« 2017年12月01日(金)付け小説朝日新聞社説『森友問題審議 無責任すぎる政府答弁』を読んでの感想。 | トップページ | 2017年12月02日(土)付け小説朝日新聞社説『性犯罪と社会 深刻な被害に向きあう』を読んでの感想/親の借金のかた »

2017年12月 1日 (金)

2017年12月01日(金)付け小説朝日新聞社説『相撲協会 厳しい視線を自覚せよ』を読んでの感想

 2017年12月01日(金)付け小説朝日新聞社説『相撲協会 厳しい視線を自覚せよ』を読んでの感想。

以下感想。
>浮き彫りになったのは、一般社会の常識・感覚から遠い角界の体質であり、日本相撲協会のガバナンス能力の欠如だ。

 ガバメントだと1強扱い。
 アベニクシーのガバナンスで企業統治の朝日新聞か。
 

>協会が貴ノ岩から事情を聴こうとすると、師匠の貴乃花親方が納得できる説明のないまま要請を拒んだ。首をかしげる行動である。

 何故、貴乃花親方がその行動を取るのか?何ら説明がない。
 貴乃花親方に不信感を抱かせるのが目的と思える。

 現時点では、鳥取県警が書類送検をした段階で貴ノ岩への聞き取りを認める意向と報道されている(2017年11月30日 ライブドア『貴乃花親方、書類送検後に貴ノ岩の聴取認める意向』 ソースは朝日)が、この件の記載がない社説。


>一部は実行されたが、例えば理事の約半数を外部から登用すべきだという案は葬られ、構成
はいまも「力士出身10人、外部3人」と内向きなままだ。

 ブーメラン朝日か?
 朝日新聞の社外取締役(2017年7⽉27⽇現在)
 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11049737
を見ると何と取締役以上の肩書が13名で社外取締役が0人。
 ウィキペディアを見る(2016年6月24日現在)。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E%E7%A4%BE
 こちらは14名で、社外取締役は、藤ノ木正哉氏だけ。同氏はasahi.comにも記載あり。
 何故、asahi.comに社外取締役と明記しないのか?何か隠したい事情があるのか?疑問ばかりが募る。
 先ずは、自虐した方がよい。


>横綱の品格うんぬんを超え、協会そのものが問われている。

 報道機関として品格が気になる。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

 NHK『ストップ詐欺被害!私はだまされない』http://www.nhk.or.jp/shutoken/stop-sagi/index2.html
 折り込め詐欺のページ http://www.kokusyo.jp/oshigami/

|

« 2017年12月01日(金)付け小説朝日新聞社説『森友問題審議 無責任すぎる政府答弁』を読んでの感想。 | トップページ | 2017年12月02日(土)付け小説朝日新聞社説『性犯罪と社会 深刻な被害に向きあう』を読んでの感想/親の借金のかた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66108076

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年12月01日(金)付け小説朝日新聞社説『相撲協会 厳しい視線を自覚せよ』を読んでの感想:

« 2017年12月01日(金)付け小説朝日新聞社説『森友問題審議 無責任すぎる政府答弁』を読んでの感想。 | トップページ | 2017年12月02日(土)付け小説朝日新聞社説『性犯罪と社会 深刻な被害に向きあう』を読んでの感想/親の借金のかた »