« 2017年7月22日付け小説朝日新聞社説『部活動の改善 過度な練習と決別を』を読んでの感想 | トップページ | 2017年7月23日付け小説朝日新聞社説『憲法70年 「原発と人権」問い直す』を読んでの感想 »

2017年7月23日 (日)

2017年7月23日付け日経新聞 春秋『「諫(かん)」という字は最近では、』を読んでの感想

 2017年7月23日付け日経新聞 春秋『「諫(かん)」という字は最近では、』を読んでの感想。

以下感想
>お友達、同じ思想、イエスマンだけ、と⾃⺠党内からも⽪⾁られる⼈事の揚げ句、⽀持率は坂を転がる。

 思想が違うなら、離党するべき。大きく思想が違うにも、無理やり同じ党内に多くが存在するのは民進党。
 イエスマンではなく、ノーマンが多いと、内閣一致と報道して騒いで楽しむ機会が増えるってこと。
 これでは、支持率は下がる。

 一部で繰り広げられる報道しない自由。
 
 

|

« 2017年7月22日付け小説朝日新聞社説『部活動の改善 過度な練習と決別を』を読んでの感想 | トップページ | 2017年7月23日付け小説朝日新聞社説『憲法70年 「原発と人権」問い直す』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/65570574

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年7月23日付け日経新聞 春秋『「諫(かん)」という字は最近では、』を読んでの感想:

« 2017年7月22日付け小説朝日新聞社説『部活動の改善 過度な練習と決別を』を読んでの感想 | トップページ | 2017年7月23日付け小説朝日新聞社説『憲法70年 「原発と人権」問い直す』を読んでの感想 »