« 2017年8月17日 | トップページ | 2017年8月19日 »

2017年8月18日の1件の投稿

2017年8月18日 (金)

2017年8月18日付け小説朝日新聞社説『徴用工問題 歴史再燃防ぐ努力こそ』を読んでの感想/お気楽朝日

 2017年8月18日付け小説朝日新聞社説『徴用工問題 歴史再燃防ぐ努力こそ』を読んでの感想。

以下感想
>植民地時代の元徴用工らへの補償問題について、これまでの韓国政府の見解から逸脱するかのような認識を示した。
 
 1965年の⽇韓請求権・経済協⼒協定で解決済みであるにも関わらず、慰安婦問題に続き、徴用工も追加。

>その真意には不明な点もあるが、歴史問題はとくに慎重な扱いを要する政治テーマである。文氏の言動には、あやうさを感じざるをえない。

 2017年08⽉15⽇付けAFP『「慰安婦」「徴⽤⼯」で不満=要求エスカレートも-韓国⼤統領』
より。
 『⽂⼤統領は演説で、歴史問題を安全保障や経済など他の分野と切り離して対処していく「ツートラック(2
路線)」戦略を取る⽴場を明確にした。北朝鮮が核・ミサイル開発を加速させる中、「共同で対応していくためには関係強化を図らなくてはならない」(⽂⼤統領)という判断があるためだ。』(原文ママ)。

 どんな発言も真意は不明。但し、ご都合により、安保、経済は別扱いの発言をしている。


>それに対し韓国の盧武鉉(ノムヒョン)政権は05年、慰安婦問題などの課題はなお残るとしつつ、徴用工については問題視しない見解をまとめた。

 慰安婦問題、政権が変わるたびに、ゴールポストが移動する。
 そこに、徴用工も加わった。

 仕込みは、前政権が因縁を付けた昨年の軍艦島の世界遺産登録からだ。
 これで、国際的な発言権を得たと解釈したのだろう。これは、安易に登録を急いだ日本側にも責任がある。

 2017/7/31J-CAST『韓国映画「軍艦島」異例の⼤ヒット 「記録映画の類ではない」はずだが...』
https://www.j-cast.com/2017/07/31304704.html?p=all
より。
『韓国外務省の会⾒では、記者がこういった点を指摘したのに答える形で、報道官は「政府は、⽇本政府が2015年7⽉にユネスコの世界遺産会議で約束した措置を誠実かつ早急に履⾏することを要求する」と主張した。』(原文ママ)。


>日本側は法的な問題に閉じこもらず、被害者たちの声に真摯(しんし)に向きあい、わだかまりをほぐすための方策を探り続けるのは当然の責務だ。

 つまり、第二の慰安婦問題に発展させたいが、朝日新聞の主張だ。


>韓国ではこの夏、徴用工らを題材にした映画が人気だ。

  2017/07/14 『【映画 軍艦島】朝日新聞の武田肇記者、朝日が火を付けて煽り撒くった日韓問題のお陰で、韓国ネットで批判にさらされ困惑』 
http://mymyantena.blogspot.jp/2017/07/blog-post_319.html
http://erakokyu.blog.jp/archives/asahi-170714.html
より。
『ところが韓国メディアは、日本人記者の挑発質問」を監督が見事に切り返したという趣旨の記事を配信し、私は韓国のネットユーザーの批判にさらされた。』(原文ママ、この『私』とは言うまでもなく朝日の記者)


>ソウルなどでは徴用工の像が建てられ、いわゆる少女像のレプリカを乗せた路線バスも走る。

 韓国・平昌冬季五輪が近付いているので準備中。これは、一部で予想されていた通りの状態。
 このような状態は、朝日新聞としては嬉しい限りであろう。 

 2017年8月15日付け毎日『韓国 徴用工像「日本大使館前に設置」…市民団体が主張』
https://mainichi.jp/articles/20170816/k00/00m/030/077000c
 次の設置場所を予約。

 少女像?、何故、慰安婦像と書かない。都合が悪いのか?
 慰安婦像、実は米軍装甲車女子中学生轢死事件の少女がモデル。今は反日に使われているが、元は反米の為の像(ウィキペディアを参考)。


>歴代政権が積み上げた歩みをまず尊重する。それが歴史問題の再燃を防ぐ出発点である。

 つまり、韓国大好きの朝日新聞としては、
 『歩み』=「ゴールポスト」の移動をまず尊重せよってこと。
 そして、日本を徹底的に叩くことが、歴史問題の再燃を防ぐ出発点であると言いたいのだろう。

 韓国の憲法前文は基本反日。
 韓国で護憲とは、反日だ。

 先ず、朝日新聞は、慰安婦問題について、誤報があったことを韓国で理解が得られるまで、丁寧な説明を行うべきであろう。
 そんな努力もせず、後始末は、日本政府、国民任せ。実にお気楽だ。


※午後追記
 2017/8/17付⽇本経済新聞 朝刊『内閣官房の研究(下)「歴史」摩擦の芽を摘む 根本解決なお描けず』
『最近では、国際連合⼈権理事会から任命された国連の特別報告者らに中韓が積極的に接触し、⽇本を批判する情報を伝えているという。』(原文ママ)。
 念の為、産経ではない。日経だ。
 付け火は、重罪だ。

 付け火でググると凄いことが分かる。
 トップページに『つけ火して 煙よろこぶ##新聞』が登場。
  http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%C4%A4%B1%B2%D0%A4%B7%A4%C6%A1%A2%B1%EC%A4%EA%B4%EE%A4%D6%A1%A2%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9


※2017年8月19日追記
2017/8/18付⽇本経済新聞 朝刊『韓国⼤統領、徴⽤⼯の個⼈請求権認める』より。
『05年、戦争被害者の救済策をまとめた⾸相主宰の官⺠「共同委員会」は、植⺠地統治下で強制労働に従事した徴⽤⼯に関して「⽇本から受け取った3億ドルの資⾦に包括的に勘案されているとみなさなければならない」と明記。徴⽤⼯への請求権問題の責任は韓国政府が持つべきだと結論づけた。当時、⼤統領⾸席秘書官だった⽂⽒は政府委員メンバーだった。17⽇の記者会⾒ではその点に関する⾒解をただされたが、答えなかった。』(原文ママ)。
 翌日の日経社説、2017/8/19付『韓国は徴⽤⼯問題蒸し返すな』では、
『韓国は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権下の2005年、⽇韓の請求権協定には徴⽤⼯問題も含まれ、賠償を含めた責任は韓国政府が持つべきだとの政府⾒解もまとめている。当時、⼤統領⾸席秘書官だった⽂⽒もこれにかかわった。』(原文ママ)。


 政権が変わるごとにゴールポストが移動。
 更に、肩書が変わるごとにゴールポストが移動も追加した方がよさそうだ。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月17日 | トップページ | 2017年8月19日 »