« 2018年2月3日(土)付け小説朝日新聞社説『「安保法」訴訟 あぜんとする国の主張』を読んでの感想/この自衛官は事務職を隠して主張する朝日 | トップページ | 2018年2月4日(日)付け小説朝日新聞社説『米国の核戦略 歴史に逆行する愚行』を読んでの感想 »

2018年2月 3日 (土)

2018年2月3日(土)付け小説朝日新聞社説『札幌の火災 困窮者に「住」の保障を』を読んでの感想

 2018年2月3日(土)付け小説朝日新聞社説『札幌の火災 困窮者に「住」の保障を』を読んでの感想。

以下感想。
>運営団体は北海道の福祉関係者には知られた存在という。

 運営団体とは、合同会社である。
 ご都合主義者の朝日としては、都合が悪いのだろう。
 合同会社は、大手では西友なども該当する。
 
 株式会社は利益配分や意思決定は、出資比率で決まる。
 一方、合同会社は、出資比率に関わらず自由に利益配分を定めることができる。創業者優遇とか、声が大きい人優遇、その他、恣意的な優遇も可能になってしまう。


>築50年ほどの木造の元旅館で、消防法で義務づけられた消火器や自動火災報知設備は備え、スプリンクラーの設置義務はなかった。

 体が不⾃由な⽣活保護受給者や老人が住んでいた。
 実質⽼⼈ホームであるが、共同住宅扱いに逃げることで、スプリンクラーの設置、避難訓練の義務を逃れていたのではないのか?と思えてしまう。

 2018/2/2付⽇本経済新聞 朝刊『建物内から出⽕か 48〜85歳男⼥安否確認急ぐ 札幌の⽕災 市、無届け⽼⼈ホームか調査へ』より。『札幌市は1⽇、⾼齢者に⾷事を提供していたことから、無届けの有料⽼⼈ホームに当たる可能性があるとして調査する⽅針を明らかにした。』。
 こんな状態の場であった。
 当然のように、朝日はこの件を隠して主張。
 国から、金を絞り取る方向の煽りには努力を惜しまない姿勢か。


>一方、生活困窮者の支援団体は資金繰りが苦しく、寄付頼みの所も少なくない。規制強化で利用料が上がったり、団体が活動できなくなったりすれば、困窮者が行き場を失いかねない。

 しかし、それをいいことに、安全対策に金を回さず、会社側の利益配分重視の状態になるようでは問題だ。厳しい吟味が欲しい。
 
 2018/2/1付⽇本経済新聞 ⼣刊『⾃⽴⽀援施設で⽕災、11⼈死亡』によれば、昼間は職員が常駐している。夜間は不在だ。
 共同住宅なら職員は常時不要。しかし、昼間常駐とは問題を認識していたってことであろう。にも関わらず、何故か夜間は不在。


>当面の公的支援策として一つの案だろう。

 その前に、管理者の安全に関する教育が必要であろう。
 同時に、社会福祉関連は、貯め込むのが得意そうなので、内部留保(保留)の調査だ。
 2014年12月18日付け朝日『介護報酬―「引き下げ」でいいのか』より。
『社会福祉法人が運営する特別養護老人ホームには、1施設平均3億円の内部留保がある(財務省資料)。』。
 何と3億円だ。他に、http://diamond.jp/articles/-/60918など。
 そしてその原資は税金だ。


>社会全体で住まいをどう保障するか。現実と向き合い、具体策を急がねばならない。

 内部留保(保留)と言う現実と向き合う必要がある。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●参考
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

 NHK『ストップ詐欺被害!私はだまされない』http://www.nhk.or.jp/shutoken/stop-sagi/index2.html
 折り込め詐欺のページ http://www.kokusyo.jp/oshigami/

|

« 2018年2月3日(土)付け小説朝日新聞社説『「安保法」訴訟 あぜんとする国の主張』を読んでの感想/この自衛官は事務職を隠して主張する朝日 | トップページ | 2018年2月4日(日)付け小説朝日新聞社説『米国の核戦略 歴史に逆行する愚行』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66351893

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年2月3日(土)付け小説朝日新聞社説『札幌の火災 困窮者に「住」の保障を』を読んでの感想:

« 2018年2月3日(土)付け小説朝日新聞社説『「安保法」訴訟 あぜんとする国の主張』を読んでの感想/この自衛官は事務職を隠して主張する朝日 | トップページ | 2018年2月4日(日)付け小説朝日新聞社説『米国の核戦略 歴史に逆行する愚行』を読んでの感想 »