« 2017年12月14日(木)付け小説朝日新聞社説『党首討論ゼロ あり方見直す契機に』を読んでの感想 | トップページ | 2017年12月15日(金)付け小説朝日新聞社説『税制改革 将来像なきつぎはぎだ』を読んでの感想/政策集はガン無視の朝日社説 »

2017年12月15日 (金)

2017年12月15日(金)付け小説朝日新聞社説『伊方差し止め 火山国への根源的問い』を読んでの感想/期限付き運転停止を隠しての主張

 2017年12月15日(金)付け小説朝日新聞社説『伊方差し止め 火山国への根源的問い』を読んでの感想。

以下感想。
 伊方とは地名。伊方町?を差し止めてどうする。

>熊本県の阿蘇山が巨大噴火を起こせば、火砕流が伊方原発に達する可能性が否定できない、との理由だ。

 真にそう判断したのならば、期限付きではない。
 決定は、2018年9⽉30⽇までの期限付き運転を差し⽌めだ。これを書かない朝日新聞社説。
 当然、その理由も書かない朝日新聞社説。

 2017/12/14付⽇本経済新聞 朝刊『伊⽅原発運転差し⽌め 決定要旨』より。『【主⽂】2018年9⽉30⽇まで伊⽅原発3号機を運転してはならない。』、『【結論】 本件は仮処分であり、現在係争中の本訴訟で広島地裁が異なる判断をする可能性を考慮し、運転停⽌期間は18年9⽉30⽇までとする。』。
 理由は、本控訴の判断待ちである。

 また、新規制基準について、火山以外は合理的と判断している。この点も朝日社説には記載がない。
 日経要旨より。『基準地震動策定や過酷事故対策、テロ対策の合理性など、⽕⼭の影響による危険性以外の争点について新規制基準は合理的で、伊⽅原発が基準に適合するとした規制委の判断も合理的と認められる。』


>広島高裁は、巨大噴火が起きることは否定できないとする火山学者らの見解を踏まえ、伊方原発から約130キロ離れた阿蘇山で9万年前と同規模の噴火が発生したら、原発が被災する可能性は「十分小さい」とはいえないと指摘。

 9万年に一度レベルを想定せよってこと。
 阿蘇山は、9万年前に巨大カルデラ噴火を起こしたとされる。
 NHKのHPに
http://www.nhk.or.jp/sonae/column/20130314.htmlに、このときの状態の記載がある。
『阿蘇4噴火では、火砕流が九州のほぼ全域を襲い、一部は海を越え、山口県にまで到達したこと(100km以上火砕流が走ったことになる)が分かっています(図3)。さらに、(図1)に示したように、噴き上げられた噴煙から堆積した火山灰は日本全土を覆い尽くし、その厚さは北海道東部でも10cm以上に達します。』(阿蘇4噴火とは、9万年前の噴火のこと)。
 また、次の記載もある。『放出したマグマは600立方km以上に達し、先に述べた鬼界カルデラ噴火の5倍以上です。』。
 
 では、7,300年前の鬼界カルデラの噴火はどの程度の被害だったのか?
『活火山のない四国も厚い火山灰で覆われ、南九州から四国にかけて生活していた縄文人は死滅するか、食料を求めて火山灰のない地域に移動し、1,000年近く無人の地となったようです。というのも、この火山灰層の上下から発見される縄文遺跡の土器の様式が全く異なっているからです。』
 9万年前の阿蘇山の噴火の1/5でもこのレベルだ。
 被害は、もはや、原発ガーを通り越している。騒ぐヒマもない有様が想定できる。
 

>規制基準を満たしたとする規制委の判断を「不合理」だと結論づけた。

 火山についてだけの話。この点が朝日社説からは読み取り難い。隠したいってところか。


>巨大な災厄をもたらす破局的噴火が起これば、日本列島の広範囲に壊滅的な被害が及ぶ。原発だけ論議してどれほど意味があるか、という見方もあろう。

 被害は上記のレベルだ。
 それを隠してこの主張は、余りにご都合主義。


>しかし福島第一原発の事故の教訓は、めったにないとして対策をとらなければ、取り返しのつかない被害を招くというものだった。

 福島は1000年に一度レベル。
 伊方は、9万年単位のレベル。文字の記録もない時代だ。そこにリスクゼロを求めるのか?

 ⽕⼭の影響による危険性以外の争点について新規制基準は合理的の判断である。
 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●参考
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

 NHK『ストップ詐欺被害!私はだまされない』http://www.nhk.or.jp/shutoken/stop-sagi/index2.html
 折り込め詐欺のページ http://www.kokusyo.jp/oshigami/

|

« 2017年12月14日(木)付け小説朝日新聞社説『党首討論ゼロ あり方見直す契機に』を読んでの感想 | トップページ | 2017年12月15日(金)付け小説朝日新聞社説『税制改革 将来像なきつぎはぎだ』を読んでの感想/政策集はガン無視の朝日社説 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66160371

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年12月15日(金)付け小説朝日新聞社説『伊方差し止め 火山国への根源的問い』を読んでの感想/期限付き運転停止を隠しての主張:

« 2017年12月14日(木)付け小説朝日新聞社説『党首討論ゼロ あり方見直す契機に』を読んでの感想 | トップページ | 2017年12月15日(金)付け小説朝日新聞社説『税制改革 将来像なきつぎはぎだ』を読んでの感想/政策集はガン無視の朝日社説 »