« 2017年7月29日 | トップページ | 2017年7月31日 »

2017年7月30日の2件の投稿

2017年7月30日 (日)

2017年7月30日付け小説朝日新聞社説『中国とロシア 北朝鮮の抑制に動け』を読んでの感想

 2017年7月30日付け小説朝日新聞社説『中国とロシア 北朝鮮の抑制に動け』を読んでの感想。

以下感想
  『こんな朝日新聞に誰がした?』(WAC)の119ページより。
『それはそうかも知れませんが、北朝鮮と朝日新聞社のつながりには相当に霧がかかっていますよ。北朝鮮、正確には朝鮮民主主義人民共和国という国がつぶれ、全く異なる国家が成立したら、朝日との関係でかなりのことが明るみに出る可能性があります。』(原文ママ)。
 著者は、元朝日新聞記者だ。


>いまの事態を本当に憂慮しているのなら、北朝鮮の友好国である中国とロシアは具体的な行動をもって、最大限の努力を尽くすべきである。

 中国とロシアは基本、北朝鮮擁護。
 その上で、『本当に憂慮しているのなら』と記している。
 つまり、この二国が何もやらないと認識した上での主張ってことだ。 

>ところが国連安保理の動きは鈍い。最初の発射への対応についても意見がまとまっていないのは憂慮すべき事態だ。

 朝日新聞は本当に憂慮しているのか?


>国際社会が声をひとつにして北朝鮮に反対姿勢を示せない責任は、中国とロシアにある。

 この二国は、どうせ何もしないと分かっていながら、これらの国に責任を押し付ける主張。


>だが、中国の税関によると、今年上半期の北朝鮮への輸出は前年に比べて30%近く増えた。

 外貨を稼ぐ、北朝鮮から中国への輸出も問題である。
 2017/6/6付日本経済新聞 朝刊『北朝鮮、石炭輸出ゼロ 4月の安保理報告 中国の制裁順守裏付け』によれば、『北朝鮮は2月に123万トンの石炭を輸出したが、3月には6342トンに激減』。
 2017/6/8付NHK『中国 北朝鮮からの鉄鉱石輸入 4月は前年比4倍余』によれば、『北朝鮮は外貨稼ぎの柱である石炭による外貨収入が国連安全保障理事会の制裁決議で減少する中、中国との間で鉄鉱石の取り引きを増やしていると見られます。』、『去年3月の制裁決議で北朝鮮からの輸入が原則禁止されている鉄鉱石は、「民生目的」であれば例外として輸入が認められることから、中国はこれを根拠に取り引きを続けていて、』の状態。


>中国側は禁輸リスト外の貿易と主張するが、統計上は近年、輸出がないとされる石油を、実際にはどの程度供給しているのかも明らかにすべきだろう。

 中朝国境に国連監視団が必要。
 統計の怪しい中国。


>日米両政権はいずれも国内問題で支持率が低迷し、韓国は新型迎撃ミサイルシステムの配備をめぐって揺れている。

 7月29日付けNHK『韓国国防相 慎重姿勢一転 THAAD本格運用急ぐ』  
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170729/k10011079701000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001
『そのうえでアメリカの最新の迎撃ミサイルシステム「THAAD」については「韓国に駐留するアメリカ軍が追加のTHAADの発射台を臨時で配置するため、早急に協議を行う」と述べ、これまでの慎重な姿勢から一転して本格運用を急ぐ姿勢を強調しました。』(原文ママ)。
 確かに、揺れている。


 支持率が低迷か?
 CNNはデマ報道で、記者3人が退職。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/27/cnn-vs-trump_n_17314130.html

 2017.7.27産経『CNNと朝日新聞の共通点 「加計問題=フェイクニュース」と誰でも理解できる』
 http://www.sankei.com/politics/news/170727/plt1707270015-n1.html
『先日、CNNのある大物プロデューサーが「ロシア疑惑に証拠はない」「事実に基づかなくても視聴率が高ければいい」「有権者はバカだ」などと発言している姿を、「プロジェクト・ヴェリタス」に隠し撮りされた。』(原文ママ)。


 朝⽇新聞・##記者「安倍サマのためならデマも平気で垂れ流す安倍政権御⽤ジャーナリストには要注意︕」http://snjpn.net/archives/26560
 ツイッターで大炎上。(##は個人名、個人を攻撃する気はない)
  
 2017.7.30付け産経『朝日新聞記者ツイッターの「安倍サマのためならデマも平気で垂れ流す、安倍政権御用ジャーナリスト大賞を発表…」 リツイート表示がなかったため炎上 記者「私の意見ではない」』
http://www.sankei.com/politics/print/170730/plt1707300004-c.html
では、擁護に取れる表現もあり、これは中立的報道とも言えよう。
 
 しかし、一般から見れば、朝日記者であると身分を明らかにしている。
かつ、朝日新聞社のHP、
http://www.asahi.com/sns/reporter/
には、『このページでは、朝日新聞社の記者ページ、「公認」記者アカウントを紹介しています。ぜひ気になるアカウントをフォローしてみてください。』(原文ママ)の記載がある。
 そして、リンクが貼られている。
http://www.asahi.com/sns/reporter/akada_yasukazu.html 

 朝日新聞社として、この大炎上の説明責任を果たして欲しいものだ。
 特に、御⽤ジャーナリストに賛同した納得できる証明が欲しい。
 その証明できないなら、デマに賛同したことになりかねない。

 『北朝鮮と朝日新聞社のつながりには相当に霧がかかっていますよ。』
 ツイッターで炎上問題より、この件の無関係である確かな証明が必要だ。

 朝日新聞の支持率とも言える発行部数。
 年同月比で、朝日新聞は36万部減。読売が18万部減。  
http://www.kokusyo.jp/wp-content/uploads/2017/06/7b54bf107dff09d54cc46f96b372672e.pdf
 販売部数は、それぞれ、624万部、881万部。
 1年で36万部減とは、1日で約1000部減っている。1時間で42部減。
 こうしている間も解約の電話が鳴り響き、ジワリ、ジワリと減りっているのだ。
 危機感があるなら、真摯な対応が必要であろう。朝日の社内で、アベガーで納得しているうちは無理であろうが。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日付け小説朝日新聞社説『朝鮮学校判決 国は速やかに支給を』を読んでの感想

 2017年7月30日付け小説朝日新聞社説『朝鮮学校判決 国は速やかに支給を』を読んでの感想。

以下感想
  『こんな朝日新聞に誰がした?』(WAC)の119ページより。
『それはそうかも知れませんが、北朝鮮と朝日新聞社のつながりには相当に霧がかかっていますよ。北朝鮮、正確には朝鮮民主主義人民共和国という国がつぶれ、全く異なる国家が成立したら、朝日との関係でかなりのことが明るみに出る可能性があります。』(原文ママ)。
 著者は、元朝日新聞記者だ。

>高校の授業料無償化をめぐり、大阪地裁は28日、大阪朝鮮高級学校を対象外にした国の決定を取り消し、就学支援金を支給するよう命じる判決を出した。国は司法の判断を重く受けとめ、速やかに支給すべきだ。

 2017/7/29付⽇本経済新聞 朝刊『総連との関係 判断⼆分 朝鮮学校無償化 2地裁、正反対判決』によれば、同種訴訟は全国5カ所で起こされているようだ。
 そして、7月19⽇の広島地裁判決では、『「無償化資⾦が授業料に充てられない懸念がある」として学校側の請求を棄却』。
 
 朝日社説の『速やかに支給すべきだ。』とは、残りの3つの訴訟を終わりにさせ、貢がせたいってところなのだろう。

>判決は、朝鮮高級学校で北朝鮮を賛美する内容の教育があり、総連の一定の関与があることは認めた。ただ、補助教材を活用するなどし、教育内容が一方的ではなく、さまざまな見方を教えているとも指摘、「教育の自主性を失っているとまでは認められない」と述べた。ただ、補助教材を活用するなどし、教育内容が一方的ではなく、さまざまな見方を教えているとも指摘、「教育の自主性を失っているとまでは認められない」と述べた。

 補助はあくまで補助。
 北朝鮮を賛美する内容の教育が主体であることには変わりない。

 ところで、2017年3月1日付け朝日新聞社説『森友学園 公教育を逸脱している』より。
『「日本を悪者として扱っている中国、韓国が心改め、歴史でうそを教えないようお願いいたします」「安倍首相がんばれ」「安保法制国会通過、よかったです」運動会とはおよそ関係のない話で、異様さに耳を疑う。』(原文ママ)。
 森友も補助教材くらいあったであろう。
 北朝鮮の賛美には、寛容な朝日新聞。『北朝鮮と朝日新聞社のつながりには相当に霧がかかっていますよ』だ。


>実態を十分に調べず、こうした主張をする姿勢が、学校への偏見を広めたことを国は反省すべきだ。 

 「実態を十分に調べず、ご都合の主張をする姿勢』は、日々の朝日新聞のような気がする。
 捏造新聞でググる。 
 

>国の言い分の追認に終始した広島の審理に対し、大阪地裁は卒業生や元教員らの証人尋問をし、学校側から提出された保護者へのアンケートまで証拠として検討した。
 
 これらの方々の意見は、擁護の答えのみに思えるが.....。


>多様なルーツや教育の自主性を尊重するのか。問われているのは、社会のあり方だ。

 就学支援金がない方が、高い自主性を維持できるのではないのか?
 
 東京都のHPに朝鮮学校調査報告書
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/shigaku/sonota/0000000845.html
がある。
 『朝鮮学校調査報告書の概要』
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/shigaku/sonota/files/0000000845/01gaiyou.pdf
では、
『教科書の奥付に、編纂者が「総連中央常任委員会教科書編纂委員会」であることが明記』(原文ママ)
『歴史・音楽の教科書は、北朝鮮の指導者を礼賛するなど特有の内容 』(原文ママ)
の記載がある。
 編纂者が『総連中央常任委員会教科書編纂委員会』ってことは、全国で利用と考えられる。

 2017.7.28産経『朝鮮学校無償化訴訟】判決内容、本紙報道は否定せず 朝鮮総連から「不当な支配」の可能性』http://www.sankei.com/life/news/170728/lif1707280030-n1.html
の報道もある。

 就学支援金を受け取らなければ、一々問題視されずに高い自主性を維持できる筈だ。


※2017年8月10日追記
 信じられないような事実が判明。
https://tr.twipple.jp/p/7b/9bd6df.html
https://twitter.com/16backdoor/status/894850861377110016/photo/1

 西田裁判官を訴えた方?が、裁判官訴追委員会から受け取った書類に、H29、4月1日に裁判官の身分を失っていると記載。
 裁判官の身分の無い人が判決を行ったことになる。
 そんなことが許されるのか??
 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月29日 | トップページ | 2017年7月31日 »