« 2017年7月19日付け小説朝日新聞社説『韓国の提案 日米との連携忘れずに』を読んでの感想 | トップページ | 2017年7月20日付け小説朝日新聞社説『稲田防衛相 首相はまだかばうのか』を読んでの感想 »

2017年7月19日 (水)

2017年7月19日付け小説朝日新聞社説『ヒアリ対策 先例に学び定着阻止を』を読んでの感想

 2017年7月19日付け小説朝日新聞社説『ヒアリ対策 先例に学び定着阻止を』を読んでの感想。

以下感想
>ヒアリはこれらと比べても、想定される被害がけた違いに大きい。

 ヒアリばかり報道されるが、アカカミアリ侵入。
 こちらは、強度のアナフィラキシーショックの事例もある(東京都環境局 http://gairaisyu.tokyo/species/danger_04.html)。

 2017年7⽉9⽇付け琉球新報『ヒアリだけではない「外来種」』(https://ryukyushimpo.jp/column/entry-531153.html)では、『▼外来種ならぬ“外来機”も県内では常態化している。嘉⼿納基地に~』と表現されている。
 同一扱いには疑問だ。


>ヒアリなら、コンテナ以外にも車や中古機械、建築材などが「リスク高」に分類される。

 旅客機や人の荷物からも否定できない。


>ニュージーランドでは06年に巣が見つかると、半径2キロ圏の土壌などの移動を制限し、殺虫エサや捕獲わなを使った監視を3年間続けて定着を阻んだ。私たちも正しい知識で、この問題にのぞむ必要がある。

 国会図書館『外来種問題をめぐる動き』
 http://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/issue/0442.pdf
より。
『この方式は「クリーンリスト方式」と呼ばれ、外来種対策の先進国であるニュージーランドで採用されている。外来種対策で成果を上げているニュージーランドの例を、見習うべきとの指摘もあるが、同国が日本と同じ島国であるという共通点はあるものの、在来種の数も外来種問題の現状も異なることから、成功例を参考にしつつ、我が国の実情を踏まえた対策が求められる。』(原文ママ)。
 更に、外来種の防除が非関税障壁とされる指摘もある。

 何を行うにしても影響は大きい。
 先ずは、特区、島などで行うべきであろう。
 幸い、今のところ発見された場所は、港湾地域など一般人が入らない比較的隔離された場所が多い。
 

>一方、在来種のアリは、農作物や植物を害虫から守ったり、種子を運んだりと、生態系の中で大切な役割を果たしている。

 在来種のアリは、害虫、益虫の区別をしている訳ではない。
 また、果樹の木を食い荒らす場合もある。
 ヒアリは、人、家畜を襲うなどその狂暴性だけが強調されるが、基本的にはアリである。

 それでも外来種は、在来種の存在を脅かすことは確実である。
 確実に駆除方法する必要があるだろう。


>殺虫剤でむやみにアリを殺すようなことはせず、落ちついた行動を心がけたい。

 在来種まで、殺してしまっては問題である。

 2017年07月11日読売『有毒「ヒアリ」、パニックを防ぐ三つのポイント』
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170710-OYT8T50079.html?page_no=1
(アリの研究者の記事、合計60回程度ヒアリに刺された人)
『実数をおおまかに示すと、全米で約1000万人が刺され、10万人がアナフィラキシーショックを起こし、100人が亡くなっています。つまり、ヒアリに刺されたことで死に至る確率は0.001%(10万分の1)と低い値なのです。』(原文ママ)。
 刺された時の対処方は、水洗い、ヒスタミン成分が入った軟膏。めまい、吐き気、動悸どうき、胸の苦しさ、手の震え、視野に何らかの異常などが見られた場合は、アナフィラキシーショックを否定できないので、速やかに病院。蜂などと変わりない。

 先ずは、過度に危険性を煽らないことが重要であろう。

 ヒアリについては、海游舎『ヒアリの⽣物学』
https://kaiyusha.wordpress.com/2008/12/20/%E3%83%92%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%81%AE%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6/
が詳しいようだが、門外漢で買って読むには少々高額な本。
 クマムシ博士のむしブロ『『ヒアリの生物学』でヒアリの生態を知る』
 http://horikawad.hatenadiary.com/entry/2017/07/04/190022
に概略の記載がある。
 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

|

« 2017年7月19日付け小説朝日新聞社説『韓国の提案 日米との連携忘れずに』を読んでの感想 | トップページ | 2017年7月20日付け小説朝日新聞社説『稲田防衛相 首相はまだかばうのか』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/65553507

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年7月19日付け小説朝日新聞社説『ヒアリ対策 先例に学び定着阻止を』を読んでの感想:

« 2017年7月19日付け小説朝日新聞社説『韓国の提案 日米との連携忘れずに』を読んでの感想 | トップページ | 2017年7月20日付け小説朝日新聞社説『稲田防衛相 首相はまだかばうのか』を読んでの感想 »