« 2017年9月5日 | トップページ | 2017年9月7日 »

2017年9月6日の2件の投稿

2017年9月 6日 (水)

2017年9月6日付け小説朝日新聞社説『政務活動費 公開へもっと踏み出せ』を読んでの感想

 2017年9月6日付け小説朝日新聞社説『政務活動費 公開へもっと踏み出せ』を読んでの感想。
 
以下感想
>もう世間の関心が薄れたとでも思っているのだろうか。

 慰安婦誤報問題は、どうなのだ?
 世界の隅々まで誤報であったと理解させる努力が見えない。
 日本の女子挺身隊に着せた汚名に対する個人への謝罪も未だにない。残された時間は僅かだ。


>地方議員に支払われる政務活動費をめぐる不正が後を絶たない。

 神戸市議会の『平成28年度 政務活動費収支報告書 総括』は
http://www.city.kobe.lg.jp/information/municipal/jyouhoukoukai/seimukatudouhi/img/28syuushihoukokokusoukatsu-0726syuusei.pdf
にある。
 調査委託費が多いのが、公明党。
 広報費が多いのが、自民、共産。
 その他の経費が多いのが、公明、共産。
 返還額0円は、新社会党。交通費0円??


>いうまでもなく原資は税金だ。公金という認識の薄い人物が、住民代表として自治に携わるなど許されない。

 今日のもう一つの社説『前原民進党 失敗猛省し、出直しを』では、山尾氏のガソリン問題を取り上げず、男関係のみ取り上げている。


>そのために議会は使い道を裏づける文書をネットで全面公開すべきだ。

 問題の神戸市の場合は
http://www.city.kobe.lg.jp/information/municipal/jyouhoukoukai/seimukatudouhi/netH28.html
で公開。


>全国市民オンブズマン連絡会議によると、都道府県、政令指定市、中核市の計115議会のうち、今年6月時点で領収書をネット公開しているのは30議会にとどまる。昨年の9議会から増えたが、3割以下だ。見せられない事情が何かあるのか。
 
 2017/9/2付⽇本経済新聞 朝刊『政活費⽀給に占める使⽤額、10議会で10ポイント減 市⺠団体調査』より。
『富⼭市、兵庫県など10議会で⽀給額に対する使⽤額の割合(執⾏率)が前年度から10ポイント以上減少、領収書をインターネット上で公開している議会は、前年度の9議会から3倍以上の30議会に増えた。』、『8府県と5政令市、17中核市の計30議会が16年度の領収書をインターネット上で公開。他に宮城県や仙台市、⿃取県などの13議会が17年度からの公開を予定していると答えた。』(原文ママ)。

 急激に増えているのも現実。

 今日の社説によれば『「号泣県議」の元兵庫県議による不自然な支出が発覚して3年あまり。』。3年だ。ルールや予算である程度の時間がかかるのはやむを得ず。
 そもそも、『号泣県議』を取り上げた2014年7月14日付け社説『号泣県議―ひとごとではないです』では、『議会をネットで公開する。』の記載はあったが、「領収書をネットで公開せよ」の主張はなかった。

 2015年5月1日付け社説『政治とカネ―小渕氏の責任は免れぬ』では、『09年度以降、政治資金収支報告書は、総務省や都道府県選管での閲覧だけでなく、インターネットで見て印刷できるようになった。』(原文ママ)の記載はあるが、やはり、「領収書をネットで公開せよ」の主張は見られない。

 2015年7月21日付け社説『政務活動費―ネット公開当たり前に』で、『「ネット公開が当たり前」というほど地方議会の透明度が高くなれば、国会に改革を迫る圧力となるだろう。』(原文ママ)。 
 この時点で、ネット開示賛同が見られる。
 チェック漏れもあるかも知れないが、この時点を起点とすれば、朝日の主張からまだ2年だ。


>不正発覚後の執行率の低下をみると、そもそも必要な支出だったのかという疑念もわく。

 過度な遠慮に伴い調査などが不十分となって、他の自治体などの前例に従えでは意味がない。


>不祥事が発覚した議会は、当面の支給をやめることや、必要性を含め検討してはどうか。

 支給なしは、調査なしにつながり兼ねない。
 そんな停滞は、望ましいものではないが、朝日新聞としては、停滞をさせたいのだろう。

   
>そのぐらいの覚悟なしに、信頼を取り戻すことなどできない。

 議員は選挙で選ばれ入れ替わる。例え、政務活動費が問題になった議員でも、日頃の活動がそれ以上に大きければ、再スタートでその後信頼を取り戻すことは可能だ。
 民主主義である。
 
 一方、一般人には、人事的な入れ替わりが見えないメディアは、その報道内容が全て。しかし、日々信頼は失われるばかり。一部が大きく足を引っ張っているように思えてならない。
 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月6日付け小説朝日新聞社説『前原民進党 失敗猛省し、出直しを』を読んでの感想

 2017年9月6日付け小説朝日新聞社説『前原民進党 失敗猛省し、出直しを』を読んでの感想。
 
以下感想
>民進党の再生に向けて一歩を踏み出そうとした矢先に、前原誠司・新代表が執行部人事で大きくつまずいた。

 大した問題ではない。

>山尾氏の男性との交友をめぐり、週刊誌から本人に取材があったことが引き金になったようだ。 

 2017年9月5日付けTV東京『山尾氏断念 背景にスキャンダル』 
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/mplus/news/post_139811/
より。『民進党の新しい幹事長をめぐり前原新代表が山尾志桜里氏の起用を断念した背景に、山尾氏の私生活をめぐる問題が影響していたことがテレビ東京の取材で分かりました。』(原文ママ)。
 穏やかな表現。

 2017.9.5付けデイリー新潮『山尾志桜里氏の人事撤回 前原代表に「不貞疑惑の報道予定」質問飛ぶ 
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/09/05/0010527215.shtml
『同党は5日に行われた前原代表の記者会見の動画を党公式HPにアップした。山尾氏の幹事長起用撤回の理由に注目が集まる中、「前原執行部の幹部が初の執行役員会終え記者会見」と題した会見動画では、報道陣から山尾氏の「不貞疑惑の報道予定」を問う質問シーンも公開された。』(原文ママ)。
 『不貞疑惑』とは、週刊誌的表現。
 やはり、民進党らしく動画は隠して欲しいところ。

 2017.09.05アノニマスポスト『山尾しおり議員、私生活でスキャンダル発覚 不倫か?~ネットの反応「ガソリーヌからウワキーヌに昇格?」「不倫バレた 日本死ね」「これはTVマスコミ忖度間違いナシ!」』
http://anonymous-post.com/archives/11681
 2017.09.05アノニマスポスト『民進党・前原代表 幹事長のガソリーヌ山尾を急遽取り下げて白紙撤回 大島敦に入れ替え~ネットの反応「えー横領ババアで良かったのに」「嫌われすぎw」「幹事長になれなかった!日本死ね!」』
 http://anonymous-post.com/archives/11663
 ネット的表現。ウワキーヌに、日本死ねシリーズ。


>山尾氏を起用しようとした狙いは理解できる。

 ガソリン問題。説明が不十分と言わないのか?


>問われるのは前原氏の判断の甘さだ。要職に起用しようとした議員の事情を把握していなかったことを、結果として露呈した。岐路に立つ民進党を率いる代表として猛省すべきだ。

 党首が、党の議員の私生活まで把握しているようでは、逆にキモい。
 完璧を求めすぎる朝日新聞などメディアは、異常だ。その割には、報道内容がずさんだったりする。


>互いに足を引っ張り合うバラバラ体質への不信がその要因であることが、いつになったら骨身に染みるのか。

 過剰な多様性重視の余り、党内議論が出来ないレベルだから。
 少なくとも、前原応援組と枝野応援組で、分党するのが妥当だ。


>長期政権のひずみが目立つ安倍政権と対峙(たいじ)する野党第1党として「国民の選択肢」たりうるか、前原代表のもと「ラストチャンス」に挑もうとしたのではなかったか。

 民進党は、このような主張を参考に党運営するから何時までもダメなのである。
 対峙が目的では、『国民の選択肢』にはなれないことは明らか。対峙中心で、進めてきた結果が今にある点に気づくべき。
 だいた、対峙と言っても議論しない職場放棄、挙句は議論が足れないと主張。こんなガキ的行為は、対峙ではない。
 理念レベルではない政策の提案が望まれる。


>執行部人事では、代表代行に代表選を争った枝野幸男氏をあてるなど、党をあげて難局に臨もうとする姿勢はうかがえる。

 伺えない。何時ものメンバーのたらい回し。年功序列感(経験年数)が見える。

 ただ、新幹事長の大島氏は、あんた誰レベルで新鮮味はある。
 どうせなら、真の民進党をアピールする為に、辻本氏とか有田氏などを要職に抜擢する手もある。
  

>今回の失敗で前原氏の求心力の低下も予想される。党が結束できるかどうか、瀬戸際に立っていることを自覚し、一刻も早く出直さねばならない。

 何時までも、党内の結束に固執する限り、民進党の再浮上はあり得ない。
 先ずは、分裂覚悟の党内議論が必要だ。
 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月5日 | トップページ | 2017年9月7日 »