« 2018年3月14日(水)付け小説朝日新聞社説『福島第一廃炉 責務の重さを忘れるな』を読んでの感想 | トップページ | 2018年3月15日(木)付け小説朝日新聞社説『「森友」問題 与党は責任を自覚せよ』を読んでの感想。 »

2018年3月14日 (水)

2018年3月14日(水)付け小説朝日新聞社説『大崎事件再審 証拠の弱さは明らかだ』を読んでの感想

2018年3月14日(水)付け小説朝日新聞社説『大崎事件再審 証拠の弱さは明らかだ』を読んでの感想。

以下感想
>疑わしきは被告人の利益に。この言い古された、しかし、多くの過ちを経て、先人がたどりついた知恵に基づいて、検察は行動すべきだ。

 このふざけた主張と思わざるを得ない。
 何故なら、森友問題では、疑いを抱かせるような表現を繰り返してた。社説だけ見ても、
 2018年3月10日朝日社説『佐川長官辞任 政権全体が問われる』では、『首相や昭恵氏の存在が、特例的な扱いの背景になかったか。「1強」といわれる首相への、いわゆる忖度(そんたく)はなかったか。』
 2017年2月22日朝日社説『豊中の小学校 不可解な点が多すぎる』より。『気になるのは、この小学校の名誉校長に、安倍首相の妻の昭恵氏がついていることだ。』
 2017年3月7日朝日社説『安倍昭恵氏 公的立場の説明責任を』より。『昭恵氏と森友学園や理事長との関係はどのようなものだったのか、疑念を呼んでいる。』
 2017年3月24日朝日社説『籠池氏の喚問 昭恵氏の招致が必要だ』より。『解明のため昭恵氏を国会に招致する必要がある。』と籠池氏の証言だけで断言。
 その他、疑いを持たせる主張多数。

 昭恵氏は被告人ではないが、同氏に対しては少なくとも『疑わしきは被告人の利益に』つながるような主張に感じられない。
 「陥れる」が主目的に思える。


>39年前、鹿児島県大崎町で男性の遺体が堆肥(たいひ)置き場の土中から見つかった事件で、
>男性の死因は自転車事故などで起きる出血性ショック死の可能性が高いとする鑑定結果を、「合理的な推論で十分に信用できる」と判断。「タオルで力いっぱい首を絞めて殺害した」と認定した確定判決は、見直されるべきだと指摘した。

 堆肥置き場へ転落ないし、突っ込んだなら、首に絞めた痕はない筈。
 『「タオルで力いっぱい首を絞めて殺害した」と認定した』なら、首に絞めた痕があったと取れるが、その点が不明である。2018/3/12付⽇本経済新聞 ⼣刊『⼤崎事件 ⾼裁も再審を決定』でもこの点が不明。


>事故死だとすればなぜ遺体が堆肥置き場から見つかったのかなど、不可解な点は残る。だがその責めを負うのは捜査当局であり、元被告の女性ではない。

 もし、被告が関わっていたなら別だが??
 

>社説でくり返し主張してきたように、現場の運用・裁量に委ねるのではなく、法律を整備して再審におけるルールづくりを急がなければならない。

 その一方で、繰り返し、冤罪を与えかねない主張を行っていながら、それを何処かへやってこのような主張には疑問である。
 自ら行う司法を通さない私刑は、気にならないようだ。

 次のような証言もある。
『メディアに包囲された経験のある人が、「病気とかなら家族が支えてくれるけど、その家族のところにマスコミが押し寄せ、自宅からの出入りもできなくなり、先に参ってしまう。いつ自分が自殺するかと、こわくなった」と言っていたね。』https://twitter.com/tamai1961/status/972010274440937475
 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

|

« 2018年3月14日(水)付け小説朝日新聞社説『福島第一廃炉 責務の重さを忘れるな』を読んでの感想 | トップページ | 2018年3月15日(木)付け小説朝日新聞社説『「森友」問題 与党は責任を自覚せよ』を読んでの感想。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66495330

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年3月14日(水)付け小説朝日新聞社説『大崎事件再審 証拠の弱さは明らかだ』を読んでの感想:

« 2018年3月14日(水)付け小説朝日新聞社説『福島第一廃炉 責務の重さを忘れるな』を読んでの感想 | トップページ | 2018年3月15日(木)付け小説朝日新聞社説『「森友」問題 与党は責任を自覚せよ』を読んでの感想。 »