« 2017年10月2日付け小説朝日新聞社説『衆院選 原発政策 各党は具体策を示せ』を読んでの感想 | トップページ | 2017年10月3日付け小説朝日新聞社説『衆院選 民進党分裂 政策を軽んじた末に』を読んでの感想 »

2017年10月 2日 (月)

2017年10月2日付け小説朝日新聞社説『クルドの将来 対話重ねて共生の道を』を読んでの感想

 2017年10月2日付け小説朝日新聞社説『クルドの将来 対話重ねて共生の道を』を読んでの感想。

以下感想。
>中東をさらに不安定にする、新たな火種が生まれている。

 クルド人は、フセイン時代は、弾圧されていたとされる。 
 そして、イラクのIS(イスラム国)対応で、クルドの方々は、軍事的に活躍をした。今日の朝日社説でも『イラクでは過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦で、クルド人の軍事組織が重要な役割を果たした。』と記載。
 2017/6/7付日本経済新聞 朝刊『ラッカ奪還作戦開始 「イスラム国」劣勢 米軍、クルド部隊支援』の報道もあった。
 
 弾圧から評価へ。それが独立への自身につながった可能性がある。

>中央政府のアバディ首相は、投票を違憲だとして交渉を拒んでいる。

 スペインのカタルーニャ独立問題では、政府、司法が違憲扱い。


>中央政府とクルド側で対話を重ね、時間をかけて平和的な共生を導く道筋を探ってほしい。

 お決まりの話し合え。実にお気軽。
 2017/9/30付⽇本経済新聞 朝刊『クルド⾃治区、国際線封鎖 イラク政府が制裁 経済滞る恐れ』より。
『25⽇にクルド⾃治政府が独⽴を問う住⺠投票を強⾏したことに反発するイラク政府が「空路封鎖」という制裁措置を科した形だ。ビジネス客の往来や⽣活物資の輸送が滞ることで、クルド側は経済的な苦境に陥る恐れがある。』(原文ママ)。
 既に制裁が始まっている。 

 
>輸入原油の8割以上を中東に依存する日本にとってもひとごとではない。原油相場は上昇の傾向を見せている。

 しかし、原発再稼働反対の朝日新聞。再生エネで電気料金の負担増しもお構いなしか。

 2017/9/27付⽇本経済新聞 朝刊『クルド住⺠投票 原油に上昇圧⼒ 北海ブレント、2年2ヵ⽉ぶり⾼値 イラク産供給減の思惑』より。
『⽇本が輸⼊する原油のうち、イラク産は2%強にとどまる。南部からペルシャ湾を通るタンカーで輸⼊しており、北部のクルド⼈⾃治区からは調達していない。イラク南部の油⽥地帯で⽣産障害が起きれば、⽇本を含むアジアへの供給に影響が出る可能性がある。』(原文ママ)。
 暫くは、イラク産を増やさないことが望ましい。


>イラク復興のため、日本は自治区内も含めた各地でインフラ整備などを支援してきた。国際社会と歩調を合わせ、平和的解決のため働きかけを強めたい。

 一応、「日本として」を記載。国際問題では遠巻き主張で、「日本として」がないことも多い朝日社説。

 2017/9/27付⽇本経済新聞 朝刊『クルド⾃治政府、住⺠投票 独⽴賛成、圧倒的勢い イラク、中東の⽕種に』より。
『現地メディアによる開票序盤の集計では9割超が独⽴賛成に投じたもようだ。イラク政府や隣国のトルコなどは独⽴の動きに反発。イラク軍は26⽇、トルコ軍が威嚇のために続ける国境付近での軍事演習に参加した。』(原文ママ)。
 強い民意。
 クルド自治政府のバルザニ議⻑は1〜2年かけて協議と主張しているで、イキナリ戦闘行為にはならないだろう。
 しかし、交渉を始めれば、イラク以外に住むクルド人を触発しかねない。分断、テロ、内戦の恐れだ。
 故に朝日主張の『中央政府とクルド側で対話を重ね』とは、火に油を注ぐことになりかねない火種作りの主張でもある。 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

|

« 2017年10月2日付け小説朝日新聞社説『衆院選 原発政策 各党は具体策を示せ』を読んでの感想 | トップページ | 2017年10月3日付け小説朝日新聞社説『衆院選 民進党分裂 政策を軽んじた末に』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/65863674

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年10月2日付け小説朝日新聞社説『クルドの将来 対話重ねて共生の道を』を読んでの感想:

« 2017年10月2日付け小説朝日新聞社説『衆院選 原発政策 各党は具体策を示せ』を読んでの感想 | トップページ | 2017年10月3日付け小説朝日新聞社説『衆院選 民進党分裂 政策を軽んじた末に』を読んでの感想 »