« 2018年2月15日(木)付け小説朝日新聞社説『高校指導要領 木に竹を接ぐおかしさ』を読んでの感想。 | トップページ | 2018年2月16日(金)付け小説朝日新聞社説『天皇即位儀式 憲法の理念に忠実に』を読んでの感想/目を凝らすべき対象は朝日 »

2018年2月16日 (金)

2018年2月16日(金)付け小説朝日新聞社説『米艦の防護 情報公開の名に値せぬ』を読んでの感想/防衛省の発表の「警護」を『防護』にすり替える朝日

2018年2月16日(金)付け小説朝日新聞社説『米艦の防護 情報公開の名に値せぬ』を読んでの感想。

以下感想。
 そもそも、防護ではなく警護だ。意図的に言葉をすり替える理由は何なのか?朝日への不信感が募るばかりだ。


>日時も場所も記載がない。

 この2つは、重要な秘密だ。


>安倍首相はもうお忘れか。
 
 朝日新聞は、もうお忘れか?

 2017/5/2(火)付けヤフー『「米艦防護」報道への疑問 なぜ連日一面トップ? 正確には「警護」では?』
https://news.yahoo.co.jp/byline/yanaihitofumi/20170502-00070547/
 『朝日新聞が4月30日付朝刊で「海自艦、初の米艦防護へ」スクープし、ほぼ全ての報道各社が後追い
報道した。』、『だが、自衛隊法上、厳密にいうと「防護」と「警護」は区別されている。今回は、「防護」ではなく「警護」の段階ではないだろうか。』、『なぜ、メディアはわざわざ「警護」を⾶び越えて「防護」の表現を使いたがるのだろうか。』
 この段階で、警護の指摘がある。

 そして、平成30年2月5日付け防衛省『自衛隊法第95条の2の合衆国軍隊等の部隊の武器等の防護に係る警護の結果について』http://www.mod.go.jp/j/press/news/2018/02/05b.html
 『平成29年に実施した警護は以下のとおりです。』と記載がある。
 防護ではない警護だ。
  

 また、2018年1月22日付けロイター『首相、米軍機の初防護に言及』 
https://jp.reuters.com/article/idJP2018012201002091
『安倍晋三首相は22日の施政方針演説で「北朝鮮情勢が緊迫する中、自衛隊は初めて米艦艇と航空機の防護の任務に当たった」と述べた。安全保障関連法に基づく「武器等防護」として自衛隊が米艦艇の防護を実施したことは判明していたが、航空機を対象とした防護に言及したのは初めて。』。
(これ佐賀新聞と同じ、http://www.saga-s.co.jp/articles/-/172432)
 施政方針演説で言及もある。

>だが、実際に公表されたものはおよそ「情報開示」「丁寧な説明」の名に値しない。

 防衛省のHPには、弾道ミサイルの警戒を含む情報収集・警戒監視活動、我が国の平和及び安全に重要な影響を与える事態に際して行われる輸送、補給等の活動、我が国を防衛するために必要な能力を向上させるための共同訓練の記載がある。
  
>一方で、米航空機への防護については首相が先月の施政方針演説でみずから明らかにし、「日米同盟は間違いなく、かつてないほど強固なものとなった」とアピールした。

 昨年5月の報道では、『メディアは、今回の⽶艦”防護”について「弾道ミサイルの発射を繰り返し、核実験に向けた準備を進める北朝鮮に対し、⽇⽶の強い連携を⽰して牽制する狙いがあるとみられる」(朝⽇新聞5⽉1⽇)』(上記ヤフー記事より)。
 当時、政府公式発表なしだが、このようにアピールしていたのは朝日新聞など。

 今回、公式発表したので、アピールになったと言える。

 ヤフー記事によれば、新設された⾃衛隊法95条が作られる前に、警護なら実施例があったようだ。


>政権による恣意(しい)的な情報操作と言われても仕方あるまい。

 恣意的な情報操作は朝日新聞。
 法律上の『防護』と「警護」は異なるにも関わらず、『防護』と表現している。


>ならばなぜ、正直にそう書かなかったのか。

 おまいうの朝日。
 「警護」を何故『防護』と表現しているのか?何故、正直に書かないのか。


>適切な情報公開もなされず、NSCへの報告も形骸化している。

 適切とは、朝日基準。
 法的な問題はない。


>国会の関与を強める必要がある。9条改憲論の前に、安保法を正す議論こそ欠かせない。
 
 その前に、憲法学者の多数派が自衛隊は違憲と判断している。
 憲法改正が今日にでも必要である。

 朝日として、中国、ロシア、北朝鮮への力強い忖度をアピール。そんなところか。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●参考
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

 NHK『ストップ詐欺被害!私はだまされない』http://www.nhk.or.jp/shutoken/stop-sagi/index2.html
 折り込め詐欺のページ http://www.kokusyo.jp/oshigami/

|

« 2018年2月15日(木)付け小説朝日新聞社説『高校指導要領 木に竹を接ぐおかしさ』を読んでの感想。 | トップページ | 2018年2月16日(金)付け小説朝日新聞社説『天皇即位儀式 憲法の理念に忠実に』を読んでの感想/目を凝らすべき対象は朝日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66398767

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年2月16日(金)付け小説朝日新聞社説『米艦の防護 情報公開の名に値せぬ』を読んでの感想/防衛省の発表の「警護」を『防護』にすり替える朝日:

« 2018年2月15日(木)付け小説朝日新聞社説『高校指導要領 木に竹を接ぐおかしさ』を読んでの感想。 | トップページ | 2018年2月16日(金)付け小説朝日新聞社説『天皇即位儀式 憲法の理念に忠実に』を読んでの感想/目を凝らすべき対象は朝日 »