« 2018年2月12日(月)付け小説朝日新聞社説『若者の自殺 SOSの出し方伝える』を読んでの感想 | トップページ | 2018年2月13日(火)付け小説朝日新聞社説『診療報酬改定 効率的な医療めざして』を読んでの感想/モルゲッソヨな朝日(アサゲッソヨ) »

2018年2月12日 (月)

2018年2月12日(月)付け小説朝日新聞社説『石牟礼さん 「近代」を問い続けて』を読んでの感想

 2018年2月12日(月)付け小説朝日新聞社説『石牟礼さん 「近代」を問い続けて』を読んでの感想。

以下感想。
>著書「苦海浄土」で水俣病患者の声をすくいあげてきた作家が告発したのは、公害や環境の破壊にとどまらない。

 過去、朝日新聞は小説の記載を事実として扱って国際問題に至った。そんな過去を直視した朝日としての痛切な反省の上での表現に思えない。


>だが、効率に走る近代の枠組みは根本において変わっていない。福島の原発事故はその現実を映し出した。

 原発事故を効率として扱うことには疑問である。
 一方、効率の悪い押し紙1/3は肯定的か。


>明治150年。

 テロから150年。戦争好きのテロリスト主導による政治が始まった年である。

 朝日社説には、残念なことに少しでも風評を避ける配慮の記載がない。
 『1997年(平成9年)に水俣湾の安全宣言がなされ、漁が再開されている』(ウィキペディア、水俣病より)

 水俣市漁業協同組合ホームページ 
https://minamata-web.jp/minamatagyokyo/MyHp/Pub/Default.aspx
 毎年、カキ小屋がオープンがオープン、昨年からは水俣道の駅(まつぼっくり横)にて。今年の開催は??

 努力も水の泡にするような、アゴラ『朝日は「イエロージャーナリズム」に堕ちたか--福島漁業再開の報道』http://agora-web.jp/archives/1569034.html も行っていた朝日新聞。
 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●参考
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

 NHK『ストップ詐欺被害!私はだまされない』http://www.nhk.or.jp/shutoken/stop-sagi/index2.html
 折り込め詐欺のページ http://www.kokusyo.jp/oshigami/

|

« 2018年2月12日(月)付け小説朝日新聞社説『若者の自殺 SOSの出し方伝える』を読んでの感想 | トップページ | 2018年2月13日(火)付け小説朝日新聞社説『診療報酬改定 効率的な医療めざして』を読んでの感想/モルゲッソヨな朝日(アサゲッソヨ) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66384704

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年2月12日(月)付け小説朝日新聞社説『石牟礼さん 「近代」を問い続けて』を読んでの感想:

« 2018年2月12日(月)付け小説朝日新聞社説『若者の自殺 SOSの出し方伝える』を読んでの感想 | トップページ | 2018年2月13日(火)付け小説朝日新聞社説『診療報酬改定 効率的な医療めざして』を読んでの感想/モルゲッソヨな朝日(アサゲッソヨ) »