« 2018年3月16日(金)付け小説朝日新聞社説『憲法70年 まず政治と行政を正せ』を読んでの感想/何らかの因縁をつけて改憲反対は不変のようだ | トップページ | 2018年3月17日(土)付け小説朝日新聞社説『前川氏の講演 調査は明らかな介入だ』を読んでの感想 »

2018年3月16日 (金)

2018年3月16日(金)付け小説朝日新聞社説『大飯原発稼働 課題が山積のままだ』を読んでの感想/東電の電力不足に伴うネガワットを隠しての主張には疑問だ

 2018年3月16日(金)付け小説朝日新聞社説『大飯原発稼働 課題が山積のままだ』を読んでの感想。

以下感想
 もう一つの社説もそうだったが、社説に動画広告を掲載する朝日。
 基本、いい加減な主張なのだろう。


>多くの課題が置き去りのままで、容認できない。

 『多くの課題が置き去りのまま』か。
 朝日新聞の度重なる誤報も容認できないと考える人は少なくないようだが。
 

>もし二つの原発が過酷事故を起こしたら住民はどう避難するのか。

 2カ所の原発が当時に過酷事故を起こすとは、どのような条件なのか?具体的な記載がない。
 これでは、妄想に思える。


>放射能が大量に漏れれば、風速や風向きによっては深刻な被害が遠方にも及ぶ。それは福島事故の教訓だった。

 そうならないように、規制委が新規制基準に係る適合性の審査を行い、かつ、常により高いレベルのものを目指し活動している。


>だが、30キロ圏の自治体の了解を得るよう努めるのが筋ではないか。

 了解を得たら、恐らくはゴールポストを移動する主張をするであろう。
 かつては、規制委重視と取れる主張もあった朝日社説。
 2013年7月26日付け朝日社説『原発の規制―安全側に立つ科学で』より。『肝心なのは、「疑わしきはクロ」の基本姿勢だ。』、『それでも事業者は、自らの主張を裏付ける専門家の存在をたてに、規制委判断に異議を唱える。とにかく再稼働と言わんばかりの、安全側に立たない姿勢が何をもたらすか。』。
 規制委は、科学的であり、非科学的なことには反対だったようだが.....。
 
>そんな目先の計算ではなく、放射性廃棄物の処理費用なども勘案し、再稼働の要否を慎重に吟味する姿勢こそ、企業が本来果たすべき社会的責任である。

 『そんな目先の計算ではなく』の証明がない朝日社説。
 これでは、想像による主張と思われても仕方なし。


>節電の定着で、原発がなくても深刻な電力不足が心配される状況にはない。

 この主張には、疑問だ。
 今年、東電管内では逼迫していた。
 
 2018/3/14付⽇本経済新聞 朝刊『節電要請「縮む時代」象徴 東電「ネガワット」で逼迫乗り切る 逆転の発想で設備投資絞る』より。
 記録的な寒波による電⼒需給の逼迫。
 『東電は結局、2⽉22⽇まで5⽇連続を含めて合計13回、ネガワットを発動した。顧客に負担を強いるため、連続発動は欧州でも「せいぜい3⽇」(エナジープールジャパン)とされ、東電の緊迫ぶりが浮かび上がる。』の状態であった。
 理由は、予備の老朽機・⽯油⽕⼒2基が使えなかったから。⽯油⽕⼒はコスト高、当然、普段は使わない。メンテが悪かったと言えばそれまでだが、連続運転が可能が原発があれば違う運営ができたでろう。


>国や電力会社は立ち止まって再考すべきだ。

 現実に電力不足に伴うネガワットの事態が発生した。 
 それを隠して、原発反対アリキのこのような主張には疑問である。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

|

« 2018年3月16日(金)付け小説朝日新聞社説『憲法70年 まず政治と行政を正せ』を読んでの感想/何らかの因縁をつけて改憲反対は不変のようだ | トップページ | 2018年3月17日(土)付け小説朝日新聞社説『前川氏の講演 調査は明らかな介入だ』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66502399

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年3月16日(金)付け小説朝日新聞社説『大飯原発稼働 課題が山積のままだ』を読んでの感想/東電の電力不足に伴うネガワットを隠しての主張には疑問だ:

« 2018年3月16日(金)付け小説朝日新聞社説『憲法70年 まず政治と行政を正せ』を読んでの感想/何らかの因縁をつけて改憲反対は不変のようだ | トップページ | 2018年3月17日(土)付け小説朝日新聞社説『前川氏の講演 調査は明らかな介入だ』を読んでの感想 »