« 2018年3月2日(金)付け小説朝日新聞社説『働き方改革 「高プロ」制度も削除を』を読んでの感想 | トップページ | 2018年3月3日(土)付け小説朝日新聞社説『森友と財務省 事実を調査し、公表を』を読んでの感想 »

2018年3月 2日 (金)

2018年3月2日(金)付け小説朝日新聞社説『「のぞみ」亀裂 安全確保を最優先に』を読んでの感想

 2018年3月2日(金)付け小説朝日新聞社説『「のぞみ」亀裂 安全確保を最優先に』を読んでの感想。

以下感想。
>安全の根幹にかかわる製造ミスだ。点検体制見直しや他の車両の安全確保が必要である。

 朝日新聞の指摘では笑える。

 印象操作アリキで、人の発言まで平気で変えてしまう朝日。
アノニマスポスト『麻生大臣「橋本聖子先生と話させてもらった。資金を集中させる、コーチにカネをかける。コーチの大事さっていうのを理解しないと」 → 朝日の記事タイトル「麻生財務相、コーチにカネかけた結果」~ネットの反応「みなさんこれが偏向報道のお手本ですね、簡単でしょ?」』http://anonymous-post.com/archives/20330
 
 報道の根幹にかかわるすり替えだ。点検体制見直しや他の記事の精査が必要である。


>新幹線部品の製造現場なのに、現場判断で設計以下に削ったことは驚きだ。

 個々の部品には、設計仕様があってそれに基づいて管理する。新幹線の部品であるかは関係ない(担当者が意識するとは別の話)。


>川重によると、作業指導票には「外枠を削ってはいけない」とあるという。その不徹底の責任は管理部門にもあろう。

 川崎重工のHPに『N700 系新幹線車両台車枠の件』 
https://www.khi.co.jp/news/C3180228-1.pdf
として報告が掲載されている。
 『「外枠を削ってはいけない」』とは書いていない。
 『調整には側バリを削ってはいけないこと』、『0.5mmを超えて側バリを削ってはいけないと言及しませんでした。』。調整で削ってはいけないが、それ以外の目的で削ることはOKとも取れる。
 側バリとは、台車の構成部品の一つで強度増しを与えるもの。バリと言っても鋳造やプレスで発生するものではない。写真、3D図があるので分かりやすい。
 削った目的は平面度の確保。
 朝日としては、側バリを外枠と表現しているのかも知れない。

 側バリの製造メーカーは、川重ではなく外注品。今後、納品検査が厳しくなるだろう。


>「ものづくり日本」の信頼に関わるミスがまた明らかになったのは残念だ。

 報道の信頼は、日々下がっているが、その加速度を高めている原因は朝日新聞にあると思える。


>不安が拭えないのは、厚さに不備のある川重製の台車はJR西、東海に計147台納入、一部運行を続けていることだ。
>JR西は超音波を用いた検査で亀裂の兆候がないと確かめられたとしている。だが、のぞみ34号の場合、最初の亀裂がいつ、なぜ生じたのか未解明のままである。

 この文面では、運行停止を求めているように取れる。
 川崎重工の報告では、推定原因が上げられている。その点を隠していることには疑問だ。
 
 台車は2007年2月に製造。
 よって、基本設計は、それ以前。
 当時と現在ではシミュレーション技術のレベルが異なる。川重ないしJRでは、側バリを薄くしたシミュレーションも進められているだろう。

 報告には、『当社製のN700系台車枠の超音波探傷の結果、微細なきずの疑いのあるものがJR西日本様で22台、JR東海様で7台、合計で29台ありました。そのうち10台を割断して、詳細を調査したところ、全10台にきずの存在が確認されましたが、母材にまで達するような割れはありませんでした。』と記載がある。
 このような調査結果は、朝日社説に記載なし。
 これでは、単に不安を煽りたいだけと思われても仕方あるまい。


>両社は厚さに不備のあった台車の交換を進めている。それは当然だが、異変の兆候があれば躊躇(ちゅうちょ)なく止めるべきだ。

 誤報、捏造の場合、新聞の交換、発行の停止も同様な対応をして欲しいものだ。


 それにしても、一部メディアは、企業の社長に謝罪をさせることに喜び、楽しみを感じているように思える。心が病んでいるのだろう。転職した方がよい。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●参考
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

 NHK『ストップ詐欺被害!私はだまされない』http://www.nhk.or.jp/shutoken/stop-sagi/index2.html
 折り込め詐欺のページ http://www.kokusyo.jp/oshigami/

|

« 2018年3月2日(金)付け小説朝日新聞社説『働き方改革 「高プロ」制度も削除を』を読んでの感想 | トップページ | 2018年3月3日(土)付け小説朝日新聞社説『森友と財務省 事実を調査し、公表を』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66451032

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年3月2日(金)付け小説朝日新聞社説『「のぞみ」亀裂 安全確保を最優先に』を読んでの感想:

« 2018年3月2日(金)付け小説朝日新聞社説『働き方改革 「高プロ」制度も削除を』を読んでの感想 | トップページ | 2018年3月3日(土)付け小説朝日新聞社説『森友と財務省 事実を調査し、公表を』を読んでの感想 »