« 2017年12月08日(金)付け小説朝日新聞社説『米の中東政策 和平遠のく「首都」宣言』を読んでの感想/すり替え | トップページ | 2017年12月09日(土)付け小説朝日新聞社説『憲法70年 内閣と国会に緊張感を』を読んでの感想 »

2017年12月 8日 (金)

2017年12月08日(金)付け小説朝日新聞社説『羽生永世七冠 探究心と、柔軟さと』を読んでの感想

 2017年12月08日(金)付け小説朝日新聞社説『羽生永世七冠 探究心と、柔軟さと』を読んでの感想。

以下感想。
>コンピューター将棋の進化で、新しい戦法もすぐに古びてしまう。日進月歩の将棋界で生き抜く厳しさは、羽生さんにしても例外ではなかった。

 そうとは、言えないようだが......
 2017/12/6付⽇本経済新聞 朝刊『⽻⽣、永世七冠を達成 貪欲に知を探求 「まだ何もわかってない」』より。『今回のシリーズでもほとんどが最新型の戦いだった。ソフトの進化により再評価されてプロの間で復活した雁⽊(がんぎ)戦法をタイトル戦でいきなり使うなど実戦をうまく活⽤。⽻⽣新⻯王は「変化する将棋を何とか取り⼊れることを繰り返してきたのが実感」と振り返る。』(原文ママ、注、雁⽊囲いが一般的表現のようだ)。

>「決断とリスクはワンセット」「実践には思考の何倍もの『学び』がある」「そんな馬鹿なと思われることから創造は生まれる」「先入観を捨てよ」

 多くに通じる。
 『先入観を捨てよ』は、朝日新聞が実行すべきこと。


>短時間に多くの指し手を読む力で、コンピューターははるかに人をしのぐ。では人間の可能性をどこに見いだすのか。「いかに読まないかだ」と羽生さんは言う。論理ではなく、その場でパッと判断できる大局観こそが武器になる、と。

 勝ことだけを取り上げている。
 羽生氏は、人間の可能性の一つに接待将棋(相⼿にうまく負けて喜ばせてあげる)を取り上げている。(https://wired.jp/2017/02/14/habu-ishiyama/ )


>挑戦を続けるその姿勢は、世代や立場を問わず、これからも多くの人を勇気づけるに違いない。

 一部の世代、一部立場に偏り、一部の人を勇気づける朝日新聞。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●参考
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

 NHK『ストップ詐欺被害!私はだまされない』http://www.nhk.or.jp/shutoken/stop-sagi/index2.html
 折り込め詐欺のページ http://www.kokusyo.jp/oshigami/

|

« 2017年12月08日(金)付け小説朝日新聞社説『米の中東政策 和平遠のく「首都」宣言』を読んでの感想/すり替え | トップページ | 2017年12月09日(土)付け小説朝日新聞社説『憲法70年 内閣と国会に緊張感を』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66135107

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年12月08日(金)付け小説朝日新聞社説『羽生永世七冠 探究心と、柔軟さと』を読んでの感想:

« 2017年12月08日(金)付け小説朝日新聞社説『米の中東政策 和平遠のく「首都」宣言』を読んでの感想/すり替え | トップページ | 2017年12月09日(土)付け小説朝日新聞社説『憲法70年 内閣と国会に緊張感を』を読んでの感想 »