着の負担感も軽いなどの長所があるが、顔の一部が露出しているため、皮膚汚染とマスク取り外しの際の汚染の吸入には注意が必要。なお、経験的に、半面マスクを着用していて内部被ばくに至るケースはほとんどない。』(原文ママ)。

 2017.6.7産経『50代男性の肺から2万2千ベクレル検出 大洗の放射性物質事故』
http://www.sankei.com/life/news/170607/lif1706070046-n1.html
『同日開かれた原子力規制委員会の会合で、伴信彦委員は「軽微なものではない。作業手順が妥当だったか、半面マスクをしていたのになぜ被曝したのかなど確認が必要だ」と指摘した。』(原文ママ)。

 先ずは、『マスク取り外し』に問題はなかったのか?確認するべきであろう。 
 それが、次への備えにつながる。


>通常、被曝のリスクのある現場では全面マスクをつける。今回はそもそも被曝を想定しておらず、半面マスクも念のためつけたのだというが、作業現場の安全管理のあり方としても十分だったのか、疑わしい。徹底して検証してほしい。

 全面が必須?疑わしい。

 汚染度に応じて、低、中、高の三段階に対応を変える。
 マスクは、半面、全面、エアラインに変わる。
 スーツは、タイベックの1重、2重、酢ビスーツ+タイベックス1重に変わる。

 通販もある。
 http://www.netpro.ne.jp/~guard/suit/bougo.htm
 低レベル用なら、セットで2万円程度。


>今回事故のあった燃料研究棟は廃止の方針が出され、閉鎖に向け放射性物質の種類や状態の確認が進められている。研究開発の役割を終え、気の緩みはなかったのか。

 参入より撤退は、難しいものだ。

 施設の末期では、次の事件もあった。 
 もんじゅでは、平成28年 9月 6日(火) 9時01分頃、環境管理棟環境分析室(管理区域外)のごみ箱から出火。しかも、施錠された無人の部屋。
(2016.9.6付け産経新聞『もんじゅ構内でごみ箱から出火、作業員が消す 福井・敦賀』http://www.sankei.com/west/news/160906/wst1609060048-n1.html、https://www.jaea.go.jp/04/turuga/jturuga/press/2016/09/p160906.pdf)
 何とも怪しい。
 今回の破裂は、何者かが仕込んだのではないのか?と思えてしまう。
 と陰謀論で終わらせるのもよくない。
 
 検索すると放射性物質がガスとなる例もあるようだ。 
 放射性ヨウ素の一つである「ヨウ素131」はベータ線、ガンマ線などの放射線を出し、最終的には「キセノン」(ガス状の物質)に変わる。「ヨウ素131」の半減期は8日。(長崎大学のhttp://www-sdc.med.nagasaki-u.ac.jp/abdi/publicity/radiation-radioactivity_qa1.htmlを参考)。
 「ヨウ素131」なら比較的短期にガスになる可能性がある。

 高度情報科学技術研究機構のHP
 http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-04-10-10より。『 炭素14やヨウ素131 による汚染に対しては、硝酸等の酸性の除染剤では汚染核種がガス化する可能性があるので、使用をさけなければならない。』(原文ママ)。 
 除染剤の関係で、ガスになる可能性がある。
 
 密閉されたビニール袋でガスが溜まれば、破裂はあり得る。
 
 
 ところで、日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターは、平成24年4月(2012年)から。福島第一原発の廃炉措置に向けた研究開発を本格化させている。
 よい手順の確立を願うばかりだ。 

 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

|

« 2017年6月8日付け小説朝日新聞社説『湾岸の混乱 米は分断政策を改めよ』を読んでの感想 | トップページ | 2017年6月9日付け小説朝日新聞社説『憲法70年 「象徴天皇」不断の議論を』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/65384841

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年6月8日付け小説朝日新聞社説『作業員の被曝 想定外ではすまない』を読んでの感想:

« 2017年6月8日付け小説朝日新聞社説『湾岸の混乱 米は分断政策を改めよ』を読んでの感想 | トップページ | 2017年6月9日付け小説朝日新聞社説『憲法70年 「象徴天皇」不断の議論を』を読んでの感想 »