« 2017年9月10日 | トップページ | 2017年9月13日 »

2017年9月12日の2件の投稿

2017年9月12日 (火)

2017年9月12日付け小説朝日新聞社説『桐生9秒98 努力と研究が開く地平』を読んでの感想

 2017年9月12日付け小説朝日新聞社説『桐生9秒98 努力と研究が開く地平』を読んでの感想。
 
以下感想
>上下動のないフォームと高性能エンジンを連想させる爆発的な足の運び――。
 
 また、持ち上げて落とすようなことを考えているのか??と不安を感じる。


>新記録の背景には、練習によってその精緻(せいち)なバランスを極めた桐生の努力がうかがえる。

 2016年のリオ五輪400mリレーで銀メダルの結果がある。
 勝手解釈すれば、その練習と結果が大きなプラスになったと思う。
 陸上男子100メートルは1人で走るとは言え、チームで走る認識の影響だ。


>日本のアスリートが秘める可能性を、改めて教えてくれた新記録でもある。

2017.9.10付けデイリースポーツ『桐生9秒台から一夜「リオ五輪メダルより反響」山県からのメッセージには「泣きそうに」』
https://www.daily.co.jp/general/2017/09/10/0010541641.shtml
『タイムを出したら親戚が増えるって聞いていたけど、誰だろうっていう人からもきて、これが言われていたやつかと思った」と、笑った。』(原文ママ)。
 日本のアスリートが秘める可能性にあやかりか?


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日付け小説朝日新聞社説『たばこ規制 東京の機運を全国に』を読んでの感想

 2017年9月12日付け小説朝日新聞社説『たばこ規制 東京の機運を全国に』を読んでの感想。
 
以下感想
>日本も加盟する世界保健機関(WHO)の「たばこ規制枠組み条約」の指針が求めるのは、公共施設での「屋内全面禁煙」だ。喫煙室を設置しても漏れ出る煙で受動喫煙はゼロにはならないし、雇い主に向かって「客にたばこを吸ってほしくない」と、はっきり言えない従業員もいることだろう 

 そこまで気にするなら、公共施設の出入り口の喫煙コーナーこそ問題視すべき。迷惑そのものだ。
 従業員が、施設内での喫煙が気になるなら、やはり転職が一番。待遇が悪い企業にいる理由はない。現在なら、引く手あまただ。

 パチンコ屋の排ガス規制も必要だ。ときには、髪に臭いが付く。


>子どもが乗っている自動車内でたばこを吸ってはならないとし、家庭で子どもと同じ部屋で喫煙しないことを努力義務として課す。罰則規定は盛りこまない。

 子供は、親を選ぶことは出来ない。
 車内、住宅内ではガス室状態だ。
 路上でも、子供の目線の高さでタバコに火を付けたまま歩行する親も散見する。
 罰則規定なしでは、今後も子供への強制喫煙が続く。幼児・児童虐待親として、積極的な対応が求められる。


>ただ、喫煙自体は違法な行為ではない。私的な領域に公権力はどこまで口を出してよいのか、相互監視の風潮を生まないかなどの疑問や不安もある。

 飲食店など民間は、先ず、客に選ぶ権利として、入口に明確に分煙なし、喫煙可などの表示をしてくれればよい。自主的に、明日から可能なものだ。
 従業員は、待遇が気に入らなければ即転職だ。


>都議会の審議では論点を洗い出し、条文の内容や制定後の運用のあり方などについて、議論を尽くす必要がある。

 2017年8月2日付け朝日新聞社説『小池知事1年 真に「開かれた都政」を』より。
『知事は従来の都政をブラックボックスと呼んで批判した。だがこれでは新しいブラックボックスが生まれただけで、都民への説明責任を果たしていない点で変わりないではないか。』(原文ママ)。
 ブラックボックス問題は、今日はお休みのようだ。


>ここは一気に、全国レベルで対策を進めるべき時だ。

 社説の中で、『喫煙室を設置しても漏れ出る煙で受動喫煙はゼロにはならないし、雇い主に向かって「客にたばこを吸ってほしくない」と、はっきり言えない従業員もいることだろう。』(原文ママ)の記載がある。
 分煙を含めた指摘であろう。

 朝日新聞、築地のテナント情報。
http://www.asahi-hall.jp/hamarikyu/access/facility.html

 朝日新聞、築地本社にあるレストランの支店の食べログ
 https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13050476/
 禁煙・喫煙について、『分煙』と表記。

 浜離宮朝日ホール店のとんかつ屋
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13055705/
 では、『全面喫煙可』。

 朝日新聞、築地本社にあるコーヒーチェーンの支店 
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13104786/
では、『完全禁煙』になっている。
 
 浜離宮朝日ホール店のふぐ料理店、
 https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13042418/
は、禁煙・喫煙の情報なし、そして、休業中。

 先ずは、主張が正しいと思うなら、自社関連施設内の民間企業を説得して見てはどうだろうか?
 2017年7月14日付け小説朝日新聞社説『受動喫煙ゼロ がん計画に目標明記を』でも、自社関連施設内の民間企業を説得をするように記したが、2か月後の今も説得が進んでいるようには思えない。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月10日 | トップページ | 2017年9月13日 »