« 2018年2月11日(日)付け小説朝日新聞社説『南北朝鮮対話 非核化の目標、堅持を』を読んでの感想 | トップページ | 2018年2月12日(月)付け小説朝日新聞社説『若者の自殺 SOSの出し方伝える』を読んでの感想 »

2018年2月11日 (日)

2018年2月11日(日)付け小説朝日新聞社説『票の焼却 選挙の重み忘れた不正』を読んでの感想。

 2018年2月11日(日)付け小説朝日新聞社説『票の焼却 選挙の重み忘れた不正』を読んでの感想。

以下感想。
>選挙制度への信頼を損ねる、許しがたい不正行為だ。

 1/3が押し紙の新聞社があると言う。
 これは、広告主、読者を欺く、許しがたい不正行為だ。税金の処理をどうしているのか?となると読者を超えて国民を欺く行為だ。


>昨年10月の衆院選の開票で、滋賀4区の甲賀市の職員が、票数が足りないために白票(無効票)を数百票水増しし、後で見つかった未集計の数百票を、開票せず焼却処分していた。

 忍術は、使えなかった。
 滋賀では破棄がよくあるのか?
 2018/1/30付⽇本経済新聞 ⼣刊『未解決400件の書類を誤廃棄 滋賀、警察署移転で』より。『滋賀県警は30⽇、甲賀署で保管していた窃盗事件の被害届など約400件分の捜査書類を誤って廃棄したと発表した。』


>市選管は当落に影響がなかったというが、有権者がどの候補に何票投じたかという、民意の記録は永遠に闇の中だ。

 押し紙と税務処理は、永遠に闇の中にはならないことを願いたい。


>しかし片付け中に票が入った投票箱1箱を見つけたのは複数の職員だ。

 2018年2月7日付け毎日『甲賀市選挙不正 総務課長「投票用紙、自宅焼却炉で処分」』https://mainichi.jp/articles/20180208/k00/00m/040/082000c 
 (翌朝)『しかし、午前9時過ぎ、開票所を片付けていた職員が蓋(ふた)の閉まった投票箱の中から投票用紙を発見。』。
 何故、閉まった投票箱の存在に気付かなかったのか?誰か箱ごと隠していたのか?
 票の焼却は後処理の問題であるが、この投票箱の状態こそ最大の問題である。
 

>そもそもこの投票箱だけ開かなかったことに、意図はなかったと言い切れるのか。
 
 可能性として、
1.慌ただしい開票作業中に、箱の存在を気づかなかった、見落とした。
2.開票作業中、実は、箱は無かった(後から持ち込まれた)。
3.一度、箱を開けたが、空扱いにして誰かが封印した
4.意図的に無視
etc

>そんなごまかしが各地で起こるなら、日本の選挙事務が劣化しているのではないかと心配になる。

 不信感を煽りたいのだろう。

 開票作業は、選挙管理委員会の面子だけではなく、バイトもいる。
 更に、公職選挙法の規定による開票立会人(主に候補者の陣営の代理人)もいる。
 実態は、多数の目の中である。その中で、意図的な誤魔化しは現実的には難しい。


 開票には、数え直しもある。
 最近では、市川市長選、東京・葛飾区議選、奈良市長選などの例がある。
 
 候補者の名前を投票⽤紙に書く行為は、2018/2/9付⽇本経済新聞 ⼣刊『投票⽤紙お国事情映す』を参考にするとガラパゴスルール。記号式にすれば、「投票⽤紙の名前の順番が投票⾏動に影響する」話もあり、一概に記号式がよいとは言えない。フランスやスウェーデンでは、『投票所の⼊り⼝には、政党や候補者の名前が印刷された投票⽤紙が⼭積みにされる。有権者はその中から⾃分が投票したい候補の紙を1枚選び、封筒に⼊れて投票箱に投函する。』。資源の無駄の面もあるが、「投票⽤紙の名前の順番が投票⾏動に影響する」はさけられる。

 ハード、ソフトの信頼性もあるが(既に現在の手書きの票も自動読み取り機を使用)、ネット投票含め、投票行為全体を見直してもよいだろう。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●参考
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

 NHK『ストップ詐欺被害!私はだまされない』http://www.nhk.or.jp/shutoken/stop-sagi/index2.html
 折り込め詐欺のページ http://www.kokusyo.jp/oshigami/

|

« 2018年2月11日(日)付け小説朝日新聞社説『南北朝鮮対話 非核化の目標、堅持を』を読んでの感想 | トップページ | 2018年2月12日(月)付け小説朝日新聞社説『若者の自殺 SOSの出し方伝える』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66381026

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年2月11日(日)付け小説朝日新聞社説『票の焼却 選挙の重み忘れた不正』を読んでの感想。:

« 2018年2月11日(日)付け小説朝日新聞社説『南北朝鮮対話 非核化の目標、堅持を』を読んでの感想 | トップページ | 2018年2月12日(月)付け小説朝日新聞社説『若者の自殺 SOSの出し方伝える』を読んでの感想 »