« 2018年2月13日(火)付け小説朝日新聞社説『診療報酬改定 効率的な医療めざして』を読んでの感想/モルゲッソヨな朝日(アサゲッソヨ) | トップページ | 2018年2月14日(水)付け小説朝日新聞社説『森友問題 佐川氏招致は不可欠だ』を読んでの感想 »

2018年2月13日 (火)

2018年2月13日(火)付け小説朝日新聞社説『岐路のドイツ 政治空白に終止符を』を読んでの感想/朝日主張の行動を取り、朝日から批判を受ける

2018年2月13日(火)付け小説朝日新聞社説『岐路のドイツ 政治空白に終止符を』を読んでの感想。

以下感想。

>その岐路に立ちながら、総選挙から4カ月以上、新政権ができずにいるのは残念だ。

 9月の選挙からである。
 国会無し、メルケル独裁が続いたことになる。

 2017年11月22日(水)付け朝日新聞社説『ドイツ政治 党利超えて連立交渉を』より。
 『メルケル氏は決裂した交渉相手と再度話し合うだけでなく、改めて中道左派の党と協力する道も模索すべきだ。戦後初の少数与党となっても、まず政権を成立させるのも一案だろう。』

 朝日主張の行動を取ったメルケル一門。そして、批判を受ける。
 結果、その中道左派の社会⺠主党(SPD)の党と再交渉、長期間の空白を招いた。
 元々、SPDは連立を組んでいて、選挙で大敗、連立から離れる方針を取った。


>欧州と国際社会のためにも、政治空白を早く終わらせてもらいたい。
>メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟は今月、社会民主党との連立交渉にめどをつけた。来月に結果が出る社会民主党の全党員投票で、過半数が賛成すれば正式に決まる。

 2018/2/8付⽇本経済新聞 朝刊『独⼤連⽴へ最後の関⾨ 第2党党員投票 慎重論根強く』より。『⼤連⽴反対派は今年に⼊って⼤量に⼊党している。SPDの党員数は年初から2万4千⼈も増え、46万⼈を超えた。⼤連⽴反対派の呼びかけに応じた動きとみられる。』な状態だ。
 先が見えないのが現状。
 そして、SPD党首は辞任。

>だが、ここは、社会民主党らしい寛容さを政権運営に生かすときだ。

 その結果、SPDは選挙で戦後最低の得票率(20.5%)で大敗。

 2018/2/9付⽇本経済新聞 朝刊『軸なき独第2党 漂流 下野翻し⼤連⽴合意、党⾸辞任へ ちぐはぐ政策、⼈⼼
離れる』より。『「メルケル政権では与党⼊りしない」と⼤⾒えを切っていたシュルツ党⾸。過去の主張を翻し、早々に⾃らが閣僚におさまるのか。「あきれた。もう信⽤できない」。地⽅組織の幹部は⽇本経済新聞に不満をぶちまけた。』。
 ほー。 
 

>連立交渉でメルケル氏は、働き方の制度や医療保険改革などで、「弱者寄り」の政策を一部受け入れた。格差の改善に力を入れるのは理にかなった判断だろう。

 権力に取りつかれただけではないか。
 12年超えだ。

 2016/12/14付日本経済新聞 朝刊『見えぬメルケル氏の欧州』では。『メルケル氏も「権力の亡者」との批判がついてまわる』の記載もある。


>だが今は、東欧や米国などで貿易や入国管理の「壁」が増えている。

 EUというグループそのものが『壁』。
 英国の離脱問題で、その足抜けの厳しい対応を見れば分かる。

 『入国管理の「壁」』って、何処の国にも入国管理はある。
 入国管理の無い国は、もはや国ではない。自由勝手に、どんどん入り込み、逆にどんどん出ていく、そんな状態だ。


>見えない壁に立ち向かう。

 無いものもあるかのように仕立て上げる。


>差別や格差など、あらゆる分断をなくす努力が、地域を問わず求められている。

 グループ作る行為を分断と考えない朝日新聞。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●参考
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

 NHK『ストップ詐欺被害!私はだまされない』http://www.nhk.or.jp/shutoken/stop-sagi/index2.html
 折り込め詐欺のページ http://www.kokusyo.jp/oshigami/

|

« 2018年2月13日(火)付け小説朝日新聞社説『診療報酬改定 効率的な医療めざして』を読んでの感想/モルゲッソヨな朝日(アサゲッソヨ) | トップページ | 2018年2月14日(水)付け小説朝日新聞社説『森友問題 佐川氏招致は不可欠だ』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66388650

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年2月13日(火)付け小説朝日新聞社説『岐路のドイツ 政治空白に終止符を』を読んでの感想/朝日主張の行動を取り、朝日から批判を受ける:

« 2018年2月13日(火)付け小説朝日新聞社説『診療報酬改定 効率的な医療めざして』を読んでの感想/モルゲッソヨな朝日(アサゲッソヨ) | トップページ | 2018年2月14日(水)付け小説朝日新聞社説『森友問題 佐川氏招致は不可欠だ』を読んでの感想 »