« 2017年12月3日 | トップページ | 2017年12月5日 »

2017年12月4日の2件の投稿

2017年12月 4日 (月)

2017年12月04日(月)付け小説朝日新聞社説『ジンバブエ 民主化の希望を見たい』を読んでの感想/アラブの春で、イキナリ春が来ないことは学習済だが

 2017年12月04日(月)付け小説朝日新聞社説『ジンバブエ 民主化の希望を見たい』を読んでの感想。

以下感想。
>長期独裁の象徴ともいわれたジンバブエのムガベ大統領が辞任した。

 『辞任した。』×
 「辞任をさせられた」が妥当。


>経済は混乱し、ハイパーインフレを招いた。

 どの程度か分からない表現の朝日社説。
 過去には、100兆ジンバブエドルのお札も発行。

 『本当にあった世界のハイパーインフレ「年率2億3,100万%」』
https://woman.mynavi.jp/article/130602-015/


>アフリカで民主主義が滞るのは、欧州列強による植民地支配の負の遺産ともいえる。

 その後の責任は、アフリカにある。
 いつまでも、植民地支配ガーでは発展はない。


>そのうねりが「アラブの春」を生んだ。

 アラブの春は、理念の希望から始まり、現実に直面して失望、絶望へ。 
 2016/3/11付日本経済新聞 朝刊『〈初歩からの中東〉民主化「アラブの春」 頓挫相次ぎ政情不安』より。『しかし、国際的な支援を十分に得ることができなかった運動は失速し、多くの国で内戦に陥ったり、専制的な体制に後戻りしてしまった。』(原文ママ)。

 2017/10/19 付け ⽇本経済新聞 電⼦版『2度⽬の「春」に揺れるモロッコ ⺠族問題も影』より。『北アフリカの⽴憲君主制国家モロッコが、2度⽬の「アラブの春」で揺れている。2016年秋以降、北部の都市ホセイマを中⼼に断続的にデモが起き、緊張状態が続く。』(原文ママ)。
 モロッコでは、朝日新聞の大好きなデモが断続的に発生。


>もしジンバブエに国民本位の新たな政治が芽生えれば、大陸全体の民主化の進展に影響を与える可能性もあるだろう。

  2016/3/11付日本経済新聞 朝刊『〈初歩からの中東〉民主化「アラブの春」 頓挫相次ぎ政情不安』より。
『長く独裁体制が続いた国では、選挙をしたからといって、すぐに安定した民主体制に移れるわけではない。公正な司法の制度を整えたり、安全を守るための警察の機能を強めたりするには国際社会の粘り強い支援が欠かせない。過ぎ去った「春」が残した苦い教訓だ。』(原文ママ)。

 イキナリ春が来ないことはことは学習済だが、朝日新聞の見解は違うようだ。


>アフリカが秘める魅力と発展の可能性は底知れない。政変や人道危機などに限らず、もっと多様な関心の目を向けたい。

 アフリカと言えば、中国の動きが気になるところ。
 しかし、朝日社説は中国のアフリカへの関心を隠したいのか、ジンバブエに対する中国の動きの記載はない。

 2017年11⽉29⽇付け日経ビジネス『中国新聞趣聞〜チャイナ・ゴシップス なぜ中国はジンバブエのクーデターを黙認したか』より。 
『この事件の背後で中国が関与していたのではないか、という憶測がCNNなどで流れた。証拠はあがっていない。クーデター前に国軍司令官が訪中しており、ムガベ排除について、中国の了解をとっていたのではないか、というあくまで憶測である。』(原文ママ)。
『さらに、ムガベの厚かましさ、無礼さが習近平の気に⼊らないようでもある。ムガベ政権は⻑期にわたって中国から援助を受けてきたが、最近は⾜りないといっては不満げな顔をすることが多くなった。』(原文ママ)
 他に、抗⽇戦争勝利70周年記念に不参加も中国としては気に入らなかったようだ。

 金儲けアリキの中国だ。
 
※午後追記
 2017/12/4付⽇本経済新聞 ⼣刊『中国版ノーベル平和賞に物議 フン・セン⽒ら候補に 強権賛美思惑透ける』より。
 『「中国版のノーベル平和賞」とされる孔⼦平和賞の2017年の受賞者が12⽉上旬にも選ばれる。11⽉21⽇に辞任したジンバブエのムガベ前⼤統領ら強権政治を進める指導者を選ぶことがあり、中国内外で物議を醸してきた』、『15年にムガベ⽒が孔⼦平和賞に選ばれた理由は「アフリカでの平和への貢献」だった。』(原文ママ)。
 ムガベ前⼤統領は2015年に受賞済。
 今日の朝日社説は、『国防相や情報機関トップを歴任し、反体制派の弾圧や市民の虐殺にかかわったともいわれる。』とも記しているが、この孔⼦平和賞の言及無し。都合が悪いのか?中国への忖度か?

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●参考
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

 NHK『ストップ詐欺被害!私はだまされない』http://www.nhk.or.jp/shutoken/stop-sagi/index2.html
 折り込め詐欺のページ http://www.kokusyo.jp/oshigami/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月04日(月)付け小説朝日新聞社説『議場に乳児 問題提起に向き合おう』を読んでの感想/主張に沿う問題提起ならルール無視OKの朝日か

 2017年12月04日(月)付け小説朝日新聞社説『議場に乳児 問題提起に向き合おう』を読んでの感想。

以下感想。
>反響が広がっている。

 『波紋』の表現を使わない点に注目。


>そう認めたうえで、この女性市議の行動を、価値ある問題提起だと考える。

 今後は、徘徊、奇声、失禁などで介護が必要な人の同伴も、価値ある問題提起扱いにするのか?


>すべての議会に対する、良い意味での刺激にもなった。
 
 自己主張の為なら、ルールを無視してもよいと言う論調には疑問だ。

 熊本市議会は、議員以外が議場に入ることは禁じられている。
 同議員の強行に伴い市議会は約40分遅れて開会。これは、市政の損失でもある。
(議員以外ガーと40分遅れは、Business Journal『乳児連れ議場入りの市議に、私が抱く違和感…これは「子育て両立」なのか?』http://biz-journal.jp/2017/11/post_21490.html を参考)。
 
 更に問題は、朝日社説には、この点の記載がない。
 朝日の主張に沿うものなら、何でもOKなのだろう。


>本来、社会の縮図に近い議員構成が望ましいのに、現状は老若男女には程遠く、「老老男男」の議会がほとんどだ。

 一定の年齢に達すれば被選挙権が得られる。立候補出来る以上、「老老男男」は、単なる結果である。
 男女、年齢問わず、リーン・インをしないだけだ。


>乳児を連れて入れる議場にすることは、こうした現状を打開する一案になりうる。

 これは、同伴を意味している。


>たとえば、沖縄県北谷町(ちゃたんちょう)ではことし9月、町議が休憩時間に議員控室で授乳しながら本会議に出席した。

 これは、一時的なもの。乳児同伴の議会とは全く異なる。


>5月には女性上院議員が連邦議会で初めて議場内で授乳した。

 2017.5.11産経付け『【海外こぼれ話】議場で“歴史的”授乳 オーストラリア連邦議会』
http://www.sankei.com/world/news/170511/wor1705110028-n1.html
『オーストラリアでは昨年、議会の規定が改正され、議場で授乳できるよ
うになった。』(原文ママ)。
 
 2017.05.10付け『議員が議場で「歴史的授乳」、規定改正で実現 豪』https://www.cnn.co.jp/fringe/35100926.html
より。『オーストラリア議会では昨年、規定が改正され、女性議員が議場で授乳することが認められた。それまで議場に子連れで入ることは禁止され、授乳中の議員は代理による投票を行っていた。』(原文ママ)。
 以前は、子連れ禁止であった。

 ルールに従った行動である。
 

>議員活動をしながら出産や育児をしやすい制度を整える。

 議員専用の託児所を設けるような状態は問題である。
 庁舎に施設を設けるなら、誰もが利用できる状態が求められる。


>そのことは議会に多様な視点を注入するために役立ち、社会を健全に保つことにも資する。

 多様な視点の為に何をしても見つめる論調には疑問だ。
 『反響』ではなく、『波紋』と表現するべきであろう。

 多様な視点なら、議員活動をしながら介護をしやすい制度を整えろ、更に、に介護の必要な人が当選した場合の環境整備が必要だと主張して欲しいものだ。
 

※午前追記
 このような社説を書く朝日新聞だから、正社員、派遣、アルバイト問わず、許可なく職場に乳児の連れ込みは当然OKであろう。 『反響』を呼ぶこと間違えなしだ。そして、多様な意見を反映した紙面が作れるだろう。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●参考
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

 NHK『ストップ詐欺被害!私はだまされない』http://www.nhk.or.jp/shutoken/stop-sagi/index2.html
 折り込め詐欺のページ http://www.kokusyo.jp/oshigami/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月3日 | トップページ | 2017年12月5日 »