« 2017年8月3日付け小説朝日新聞社説『ネット配信 NHKは性急に過ぎる』を読んでの感想 | トップページ | 2017年8月4日付け小説朝日新聞社説『内閣改造 強権と隠蔽の体質正せ』を読んでの感想 »

2017年8月 3日 (木)

2017年8月3日付け小説朝日新聞社説『豪雨への備え 中小河川に警戒を』を読んでの感想

 2017年8月3日付け小説朝日新聞社説『豪雨への備え 中小河川に警戒を』を読んでの感想。

以下感想
>今回の水害で浮き彫りになったのは、50年に1度といった想定を超す雨の場合、避難時間は十分にとれず、土砂災害の発生が避けられない現実だ。 

 時間確保の為には、コンクリが必要だ。

>気象台や県が土砂災害警戒情報を出し、市が避難勧告を出した時には、山間部ですでに建物が流され始めていた。

 危険な場所には住まないか?コンクリが必要だ。


>局地的な雨の予測は今の技術では難しい。迅速な防災情報を出せるよう、気象庁にはさらに研究を求めたい。

 予測が難しい異常、コンクリによる対策が必要だ。
 研究は、2年、3年で終わるものではない。仮に雨の予報が100%出来る時代になっても、地盤、建物の状態で影響は変わる。


>一方で川や斜面の近くに住む人は自宅の災害リスクを認識し、自らの判断で先手を打って行動することが、命を守るために大切だ。

 今日は、てんでんこか?

 いつ起こるか分からない災害。先手を打って引っ越す方がよい。


>国交省は川ごとの氾濫リスクを検討したり、首長への連絡体制をきめ細かくしたりし、流域自治体への支援を拡充すべきだ。

 それでも「おら、家に残る」自由もある。住民への強制は許されない。
 
 国交省がいくら川ごとの氾濫リスクを検討しても、リスクはゼロにはならない。
 首長への連絡体制をきめ細かくして、受ける側も100%住民へアナウンスできる体制が出来ても、『気象台や県が土砂災害警戒情報を出し、市が避難勧告を出した時には、山間部ですでに建物が流され始めていた。』の状態では意味がない。

 避難まで、1分でも多くの時間を確保するにはコンクリだ。

 今日の社説では、ハード悪の主張が影を潜めている。

 2016年1月21日付朝日社説『洪水対策 「ソフト中心」徹底を』より。
『鬼怒川の氾濫では堤防整備が不十分な箇所が決壊したため、報告書も「ハード整備自体は不可欠」との立場だ。ただ、巨大なダムやスーパー堤防の建設を優先しがちな発想からはそろそろ抜け出すべきだろう。』(原文ママ)。
 自信のある主張なら、もっと繰り返すべきであろう。

 2017.7.15付け産経『【九州豪雨】民進党の蓮舫代表「臨時国会で復旧議論を」 九州豪雨被害を視察』 
http://www.sankei.com/politics/news/170715/plt1707150015-n1.html
より。
『福岡県東峰村では避難所を訪ね、高齢女性らに「家は大丈夫でしたか」などと声を掛けた。』(原文ママ)。
 避難所にいる人の中には、「家が大丈夫でない」人もいるだろう。
 これも前後関係不明の切り取り記事だが......
 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

|

« 2017年8月3日付け小説朝日新聞社説『ネット配信 NHKは性急に過ぎる』を読んでの感想 | トップページ | 2017年8月4日付け小説朝日新聞社説『内閣改造 強権と隠蔽の体質正せ』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/65615007

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年8月3日付け小説朝日新聞社説『豪雨への備え 中小河川に警戒を』を読んでの感想:

« 2017年8月3日付け小説朝日新聞社説『ネット配信 NHKは性急に過ぎる』を読んでの感想 | トップページ | 2017年8月4日付け小説朝日新聞社説『内閣改造 強権と隠蔽の体質正せ』を読んでの感想 »