« 2018年3月19日(月)付け小説朝日新聞社説『米の鉄鋼関税 日欧は結束し翻意迫れ』を読んでの感想 | トップページ | 2018年3月20日(火)付け小説朝日新聞社説『プーチン氏4選 深まる独裁色への懸念』を読んでの感想。 »

2018年3月20日 (火)

 2018年3月20日(火)付け小説朝日新聞社説『「森友」審議 首相の説明では足りぬ』を読んでの感想/朝日には「忖度防止に、知恵を絞れ」の社説が求められる

 2018年3月20日(火)付け小説朝日新聞社説『「森友」審議 首相の説明では足りぬ』を読んでの感想。

以下感想
 誰が発言しようが、初めから倒閣目的アリキの結論アリキなのだろう。

>首相は「書き換え前の文書を見て、私や妻が払い下げや学校の認可に関与した事実はなく、関わったことにならないのは明らかだ」と繰り返したが、理解に苦しむ。本紙の直近の世論調査では、こうした首相の説明に「納得できない」と72%が答えたが、首相は言いぶりを変えなかった。

 直近の調査とは、2018年3月19日付けの『世論調査―質問と回答〈3月17、18日実施〉』のことか?お決まりの支持について複数の質問の後、改ざんはどの程度問題か?、麻生氏の個人の責任、麻生氏の発言、昭恵氏が国会で説明するいh津用があるか、安倍首相の責任、そして、上記の質問だ。
 散々、誘導した挙句の結果とも思える。
 書き換えがあった部分には、複数の政治家も含まれていたが、その点を明らかにして上での質問ならまた違った結果であったであろう。

 この朝日の世論調査には、次の記載がある。『固定は、有権者がいる世帯と判明した番号は1882件、有効回答905人。回答率48%。携帯は、有権者につながった番号は1988件、有効回答1010人。回答51%。』。
 『有権者がいる世帯』?回答は高校生低学年等では何故ダメなのか?どうやって有権者と確認したのか?
 更に、何件で電話をかけたのか?留守電が普及、知らない人からの着信は受けないが常識だが。
 そして、概ね2人に1人は、理由はともあれ朝日にノーの回答だった。これは、何らかの朝日フィルターが入っているってことだ。

 
>問題の核心の一つは、格安の国有地売却の背景に何があったのかだが、首相から聞きうることには限界があるようだ。ならば当事者を国会に呼び、話を聴くしかない。

 この問題、1年以上国会で議論されている。
 
 与党含め野党は、捜査のプロではない。
 事実とは異なる方向に進みかねない。
 そして、籠池氏が、未だ公判前整理手続中だ。
(https://ameblo.jp/egidaisuke/entry-12330908719.html
にNHK報道に対する弁護士さん見解がある。何故、保釈されないのか?この点がよく分かる。要は、保釈されないのは同氏自身の問題)
 よって、同氏への影響も想像される。

 司法が動いている現在、司法に任せ、公文書の書き換えを行えないような仕組みに特化すべきであろう。
 朝日や野党などが、このような提案をしないのは単に倒閣アリキ、国会の停滞アリキを目的としているからと思えてならない。

 また、政治の関与は、個別の案件。
 一方、書き換えは、公務員全体に関わる隠匿の問題で、民主主義ガーである。
 どちらが大きな問題なのか?後者であることは明白である。
 

>昭恵氏はもちろん、学園との連絡を担った首相夫人付の政府職員、売却交渉時に理財局長だった迫田英典氏らの証言は欠かせない。

 事実がつかめない国会で、公開リンチを楽しみたいってことか。
 

>この件では太田局長が先週の予算委で「政府全体の答弁は気にしていた」と述べ、首相答弁の影響を否定しなかった。

 気にするのは当然。
 整合性が問われ、局長自身の責任問題になりかねない。


>改ざん当時の理財局長だった佐川宣寿(のぶひさ)氏だけでなく、他の財務省幹部や近畿財務局職員らからも事情を聴く必要がある。
 
 ようやく、他の財務省職員の話を出した。
 しかし、国会の場で統制を取ってまとめる人(運営ではなく、裁判官のような立場の意味)はいない。また、議決で決められるものでもない。
 あるのは、面白おかしく都合よく編集して、メディアが楽しむ材料だけ。
 まして、『開成小学校』を籠池氏の証言だけで『安倍晋三記念小学校』である確定して、CGまで作ったテレビ局もある(http://netgeek.biz/archives/107474)

 無責任な報道に対する訂正は十分に行ったのか?訂正は、十分に浸透したのか?その世論調査はない。
 発信元であった朝日新聞は、記事に責任を感じていないらしく謝罪をしていない。
 
 印象操作に明け暮れるメディアが存在する状態では、真相究明は無理だ。例え、国会で事実が分かっても報道しない。しても、国民に浸透するだけ報道しない可能性が高い。

 よって、司法に任せるべきだ。


>ならば立法府による調査に誠実に、全面的に協力する責任が首相にはある。

 なればこそ、印象操作を楽しむメディア、野党など無視して、司法に委ねるべきだ。


 そう言えば、今日の社説には『忖度』の言葉がない。
 少なくとも、前回の森友関連社説2018年3月15日付け朝日社説『「森友」問題 与党は責任を自覚せよ』には、『政治家の関与や、官僚の忖度(そんたく)はなかったのか。』と記載があった。
 忖度が悪いことに取れる主張である。

 2018年3月16日付けロイター『アングル:森友問題、責任所在を曖昧にする日本の「ソンタク」』https://jp.reuters.com/article/moritomo-sontaku-idJPKCN1GS0EH
『「ソンタク」は日本だけか
安倍政権が、幹部人事の決定権を手中に収め、霞が関の官僚機構をより強力に掌握しているため、官僚が「ソンタク」する動機となったのかもしれない。ただ、どこであっても職員は上司の意向を汲もうとするものだ。「上司の顔色をうかがうことは、どこにでもあることだ。だが日本では、それがより高尚な芸術形式にまで進化した」と前出のキングストン教授は語った。』
 『より高尚な芸術形式にまで進化』とは、皮肉であろう。

 『忖度』が悪いかのように扱った朝日新聞には、忖度をゼロにする具体的な防止策を公開して欲しいものだ。
 責任あるメディアなら当然のことであろう。
 それが無理なら、「忖度防止法を求める」社説、あるいは「忖度防止に、知恵を絞れ、知恵を出し合え」の社説を出して欲しいものだ。

PS
 2018年3月14日(水)付け朝日新聞社説『大崎事件再審 証拠の弱さは明らかだ』では、『疑わしきは被告人の利益に』と記していた。
 国会での参考人招致。参考人招致される側は被告人ではない。しかし、国会でさらし者では、それだけで不利益であることは明らか。しかし、その点は都合が悪いので目を閉じる朝日。
 陰湿な公開リンチを楽しみたいのだろう。

 朝日新聞の中国語圏向けの報道へのリンク 
 https://twitter.com/yunhanwang1/status/974581035655561216
 忖度か?

PS2
 決裁文書の漏洩問題。国家公務員法に抵触しかねない事柄だ。
 何故か、この点が余り報道されていない。与野党は追及していないのか?
 更に、森友問題を1年やっても国会には十分な調査能力がないことが明白になった。分かったことは、野合系野党のサボり癖は相変わらず。
 野合系野党にサボる理由を与えない為に司法に任せるべき。 

 籠池氏の喚問、https://twitter.com/camomillem/status/848891226946285568
のリンクから見れる。
 『国会の証人喚問で籠池氏は、総理に学園の口利きを頼んでいないと言い、昭恵夫人にも『副読本や教育カリキュラムについてお願いした』だけだと証言』。
 これでも、昭恵氏を呼べなのか?

※午後 佐川氏の証人喚問決定。
 また、どうどう巡り。国会での話と違うとか。
 虚偽をすると、3カ月以上10年以下の懲役のようだが、それでも虚偽してもメリットのある誘惑があったのでは?と解釈もできる。
 2007年、防衛省の装備品の汚職事件で証⼈喚問になった防衛次官は 、懲役2年6カ⽉、追徴金約1250万円(求刑懲役3年6カ月、追徴金約1250万円)の実刑だったようだ。
 すぱっと司法だ。それが合理的。

※また追記
 アノニマスポストさん『太田理財局長「『予定価格』という仕組みがあるのに報道では『予定』が抜けて『価格交渉はない』になる…マスコミの報道を恐れて書き換えたのではないかと」~ネットの反応「マスコミの偏向報道が面倒臭かったのかw」』 http://anonymous-post.com/archives/21337
 これは、必読。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

|

« 2018年3月19日(月)付け小説朝日新聞社説『米の鉄鋼関税 日欧は結束し翻意迫れ』を読んでの感想 | トップページ | 2018年3月20日(火)付け小説朝日新聞社説『プーチン氏4選 深まる独裁色への懸念』を読んでの感想。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66517154

この記事へのトラックバック一覧です:  2018年3月20日(火)付け小説朝日新聞社説『「森友」審議 首相の説明では足りぬ』を読んでの感想/朝日には「忖度防止に、知恵を絞れ」の社説が求められる:

« 2018年3月19日(月)付け小説朝日新聞社説『米の鉄鋼関税 日欧は結束し翻意迫れ』を読んでの感想 | トップページ | 2018年3月20日(火)付け小説朝日新聞社説『プーチン氏4選 深まる独裁色への懸念』を読んでの感想。 »