« 2017年12月03日(日)付け小説朝日新聞社説『シリア内戦 和平への機会を逃すな』を読んでの感想 | トップページ | 2017年12月04日(月)付け小説朝日新聞社説『議場に乳児 問題提起に向き合おう』を読んでの感想/主張に沿う問題提起ならルール無視OKの朝日か »

2017年12月 3日 (日)

2017年12月03日(日)付け小説朝日新聞社説『出自知る権利 いつまで放置するのか』を読んでの感想/国際修正権に関する条約ってのある

 2017年12月03日(日)付け小説朝日新聞社説『出自知る権利 いつまで放置するのか』を読んでの感想。

以下感想。
>条約に明記されながら、国内で法的な保護の下にないものの一つが「父母を知る権利」だ。

 条約に明記されながら?
 日本に限らず条約に未批准な場合はある。
 
 国会図書館『わが国が未批准の国際条約一覧』(2013年1月現在)
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_8196396_po_201203d.pdf?contentNo=1
 
 人権では、集団殺害罪の防止及び処罰に関する条約(ジェノ
サイド条約)がまだのようだ。これは、憲法9条の存在でダメ(ジェノサイドが発生した場合、その国に対して軍事的な介入義務があるようだ)。故に朝日新聞としては、書きたくないのだろう。

 
 国際修正権に関する条約(Convention on the International Right of
Correction.)って、未加盟なのか?
 これは、『国際的に配信されたニュースが外交関係や国家の威信を傷つけるおそれのある誤ったものであると主張する締約国が他の締約国に対し、事実の説明書を交付し、受領した国が遅滞なくそれを公表する制度を創設することを定める。 締約国数:17(2012.9.9 現在)』(原文ママ)。
 これは、朝日新聞としては、存在を隠したい条約に思える。


 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約(略称:国際組織犯罪防止条約)http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/soshiki/boshi.html
『2017年6月15日に条約を実施するための国内法別ウィンドウで開くが国会で可決成立し,同年7月11日に本条約を締結しました。』(原文ママ)。
 未だ反対派が多いようだ。


>生殖補助医療( 不妊治療)の進展を踏まえ、法整備の必要が指摘されてきたのに、国会の動きは鈍い。医療現場任せをいつまで続けるのだろうか。

 知ってしまってショックを受けて、アベが悪い、政府が悪い、日本が悪いのパターンが予想される。
 「心のケアが必要だ」団体の利権が発生する。

 学術の動向 2010.5『子どもの出自を知る権利について』
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tits/15/5/15_5_5_46/_pdf より。
『親の病気や死、離婚などをきっかけに知ることが多い。親が子どものために積極的に告知をするということではなく、家庭内に危機的な状
況が起こって言わざるをえない状況になり、知らされたという人が多い。この状況は子どもに二重のショックを与える。また事実を知る年齢
が非常に遅いということも大きな問題である。結婚や出産など、人生の大きな決断をした後に知ることになると、負担はより大きくなる。自
分は遺伝的なルーツが半分わからないわけだが、自分が生んだ子どもも 4分の 1がわからない。自分の不明な部分を次の世代に引き継いで
しまったことに、子どもに対する申しわけなさを感じていたり、その事実をどう伝えたらよいのか、自分自身がまだAIDという事実を受け
入れられていないのに、そのことを自分の子どもにどう話すのか、ということに悩んでいる人も少なくない。』(原文ママ)。
 一つの現実。


>親に裏切られたという怒り、遺伝的ルーツがわからないことに伴うアイデンティティーの喪失感、近親婚への不安、それらに伴う心身の不調などだ。

 AIDが『親に裏切られたという怒り』なら知らせない方が幸せ。
 

>たとえば、医療機関が個別に管理している提供者の情報を、学会が主導する組織の下に移すなど、できるところから始めてはどうだろう。

 移管行為に伴い漏洩して、知りたくないにも関わらず知ってしまう場合もあろう。


>生まれてくる子どもたちのために、大人たちは何をなすべきか。

 今日の朝日の主張だけでは、結果的に親子の積極的な溝作りの可能性を高めたいように思える。


 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。


 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

 NHK『ストップ詐欺被害!私はだまされない』http://www.nhk.or.jp/shutoken/stop-sagi/index2.html
 折り込め詐欺のページ http://www.kokusyo.jp/oshigami/

|

« 2017年12月03日(日)付け小説朝日新聞社説『シリア内戦 和平への機会を逃すな』を読んでの感想 | トップページ | 2017年12月04日(月)付け小説朝日新聞社説『議場に乳児 問題提起に向き合おう』を読んでの感想/主張に沿う問題提起ならルール無視OKの朝日か »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66115879

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年12月03日(日)付け小説朝日新聞社説『出自知る権利 いつまで放置するのか』を読んでの感想/国際修正権に関する条約ってのある:

« 2017年12月03日(日)付け小説朝日新聞社説『シリア内戦 和平への機会を逃すな』を読んでの感想 | トップページ | 2017年12月04日(月)付け小説朝日新聞社説『議場に乳児 問題提起に向き合おう』を読んでの感想/主張に沿う問題提起ならルール無視OKの朝日か »