« 2018年2月20日(火)付け小説朝日新聞社説『技能実習制度 人権への目配り怠れぬ』を読んでの感想/現在の朝日新聞販売所は問題ないのか? | トップページ | 2018年2月21日(水)付け小説朝日新聞社説『強制不妊手術 救済に向け調査を急げ』を読んでの感想 »

2018年2月21日 (水)

2018年2月21日(水)付け小説朝日新聞社説『裁量労働制 政府の説明は通らない』を読んでの感想

2018年2月21日(水)付け小説朝日新聞社説『裁量労働制 政府の説明は通らない』を読んでの感想。

以下感想。
>安倍首相の国会答弁とその撤回を巡って論戦が続く裁量労働制の適用拡大について、政府の姿勢をまとめれば、こうなる。

 一部だけを取り上げて騒いでる点を隠している。
  
 内閣府資料『第20回雇用ワーキング・グループ 資料3_6』
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kaigi/meeting/2013/wg2/koyo/140227/item3_6.pdf
などでは、『満足度』を取り上げている。

 独立行政法人労働政策研究・研修機構『裁量労働制等の労働時間制度に関する調査結果 労働者調査結果』
 http://www.jil.go.jp/press/documents/20140630_125.pdf
こちらも『適用の満足度は高い』の調査結果がある。但し、有効回収率は低い。


>こんな説明は通らない。野党が求める通り、政策論議の基礎となるしっかりしたデータをそろえてから議論するのが筋だ。 

 個々のデータは取り下げていない。双方を同列に並べる点が問題であったのであって、一からやり直せは暴論である。
 年中、恣意的な解釈を行う野合系野党。彼らの言うしっかりしたデータがあっても結論は変わらないだろう。


>しかし、裁量労働の人と一般労働者では質問内容が異なり、両者は比較できないものだった。

 個々のデータは取り下げていない。双方を同列に並べる点は問題の意味。
『撤回した⾃⾝の国会答弁については「精査が必要なデータに基づいて答弁したことは撤回するが、データを撤回した
わけではない」と説明した。「私はすべてを詳細に把握しているわけではない」として、厚労省の答弁資料を参考にし
たとも語った。』(2018.2.20付け産経『【衆院予算委】安倍晋三⾸相が謝罪 裁量労働調査不備 「私が指⽰したことはない」』)。


>あくまでミスだったという。だが、こんな重要な資料を大臣に報告もせず職員が勝手に作るとは、にわかに信じがたい。誰の指示で、どんな意図で作られたのか。徹底的に解明することが不可欠だ。

 また、始まりました。朝日十八番の怪しいと思わせる手法。
 
 2018.01.13付けアノニマスポスト『朝日新聞「我々は森友加計問題について、安倍首相が関与したとは報じてない!」←えええ!!??w~ネットの反応「これ朝日新聞を信じてたサヨクの方々も『えっ?』ってなるだろww」「つまり、乗せられた野党が悪いと書いたらどうだ」』http://anonymous-post.com/archives/18086
 小川榮太郎氏に届いた朝日からの訴状に『原告は上記両問題(森友・加計問題)について安倍晋三首相が関与したとは報じていない。』と記されていたそうだ。
 朝日のやり口は、万事この調子。


>疑問に答える先頭に立つべきは、行政の責任者である首相だ。

 何でも構わずアベがーか。
 先ずは、厚労相であろう。にも関わらず、都合により、安倍一強とほざく。


>ところが首相は「厚労省から上がってきた答弁(案)にデータがあったから、紹介した」「すべて私が詳細を把握しているわけではない」と、ひとごとのようだ。

 つまり、厚労省データを信用するなってことか。
 厚労相解体審議でもスタートした方がよさそうだ。
 真にデータを検証するには、一から全てをやり直すに等しい労力が必要だ。科学の世界では再検証を行っているが、それは、それはリソースがあるからだ。。しかし、首相のスタッフ、あるいは内閣のスタッフで再検証することは不可能だ。

 朝日新聞が誤報した『安倍晋三記念小学校』問題は、籠池氏の証言だけに頼り、籠池氏から文書のコピーを得て確認すらしなかった疑いが濃い(BLOGOS『それでも謝らない朝日新聞』http://blogos.com/article/276001/ を参考)。


>2週間近くも問題が放置されたことになる。

 おまいうの朝日。
 2018-02-19付けKJCLUB『朝日新聞前社長が初告白「慰安婦捏造報道」の内幕』
http://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_9/view/id/2563978 より。
『社内では平成9年に一度、慰安婦報道を検証したのですが、いわゆる「吉田清治証言」の信ぴょう性には各方面から疑問が相次いでいたにもかかわらず、訂正や取り消しはせず、中途半端な対応にとどまった印象でした。』
 自社で認識したのが、平成9年は1997年。2014年8月まで放置。約17年だ。


>こんな状況で、法案を国会で審議するわけにはいかない。

 こんな状況で、新聞を発行するわけにはいかないの間違えではないのか?

 2/20(火) 付けヤフー 『(朝鮮日報日本語版) 「つめの先ほどの真実もない」 韓国大統領府が「南北秘密接触」朝日報道を否定』
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000708-chosun-kr
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/20/2018022000708.html
『「韓国政府関係者が昨年末、少なくとも2回平壌を訪問し、北朝鮮の平昌冬季五輪参加問題を話し合った」という18日の朝日新聞の報道について「つめの先ほどの真実もない。一つ一つ反論するのがみじなほどだ」と述べた。』
 『一つ一つ反論するのがみじなほどだ』。
 朝日新聞の報道問題に、的を得た主張だ。

 更に、アノニマスポスト『朝日新聞「散歩する安倍総理に市民が『憲法改正しないで』と声をかけるも安倍総理は無視」⇒産経「安倍首相も秘書官もSPも誰も聞いていない」ことが判明w~ネットの反応「また朝日の自作自演か?wwwww」』http://anonymous-post.com/archives/19784
『これ、関係者に取材したところ、安倍首相も秘書官もSPも、誰も聞いていないというのですよね。』

 1年くらい休刊して、社内で丁寧な議論をした方がよいだろう。
 
※午後追記
 2016/11/1付けBuzzFeed『朝日新聞社、上司が部下の「労働時間」を短く改ざん 基準内に収めるため』https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/asahi-19940?utm_term=.ylza9xQee#.tblnR73AA
のような企業もある。
 こんな企業では、データすら取れない。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●参考
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

 NHK『ストップ詐欺被害!私はだまされない』http://www.nhk.or.jp/shutoken/stop-sagi/index2.html
 折り込め詐欺のページ http://www.kokusyo.jp/oshigami/

|

« 2018年2月20日(火)付け小説朝日新聞社説『技能実習制度 人権への目配り怠れぬ』を読んでの感想/現在の朝日新聞販売所は問題ないのか? | トップページ | 2018年2月21日(水)付け小説朝日新聞社説『強制不妊手術 救済に向け調査を急げ』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66417073

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年2月21日(水)付け小説朝日新聞社説『裁量労働制 政府の説明は通らない』を読んでの感想:

« 2018年2月20日(火)付け小説朝日新聞社説『技能実習制度 人権への目配り怠れぬ』を読んでの感想/現在の朝日新聞販売所は問題ないのか? | トップページ | 2018年2月21日(水)付け小説朝日新聞社説『強制不妊手術 救済に向け調査を急げ』を読んでの感想 »